映画「グリーンブック」

3月1日に公開されたアカデミー賞・ゴールデングローブ賞受賞作品

「グリーンブック」を観てきました。96b24b095e00294b

https://gaga.ne.jp/greenbook/

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、

黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の

2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、

実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞した作品。

1962年、N.Y.のクラブで用心棒として働くトニー・リップ

粗野で無教養だが口が達者で、642

何かと周囲から頼りにされていた。

クラブが改装のため、しばらくの間、無職になったトニー

南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニスト

ドクター・シャーリーに運転手として雇われる。641

黒人差別が色濃い南部へ、

黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、

二人の旅が始まる。

出自も性格も全く異なる2人は、644

当初は衝突を繰り返すものの、

次第に友情を築いていく。

脚本はトニーの実の息子ニック・バレロンガが手掛け

作品賞のほか脚本賞、助演男優賞を受賞した。646

作品中でシャーリーは
毎晩「カティーサーク」を一本空ける。

昔飲んだこともあり、
久々にと買ってきてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

綾部 亀甲家

伯母の法事で綾部に・・・Dsc_4031
朝の気温は1,2度・・・濃霧が発生していました。
親戚のみんなが集まって
家でのお経、墓へ行き、お寺へ行って・・・
伯母をしのんでの昼食Dsc_4028
今日はうちではなく、街中の料理屋へ
市役所のそばの「亀甲家」
庭があり、たくさんの部屋があるかなり大きなお店
60人ほどはいる部屋で食事Dsc_4030_2Dsc_4029
椅子席でホッとしました。
たたみの上に座ることが苦痛になってきました。
料理は、焼物、揚物なども加わり食べきれませんでした。
それ以上に、床の間の縄の造作物
亀と鶴に目が留まりました。
細かな造作に「和」を感じました。
この辺りはまだまだ和の人間だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オープン戦 対読売 雨の中です

シーズン前、初甲子園です。Img_3867
朝からの小雨の中、
読売ジャイアンツを相手にオープン戦です。
先発投手はオリックスから移籍の西投手。
先発捕手は坂本くんです。Img_38761
但馬の星、頑張ってくれ!

新加入の選手たちも紹介されました。
Img_39541
坂本選手は
ヒットと失策で2出塁、しかし中谷が続かなかった。
2回ともダブルプレーでした。
キャッチャーとしては読売の2盗も刺しました。Img_40431
頑張れ!坂本選手!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喫茶「コールマン」 新開地

映画の前に昼食をとDsc_3972_2
新開地にある「コールマン」へ行った。
ジャズが流れ、写真も飾られ、
ライトアップピアノが置かれている。
ビーフカレーを注文Dsc_3968_2
サラダと食後の珈琲がついて800円、安い!
テーブル席とカウンター席があり
一人の私はカウンター席へ
しばし読書に時間Dsc_3970_2
出てきたカレー、少し少ないかなと思いましたが、
お腹の出具合からすると、これぐらいでないと・・・。
まろやかなコクのあるカレーでした。
辛さが強くなく食べやすかったです。Dsc_3965_2
食後は珈琲を飲みながら、切りのいいところまで
本を読ませてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ザ・ウォーター・ウォー」

月一の映画で2010年公開の
「ザ・ウォーター・ウォー」を観てきました。Dea9ee9ee11ee5e5
2010年制作の映画で、日本では2013年に公開されています。
安い経費での映画作成のためにボリビアに行った一行は
現地で水道事業が公営から多国籍偉業へ変わることで
料金が大幅値上げになることに反対する住民に出会う。
映画のエキストラを募集したら、その住人たちが応募。
エキストラと政府に反対する住民Sub_large
二つの顔を持つ現地の人間と
撮影を優先するクルーとの人間模様を描いている。
映画の内容と現実がオーバーラップすることで
展開が変わっていく。
ハードな場面もあり、目が離せなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ヴィクトリア女王 最期の秘密」

