映画「フレディ・マーキュリー」

「フレディ・マーキュリー」を観てきました。640-3_20240220235601
2月16日に公開されたばかり
「クイーン」のボーカリスト、フレディのドキュメンタリー。
「ボヘミアン・ラプソディ」の誕生秘話や
クイーンのメンバーのインタビュー映像があったり、
フレディが音楽界に与えた影響などを語り、
さらに昔フレディに取材した記者や、
レコード会社のプロデューサー、カメラマンらが、思い出を語り、
フレディの知られざる一面をひも解いていく。
軽いドキュメントですね。短い。
映画館から見える駅北は工事が着々と?進んでました。

640_20240220235601 640-2_20240220235601 640-1_20240220235601

| | コメント (0)

映画「PERFECT DAYS」

アカデミー賞でも話題になっている20240209_1359111
映画「PERFECT DAYS」を観てきました。
セリフが少なく、ゆったりと流れる展開
あがた森魚だ!石川さゆりだ!三浦友和だ!
と出てくる俳優にも驚き
東京のトイレのきれいさにも驚く。
カセットテープが大きな役割をし0_20240209211701
1960年から70年代の歌が使われ
「朝日のあたる家」で始まり
金延幸子の「青い魚」が新鮮でした

16_20240209211701 18_20240209211701 17_20240209211701 4_20240209211701

 

 

15_20240209211701 1_20240209211701 5_20240209211701

| | コメント (0)

映画「モロッコ 彼女たちの朝」

月一の映画で「モロッコ 彼女たちの朝」を観たPhoto_20240120235701
地中海に面する北アフリカの国モロッコを舞台に、
2人の女性がパン作りを通して心を通わせていく姿を、
豊かな色彩と光で描いたヒューマンドラマ。
臨月のお腹を抱えてカサブランカの路地をさまようサミア。
イスラーム社会では未婚の母はタブーとされ、
美容師の仕事も住居も失ってしまった。
ある日、彼女は小さなパン屋を営むアブラと出会い、
彼女の家に招き入れられる。
アブラは夫を事故で亡くし、
幼い娘との生活を守るため心を閉ざして働き続けていた。
パン作りが得意でおしゃれなサミアの存在は、
孤独だった母子の日々に光を灯す。
出産をすませ自由になろうとする女と
生まれた子により母性が芽生える女
さてどちらの女になるのか。

640-3_20240120235701 640-2_20240120235701 640-4_20240120235701 640-5_20240120235701

 

 

640_20240120235701 640-1_20240120235701 1_20240120235701 2_20240120235701

| | コメント (0)

映画「ビヨンド・ユートピア脱北」

先週公開された「ビヨンド・ユートピア脱北」を観てきた。Photo_20240116232601
北朝鮮からのタイまでの国外脱出
その凄まじさに密着したドキュメンタリー
以前、西宮球場・阪急ブレーブスを扱った
増山実著の「勇者たちへの伝言」という本を読んだとき
「楽園」といわれた北朝鮮へ希望をいただいて渡った女性が
北朝鮮の実態を詳細に手紙に綴っていることが出てきた。
ので、映像で見たくなったのが観た理由。
洗脳と自由となった人の変化、本当に理解できない国です。

1_20240116232601 3_20240116232601 8_20240116232601 10_20240116232601

| | コメント (0)

映画「小さき麦の花」

月一の映画で2022年の中国映画「小さき麦の花」を観た。Photo_20231117200901
中国西北部の農村、貧しい農民と障害のある娘が、
厄介払いのように結婚させられる。
2011年のことのようであるが、
中国という国の現実かと信じられない気になる。
こんなところがあるのか?と思ってしまう。
日本ならいつの時代かと。
ただ黙々と農業に従事する
欲もなく、約束したことは必ず守る
そんな農民ヨウティエに人としての基本を見るような気がする。
内気な妻のクイインも黙ってヨウティエについていく。
そんな二人だったが、最後どうなっていくのか・・・。今を観てみたい。

2_20231117200901 4_20231117200901 3_20231117200901 8_20231117200901

 

 

6_20231117200901 9_20231117200901 5_20231117200901

| | コメント (0)

映画「正欲」

2023年11月10日に公開された映画「正欲」を観てきた。Photo_20231114232101
https://bitters.co.jp/seiyoku/
第34回柴田錬三郎賞を受賞した朝井リョウの同名ベストセラー小説を、
稲垣吾郎と新垣結衣の共演で映画化。
家庭環境、性的指向、容姿など
さまざまな“選べない”背景を持つ人々の人生が、
ある事件をきっかけに交差する姿を描く。

