« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月

コーナーポケット

cornerpocket_002
西宮北口、北西に歩いて5分Jazz喫茶「コーナーポケット」がある
LIVEもよく行われている
JBLのスピーカーから体に伝わる重低音が大きなボリュームで鳴っている
スピーカー(ステージ)に向かって行儀よく並んだ席
今すぐLIVEが出来ます・・・・・
今日聞いた東京銘曲堂、素敵でした
今度CD探そうっと・・・・・・
カウントベイシーもよかった
店の中の壁にはプレヤーのサインがいっぱい
あるある・・・有名プレーヤーのサインが
カウントベイシーオーケストラのサインも
歴史を感じさせる壁でした
また、自転車で行こうっと
                     2004.05.29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラッキーが頭に

tigers0527_050.jpg
阪神は勝っても負けてもファンは温かく見守るし
甲子園にも足を運ぶ
そして応援グッズもいろいろ
女性の頭にトラッキーが・・・・・
そう帽子の後ろにトラッキーがついているのです
街中ではなかなかかぶって歩けないかもしれないが
甲子園では・・・素敵な帽子です
なぜか女性でないと(子どもでもいいですね)似合わない
でもいい光景です
              2004.05.27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜戦、初勝利

tigers0527_065.jpg
昨年は横浜銀行とまで言い、阪神の優勝に大きな貢献をした横浜
今年はどうしたわけか、横浜に勝てない
7連敗中である・・・・・
友達に誘われ、連敗脱出を願って甲子園に
カバンには応援グッズ、イエロージャージも密かに入れて
2回に甲子園着、井川の先発だか調子は今ひとつ、すでに3安打されていた
しかし、3回は3者連続三振・・・すると打線も奮起、3得点
そこから、追いつかれ、追いつき・・・・・ひやひやのゲームでしたが
終盤打線が大爆発・・・・・・
金本の2本、今岡、プロ初となる鳥谷の本塁打で終わってみれば12:5
ヒットの数は同じだのに・・・・・
いい試合でした・・・・・・
となりの横浜ファン(川村のユニホームのお兄さん)残念でしたね・・・・

                                 2004.05.27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SATIN DOLL

tanakarika0522_010
神戸北野にあるjazzspot「サテンドール」へ
今日はCDデビューした女性ヴォーカルを聴きに
生田幸子(P) 村松泰治(b) 原 大力(d)のトリオに
たなかりかのヴォーカルでした
たなかりかさんは昨日(5月21日)に
CD「ON GREEN DOLPHIN STREET」を出せれたばかり
たくさんの人が歌声を聞きにこられてました。
サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー サムタイムズ・アイム・ハッピー デイ・バイ・デイ 
イン・ア・センチメンタル・ムード  ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ バードランドの子守唄
マイ・ファニー・ヴァレンタイン  ジョージア・オン・マイ・マインド サテン・ドール ニカズ・ドリーム
などを聴いた・・・・・素敵な演奏とパワフルなヴォーカルでした
原さんは東京からお越しで、表情のとても素敵なドラマーでした
パワフルな響きとやさしそうな表情がとても印象的でした
                         2004.05.22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦場のフォトグラファー

photo.jpg
ジェームス・ナクトウェイの戦場での撮影活動の記録を中心にしたドキュメンタリー映画
多くの悲惨な状態を記録に残している
「これだけたくさん撮れたのはその人たちがぼくを受け入れてくれたからだ」
「みんなが悲惨な戦場に足を運べば、戦争はなくなるのでは・・・・・それが出来ないからぼくが伝えているのだ」
「私が取った人たちは幸せではない、幸せではない人を撮ることが私の仕事になっている。それがつらい」
中でも言われていたが、「戦場で撮影をしていて被害にあうのは、何も知らない初心者か、俺は運が強いんだと信じてるベテランだ」と、彼が後者にならないことを祈ると・・・・
インドネシアで線路と線路の間で生活する親子6人、父親は列車に轢かれ左足と左手がない・・・・
世の中はいろいろな人がいる・・・・・何ができるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人のサーカス

bananahall_004
今日は急に手に入ったチケットで友達とバナナホールへ
コーラスグループ「サーカス」のお姉さん
叶 正子さんのソロLIVEでした
Masako「Inside Journey」を4月21日に出して
一人でのツアーです
ドラムとベースとピアノにヴォーカルという
シンプルな構成で、Jazzを思わせる雰囲気でした
客席は女性が多く、年齢層も高い・・・・・
大人の雰囲気のLIVEでした
「トワイライト・アヴェニュー」「人生はJazz」
「バレリーナ」「ワルイクセ」などアルバムから
また、「ミスターサマータイム」や「12月の雨」
「ミスターポストマン」等の懐かしい曲もあった
アンコールは「Can’t stop Lovin' you」
アルバムの中の曲ですが、これ気に入りました
激しい雨の降る中行きましたが、出る時はあがっていた
ゆったりとした時間だった
                     2004.05.16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームラン4本

tigers0509_039
朝は雨・・・試合があるのか心配でしたが、HPには試合開始の案内が
慌てて甲子園まで運んでもらう
途中で中止になるような天候にもかかわらず。。。人出は多い
今日も当日券の販売はなし・・・・タイガースは本当にファンに支えられている
先発、下柳はストライクが入らずあっさりと2点を献上
しかし、打線がすぐに点を取り返し・・・・矢野のホームランも
さらには4回打線が爆発・・・・
葛城のタイムリー、 藤本の逆転タイムリー、今岡のツーランホームラン
さらにアリアスのツーランホームラン一挙に8点・・・怒涛の攻撃
5回、今岡の2打席連続ホームランもでた
終わってみれば18安打16点・・・気持ちのいい試合でした