1月25日に公開された映画87e7143a0955680f

「ヴィクトリア女王 最期の秘密」を観てきました。

http://www.victoria-abdul.jp/

ヴィクトリア女王とインド人使者の交流を描いたドラマ。

1887年、ヴィクトリア女王の在位50周年記念式典。

記念硬貨の贈呈役に選ばれたアブドゥルは、

英領インドからイギリスへとやってくる。

親愛な人が亡くなり心を閉ざしたヴィクトリア女王は、642

王室のしきたりなどにも臆することなく、

まっすぐな笑顔を向けるアブドゥルに心を開き、

身分や年齢なども超越した絆が芽生えていく。

アブドゥルをこころよく思わない周囲の人びとが644

2人を引き離そうと動き出すが、

「私は女王」と言い切り、強引に推し進めるが、

英国王室を揺るがす大騒動へと発展していく。641

新たに見つかった記録に基づいての展開で、

ドラマティックなラストはありません。

当時の英国の強さを感じる映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「天命の城」

月一の映画で「天命の城」を観ました。75a3f0379d06e6e7

http://tenmeinoshiro.com/
2017
年の韓国映画でした。

映画の紹介によると

イ・ビョンホンとキム・ユンソクが主演を務め、

坂本龍一が初めて韓国映画で音楽を担当した歴史大作。

1636年に起こった「丙子の役」を題材に、

韓国でベストセラーとなったキム・フンの同名小説を、640

「怪しい彼女」「トガニ 幼き瞳の告発」の

ファン・ドンヒョク監督が映画化。

朝鮮に侵入した清の攻撃を避け、

王と朝廷は南漢山城へと逃げ込んだ。

冬の厳しい寒さと飢えが押し寄せ、641

外へ出ることも攻撃することもできない

絶体絶命の状況下で繰り広げられた

47日間の物語が描かれる。

清に和睦交渉し、

百姓の命を守るべきという信念を持つ643

吏曹大臣チェ・ミョンギル役をイ・ビョンホン、

清と戦い、大義を守るべきと主張する

礼曹大臣キム・サンホン役をキム・ユンソクが演じるほか、

国王・仁祖役をパク・ヘイル、

山城の鍛冶屋役をコ・スがそれぞれ演じる。642

と紹介されていた。

中国と朝鮮の戦争の物語ですが、

同じような服装で区別がつかなかったことと

あまりに現実的でないものの考え方に

今とのギャップを感じた。645

王のもとにいる3名の家臣の考え方の違いに

翻弄される人間があまりにかわいそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えべっさん    西宮神社

西宮神社の残り福に行ってきました。Cimg3004
昨日は朝6時から福男選びが行われ
広島の消防士が今年の福男になりました。
今日は三日目ですから残り福
平日でもあり、4時過ぎに行ったため、Cimg3012
鳥居前の入場制限もなく
意外と参拝者も少なく、
ゆっくり参拝できました。
平日のため、5時以降に多くの人がCimg3016
残り福を求めて参拝されるようです。
昨日も本殿まで1時間かかったと聞きました。
この一年が穏やかで
健康な年であることをお願いしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成30年(2018年)のまとめ

いよいよ2018年も終わりが近づいています。
平成という元号ももう少しで変わります。
この一年、良いことも悪いことも
大きな出来事もなく、安定した年でした。
ので、10大出来事を考えましたが
なかなか出てきませんでした。
順序は関係なく、自分にとって
また、自分に関係あることで
10項目ほどあげました。

一眼レフカメラを買いました

披露宴で阪神の選手と一緒になりました

金本監督の退任

星野仙一さんの死去

38年間のまとめの小講演会をしました

たくさんの会の世話をしました

たくさんのコンサート・ライブに行きました

たくさんの展覧会にも行きました

株を買いましたが、下がりました

30回を超えました

あくまで自分のことですので・・・。

ブログをこの一年読んでいただいてありがとうございました。
よい年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢正三「LIVE2018 ~風が聴こえるⅡ~」

伊勢正三「LIVE2018 ~風が聴こえるⅡ~」に行ってきました。Dsc_3769
この年末にNHK大阪ホールでありました。
まず会場入りして、新アルバムの予約を
ポスターをいただきました。
長袖のTシャツを買いました。Dsc_3773
これはコンサートの中でお披露目がありました。
5分遅れで始まりました。
「海風」に始まり、「君と歩いた青春」まで
22曲を2時間20分で歌いあげました。Dsc_3774_2Dsc_3777_2
2月20日に発売される新アルバム
「Re-born」からの初披露もありました。
学生の頃に戻ってしまう曲もたくさんあって、
素敵な年末を過ごしました。

いつもは詳細をあげていますが、
ツアーはこれからも続きますので、Dsc_3782Dsc_3781
ネタバレになる内容は書きません。
もしお知りになりたい方は、連絡ください。
メモを取りながら聞いた詳細(危ういですが)を
お知らせいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「シーモアさんと、大人のための人生入門」