横浜に暮らす検事の寺井啓喜(稲垣吾郎)は、
不登校になった息子の教育方針をめぐり妻と衝突を繰り返している。
広島のショッピングモールで契約社員として働きながら
実家で代わり映えのない日々を過ごす桐生夏月(新垣結衣)は、
中学の時に転校していった佐々木佳道(磯村勇斗)が地元に戻ってきたことを知る。
大学のダンスサークルに所属する諸橋大也(佐藤寛太)は
準ミスターに選ばれるほどの容姿だが、心を誰にも開かずにいる。
学園祭実行委員としてダイバーシティフェスを企画した神戸八重子(東野絢香)は、
大也のダンスサークルに出演を依頼する。
それぞれが持つ問題が別の場所で進んでいくが、
終盤横浜に集約され、思わぬ方向へ展開する。
この後、どうなったのかと…引き続き考えさせられる。

1_20231114232101 15_20231114232101 16_20231114232101 10_20231114232101

 

 

6_2023111423210113_20231114232101

| | コメント (0)

映画「沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家」

月一の映画で「沈黙のレジスタンス」を観た。Photo_20231021103601
パントマイムの神様と言われる「マルセル・マルソー」が
ユダヤ人としてナチスドイツから迫害を受けた第2次世界大戦
その中でユダヤ孤児123人を救った実話の映画化。
パントマイムで人の心を開き
迫害に抵抗するより、子供たちの命を救おうと
兄弟で立ち上がり、スイスへの脱出を試みる。
ナチスドイツの迫害のすさまじさがリアルに描かれ
人としてやってはいけないこと
人の心を失ってはいけないことを考えさせられる。
1_20231021103601 6_20231021103601 7_20231021103601 9_20231021103701 8_20231021103601

 

 

4_20231021103701 11_20231021103701 3_20231021103601 2_20231021103601

| | コメント (0)

「LIVE 君と歩いた青春」2023第14回 報告

2023年9月20日(水)大阪:フェスティバルホールで行われた20230920_175202  
「LIVE 君と歩いた青春」2023 第14回に参加してきました。
昨年は2階席でしたが、今年は3階席です。
チケットの抽選はどうなっているのだろう。
開演前に三代澤さんが自分のラジオ番組では
抽選なしにチケットとれた人がいると言うと、
1階フロアーから拍手、それが優先?と
何となく理解できないことに・・・。

18:30 照明が落ちる拍手とともに波の音がBGMで流れ、20230920_180537
いつものことですが、杉田二郎さんのやさしい声で
「皆さんありがとうございまーす!二郎です・・・
皆さん声出しても大丈夫ですよ、一緒に歌いましょう」
と声が流れると、笑いとともに拍手が起こり、20230920_175326
ステージ上に、
伊勢正三、杉田二郎、姫野達也、
イルカ、太田裕美、尾崎亜美の順に登場
(下の画像は、太田裕美さん等のX(旧Twitter)で公開されているものを利用しています。
Photo_20230927230101 Photo_20230927230103 Photo_20230927230102 All Photo_20230927230104




1. 海岸通  全員で

2. 銀の指環 全員で
MC 若い順にということで、
尾崎亜美さんから66歳です。
太田裕美さん「阪神タイガース優勝おめでとう!」
 (巨人ファンのはずですよね)
イルカさん、古希プラス2です。
姫野達也さんはみんなのことを先輩と言い、緊張している様子。
伊勢正三さんはこのコンサートのプロデューサー、
白のデニムにしろのTシャツ姿
杉田二郎さん、11月で喜寿になります。
そして「懐かしい55年前の歌です。ご一緒に」
3. 風    全員で

杉田二郎が残り、親子の愛情についてのはなしから
4. ANAK(息子) 杉田二郎

杉田二郎が尾崎亜美を呼び込みトーク、同じ京都の出身
レギュラーメンバーが家族のようで、
年齢を超えて歌えることが素晴らしいと
杉田二郎がはけて
尾崎亜美、3月にのどの手術をしたことを報告、
歌うこともリハビリと思いステージへ
今できることで精いっぱい歌います。温かい拍手が起こる。

5. オリビアを聴きながら 尾崎亜美
ご主人の小原令さんを紹介

イルカ・太田裕美天使が加わり、亜美さんも天使の羽根を付けるが、
さかさまでした。でもそれが配慮だと・・・。
小原さんが後ろから見るとすごいよと、突っ込む。
6. 天使のウインク 尾崎亜美