月一の映画で「シーモアさんと、大人のための人生入門」を観てきました。

http://www.uplink.co.jp/seymour/84c287817fde2c75

「イーサン・ホークが初めて手がけた
ドキュメンタリー監督作品。

アーティストとして、1人の人間として
行き詰まりを感じていた

イーサン・ホークは、87歳のピアノ教師、

シーモア・バーンスタインと出会う。

バーンスタインの漂わせる安心感や640

ピアノ演奏に魅了されたホークは、

バーンスタインのドキュメンタリー映画を撮ることを決意

50歳でコンサートピアニストとしての活動をやめ、

以後40年近くの人生を「教える」ことに捧げ、641

けっして平穏ではなかったバーンスタインの人生が、

ピアノの旋律とともに繊細な言葉で語られていく。」

と解説されている。

201610月に公開された映画で、642

81分と短いですが、

素敵な音楽とセリフの重みから、退屈はしません。

日本人の女性も生徒として登場します。

譜面の中の物語を感じ取るなど、647

繊細なアーティストで、

「悲しみの音色もいずれ

美しいハーモニーになる

それが人生だ」と説く。645

当然DVDになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たなかりか Christmas Special 2018

大阪梅田のミスターケリーズでDsc_3682

たなかりかさんのライブがありました。

メンバーはJapanese Songbookのメンバー

リーダー鈴木正人(B)、小沼ようすけ(G

ハタヤテツヤ(P)、坂田学(D

14日、15日とありましたが、15日に参加

通しで2ステージ。

2ステージ目は最高でしたね。

ノリノリで会場も一つになり、「ラララ・・」でした。

Japanese Songbookから、クリスマスソングからDsc_3683

そしてスタンダードからと・・幅広く楽しめました。

フランス帰りの小沼さんとの掛け合いは楽しかった。

昨年度に続き、楽しいクリスマスでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォルター・ラング トリオ 芸文センター

澤野工房のアトリエ澤野スペシャルDsc_3666

「ウォルター・ラング トリオ」のライブが

神戸女学院小ホールでありました。

知り合いに取ってもらったチケットで、

いい席でじっくりと聞けました。Cimg2642

ドイツからやってきたトリオもノリノリの感じで、

1stは予定時間をオーバーしてしまいました。

視界にドラムが入り、さまざまな技法で

奏でる音に魅せられました。

タムタムが落ちかけ、ウォルターが助ける場面あり、

スティックの破片が飛んだり、激しいドラムでした。Dsc_3670

終了後、購入したCDにサインをいただきました。

気さくな三人でした。

毎年楽しみにしているクリスマスの

アトリエ澤野スペシャル、Dsc_3674

来年はどんな人が来るのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢灯す、光の祭典 第24回神戸ルミナリエ

神戸ルミナリエに行ってきました。Cimg2556
今年のテーマは
「共に創ろう、新しい幸せの光を」
12月16日の日曜日まで開催されています。
Cimg2563
あって当たり前の家や人、灯り
電気、ガス、水道など・・・・
亡くなることが考えられますか。
24年前、なくなることを経験した私たちは
平常・平穏・普通ということをCimg2571
もっともっと大切にしたいと思います。

LEDの灯りが鮮やかさを増しているように感じる
光の下をくぐると、感慨もひとしお、Cimg2573
今回は40年以上会っていなかった
友人たちと歩きました。
このしあわせをいつまでも・・・と思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルーブル美術館展   大阪市立美術館

9月から1月まで大阪市立美術館で行われているCimg2520
ルーブル美術館展に行ってきました。
古代から19世紀までの肖像芸術の傑作
110点が展示されていました。
聖別式の正装のルイ14世やCimg2518_2
アルコレ橋のボナバルトの威厳のあるものや
スカヴロンスキーの伯爵夫人の肖像や
ヴィーナスとキューピッド、
画家の家族の肖像など
繊細できれいなものもたくさんありましたし、
肖像ということで多くの彫刻も展示されていました。Cimg2526
高橋一生さんの解説もよかったです。
見終わって外へ出ると、薄暗くなっていて
西に見える通天閣のライトアップが
とてもきれいに見えました。Cimg2521

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«映画「エリック・クラプトン 12小節の人生」