イルカさんが残り、セッティング中にMC
還暦後がフルコースのデザートにあたるデザート世代です。
食後のデザートのように人生を楽しみましょうと・・。

7. 人生フルコース イルカ

「みんな同じ・・」とうたいだすと、自然と合唱になる。
8. まあるいいのち イルカ
手話のように同じふりで楽しみました。

伊勢正三さんが登場
双子の孫の話で盛り上がる。なんでイルカなの?って孫に聞かれる。
学生のころイルカの大群と言った一言から・・・ずっとイルカです。
シークレットの紹介に手間取る。
スクリーンになごり雪を歌う正やんが写るが、音が出ない。
ゲストを紹介「BEGIN」のみなさんです。大きな拍手

9. 恋しくて  BEGIN
ちょっと会場の雰囲気に困っている
正やんが石垣島でのコンサートに参加をしたので、今日は逆に出させてもらったと
セットリストは正やんが決めたと

10. 島人ぬ宝 BEGIN 
琉球国祭り太鼓関西支部が素晴らしい演舞を披露
イルカさんたちが登場し、太鼓の素晴らしさをほめる。もう一曲

11. 涙そうそう BEGIN

イルカさんと正やんが登場、正やんが少しおしゃれして
通りすがりのギターリスト、押尾コータローさんを呼び込む
3月亡くなられた坂本龍一さんの曲を
12. 戦場のクリスマス  押尾コータロー

正やんが登場し、BEGINの比嘉栄昇も呼び込み、ナッシュビルギターの話から
13. 22才の別れ 伊勢正三  (ギター)押尾コータロー・比嘉栄昇

正やんだけが残り
14. 雨の物語  伊勢正三

バンドメンバーを紹介、ギター 岩井眞一、ギター 西海孝、キーボード 細井豊
(今年はこじんまりしてましたね)
太田裕美が登場し、
コンサートのタイトル曲「君と歩いた青春」を歌うようになったいきさつを紹介。
風の3rdアルバム「WINDLESS BLUE」から好きな曲を選んでいいと言われ
選んだが、すると地味な歌を選んだねと言われたと・・・。

15. 君と歩いた青春 太田裕美、伊勢正三
16. 木綿のハンカチーフ 太田裕美 正やんギターで参加

ステージの前に出て、お客さんと一緒に楽しもうとするのだが、
ステージ下手でモニタースピーカーに気付かず
後ろ向きに転倒するハプニングがあっても、
何もなかったように歌い続ける。さすが、えらい!
そして、常に前向きに前向きにと、転倒をカバーする。

レギュラー全員呼び込んで、(尾崎亜美の服装が奇抜ですね。写真で確認)
尾崎亜美、太田裕美、イルカ、杉田二郎、姫野達也、伊勢正三の位置取り
17. なごり雪   全員で

それでは最後の曲です。
二郎さんが、「新しい命が生まれても、いつまでも歌い続けることができますように」と

18. 戦争を知らない子どもたち 全員で
  
20;45 終了  当然のごとくアンコールの手拍子
アンコール 

20230920_210123

押尾コータロー・BEGINも参加して 

19. 心の旅   全員で

20. ささやかなこの人生   全員で

21. あの素晴らしい愛をもう一度 全員で20230920_211042
21:00 終了

この後、高校時代の同級生は制限のなくなった夜の街
居酒屋に繰り出し、終電を気にしながら楽しく飲みました。

 

| | コメント (4)

映画「離ればなれになっても」

月一の映画で、「離ればなれになっても」を観てきたPhoto_20230927222902
2020年イタリア製作の映画で、日本では2022年に公開されている。
1982年から2022年を舞台に、時代の波に翻弄されながら
出会いと別れを繰り返す3人の幼馴染の男性と女性の物語
2022年の映像から入り、40年間を回想する。
16歳の幼馴染が恋に落ち、青春を謳歌するが、
家庭の事情で引き裂かれ、それからおとなになっていく中での
男性3人の社会的地位や職業の変化
女性の世の中における変化など、再会と別離を繰り返す4人が
2020年たどり着いた幸福までを描く。

退屈しない映画です。

0_20230927222901 2_20230927222901 1_20230927222901 5_20230927222901 6_20230927222901

 

| | コメント (0)

映画「長崎の郵便配達」

月一の映画で1年前に公開された「長崎の郵便配達」を観た。Photo_20230825235601
https://longride.jp/nagasaki-postman/
戦時中にイギリス空軍の英雄となり、ピーター・タウンゼンド大佐。
1950年代にはマーガレット王女との恋が報じられ注目を浴びた。
その後ジャーナリストとなり、長崎で被ばくした谷口稜曄さんを取材し、
1984年にノンフィクション小説「THE POSTMAN OF NAGASAKI」を発表。
谷口さんは16歳の時に郵便配達中に被ばくし、生涯をかけて核廃絶を訴え続けた。
映画ではタウンゼンド大佐の娘で女優のイザベル・タウンゼントが2018年に長崎を訪れ、
著書とボイスメモを頼りに父と谷口さんの思いをひも解いていく姿を追う。
監督は「あめつちの日々」の川瀬美香。

戦争に従事したことから、被爆者のことについて取材し本にする
その娘が、父の取材のあとをたどる。
戦争はいけない、核を戦争に使ってはいけない。
単純なことなのだけれど、大きな組織の中で、誰が操るのでしょうか
一人の力はどこへつながるのでしょうか。

1_20230825235601 8_20230825235601 3_20230825235601 11_20230825235601 18

 

| | コメント (0)

映画「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」

2年前の映画「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」Photo_20230727144601
定年後の夫婦を映画いた物語
麻雀以外家でゴロゴロ
プラモデルを作るだけで家のことは一切しない
妻は、自分の時間をもってコーラスなどへ出かける。
食事の用意から家事はすべて妻が行う。
問題があると全部妻のせい
会話をするとけんかになる・・・・
考えさせられることが多かった。
それよりも、コーラスの歌など使われている曲が
チューリップの「虹とスニーカーの頃」「青春の影」
「心の旅」「切手のないおくりもの」
曲だけで感動しましたね。
https://oshu-katsu.com/

5_20230727144601 28 2_20230727144601 1_20230727144601 22

| | コメント (0)

映画「手紙と線路と小さな奇跡」

月一の映画で2022年4月に公開された韓国映画Photo_20230721205501
「手紙と線路と小さな奇跡」を観てきた。
1988年に開設された韓国初の私設駅
「両元(ヤンウォン)駅」の実話をもとに、
小さな駅づくりに奮闘する人々を描いたヒューマンドラマ。
道路がなく、線路は通っているのに駅がない村。
トンネルや鉄橋を渡り、次の駅まで行って列車に乗り、
毎日往復5時間かけて学校へ通う。
数学の天才である男子高校生ジュンギョンは、
村に駅を作ることを夢見て
機関士の父テユンに反対されながらも、
駅の開設を求めて大統領府に手紙を送り続ける。
前半は仲のいい姉との生活が描かれるいるが、
後半事実が明らかになり姉が死んでいることがわかる。
コミカルな展開かと思わされたが、
実話であればすごい環境での人の努力
団結、家族愛を考えさせられた。面白い映画でした。

1_20230721205501 3_20230721205501 8_20230721205501 14_20230721205501 5_20230721205501

 

| | コメント (0)

映画「怪物」

カンヌ国際映画祭で坂元裕二氏が脚本賞を受賞した0_20230622082401 映画「怪物」を観てきた。
すでにメディアで紹介されているところも多々あり
学校でのいじめを中心としたヒューマンドラマ。
関係者それぞれの角度から一つの出来事を描き、
「うそ」が解かれていく。
こんな教師いるのか?20230608_144239
こんな親いるのか?
こんな子供たちいるのか?などなど
どの立場で見るかにより、評価も違うかなと思う。
感想は観た人それぞれでしょう。
故坂本龍一氏の遺作となる曲が、静かに流れます。

Photo_20230622082501 12_20230622082501 3_20230622082501 7_20230622082501

 

 

 

6_20230622082501 8_20230622082501

| | コメント (0)

映画「愛する人に伝える言葉」

月一の映画で「愛する人に伝える言葉」―旅立ちの前、僕の人生を整理するーを観た。11_20230621233501
https://hark3.com/aisuruhito/
母親役にカトリーヌ・ドヌーブが出ていた。その息子が癌を知らされる。
子離れできない母親と自立できない息子
その息子は俳優志望の指導をしている。
死に向けて、今まで自分はだれにも感謝されなかった
誰のためにもなっていないと、自己否定を続ける。
それを見ることしかできない母親。
遠くから息子を見守る子供、息子は父親であった。
死に向けて患者に寄り添う医師と看護師
さて、自分がそこにいたらと・・・考えさせられた。

Photo_20230621233501 1_20230621233501 3_20230621233501 6_20230621233501

 

 

9_20230621233501 10_20230621233501 8_20230621233501 7_20230621233501

| | コメント (0)

憧れを超えた侍たち 世界一への記録

3週間限定公開の「憧れを超えた侍たち 世界一への記録」を観てきた。
https://www.japan-baseball.jp/jp/movie/2023/
結果がわかっているが、やはり力が入ります。6_20230615191701
鈴木誠也の離脱
源田の骨折などなど
特に不調の村上のサヨナラの場面
大谷選手の物語と言ってもいい内容ですが
やはりすごいチームでした。
夢をありがとう!
#侍ジャパン #WBC #世界一 #限定公開

1_20230615191701 4_20230615191701 2_20230615191701 3_20230615191701 5_20230615191701

| | コメント (0)

«映画「グリード ファストファッション帝国の真実」