今年も行けるぞ、阪神タイガース
昨晩の兄貴「金本」のさよならホームラン
お立ち台での「今年も『勝ちたいんや』」・・・・みんなそう思ってまっせ
応援してまっせ
                           2004.05.09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAZZ ON AN EARLY SUMMER'S DAY

cafefish_014
5月7日金曜日「cafe Fish!」で
「JAZZ ON AN EARLY SUMMER'S DAY」があった。
若マスター(大ちゃん)が世話人の初LIVEです。
たくさんの人に来てもらえてよかったね。
トリオの演奏で3ステージ・・・・
じっくりと聞かせていただきました。
私のような素人には、聞きに来ているまわりの人は
それなりの人のように見えて、つい隅っこに・・・・・
ママのお呼びに照れながら、
ピアニストのCDにサインもしてもらい
3ステージ目は特等席で聞かせていただきました
最後の挨拶にもあったように・・・・・
大変でしょうが、ぜひまた企画してください
                        2004.05.07


| | コメント (0) | トラックバック (0)

高槻JazzStreet

040504_1
高槻JazzStreetに行ってきた。
3日4日の二日間でしたが、今日だけいった。
なんと雨、6年目にしてはじめての雨だそうです。
なので、野外のステージは中止で、屋内だけでした.
最初の里村グループのステージです。昨年は阪急高槻市駅の前で
溝口さんがリーダーのグループで拝見しましたが、
今年が里村さんがリーダーで、ボーカルが溝口さん
生田さんのピアノに三原さんのベース、ドラムはあの加納さん
それに井上さんと里村さんのツーサックス
あっという間の40分でした
席についたとたん、隣はどこかで見かけた新婚さん(もう1年になるかな)
というハプニングもあり・・・・楽しい時間がスタートしました

その後・・晴れであれば24ヶ所でLIVEが展開される予定でした
プログラムに宮下博行(b)とある。これは印刷ミスでは・・・・・
これはあのピアニストの宮下さん・・・・
間違いではありませんでした・・・宮下さんが今日はベーシストに
ベースの弾けるピアニストなんですね・・・・・
普段と違う一面を見せていただきました
森本さん(Fl)や鈴木さん(sax)の飛び入りもあり
楽しい時間でした
今日はクラリネットがたくさん聞けました。
他には 八木さんのピアノ・・・・ここでも知り合いに合いました
魚谷さんのベース、能勢さんのギター、高岡さんのピアノ
三木さんのサックス 等など・・・たくさんの方の演奏を聞きました

なんと言っても高槻JazzStreetは無料
あの立派なプログラム、たくさんの係りの人
ボランティアとはいえ、本当に頭が下がる
チップ制で・・・こころばかりのチップを・・・
お店を開放しているところでは、せいぜい飲み物代くらい
雨の中楽器を運ぶのも大変だった出演者の方

またどこかのLiveであったらその時はよろしく

                   04.05.04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正やんのコンサート

040503chiken
JAZZではないが、私の青春の思いで・・・・・
神戸のLiveHouse「チキンジョージ」へ
今日はあの「かぐや姫」のメンバー、伊勢正三のコンサート
Garden「春」・・・・
会場は普段のLiveとはちょっと違う感じで
スタンディングでもなく、ちょっと固いいすに
同じような世代、そう40代から50代が多い
懐かしい歌を期待しただろう観客をよそに
正やんは「今の年齢で唄える歌を作り、
今伝えるべきことを歌いたいんだ・・・」と
今日は古い歌は少ないと宣言
でもでも、しっかり歌ってくれましたよ

君と歩いた青春、夜汽車は南へ、海岸通り、なごり雪、冬京
22才の別れ、海風
Cut&Paste、夏ヤマメ、冬のソリスト、君はベージュ、Bayside eyed soul
等など・・・もっともっとたくさんありましたが、
「風」以降・・・・少し私もお休み、
昔の歌ばかり聞いていたもので、曲名がわからない
今日の正やんの話しを聞いて、
いつまでも昔の曲ばかり聴いていてはいけないのか
思い出は思い出として、
今の心境で聞ける歌をこれから聞こうと思った
それを、正やんが歌ってくれるんでしょうね
思い出を聞くときと今を聞くときを区別しよう

「君と歩いた青春」や「なごり雪」
泣いている人いたよ、一人や二人ではなかった
タイムスリップした・・・2時間半でした

個人的にもその後、25年前にタイムスリップしました
素敵な時間をありがとう・・・・・
                   04.05.03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラッキー走る

040502tora
対ヤクルト戦 先発下柳の好投と
1回満塁からのジョージの満塁ホームランで
楽な試合展開・・・よく打ちました
結果 9:3 でした
アリアスの2本のホームラン、頼もしいね
「あと一人コール」「あと1球コール」、勝つのはいいね

ゆったりと楽しんで「六甲おろし」が歌えた
トラッキーもラッキーも3連勝を喜んでいた

GWの一日・・・
阪神ファンにとっては素敵な一日になった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼下がりのJAZZLIVE(3)

040501sone
ソネの昼下がりのJAZZLIVEに行った
連休という事でか
インフィオラータこうべ をしてるからか
・・・・JAZZを好きな人が多いからですね
結構たくさんの人が入っていた
Body&Soul イパネマの娘 縁は異なもの
サマータイム サテンドールなど
2ステージ楽しませていただいた
ピアノとベース、ドラムのトリオにvocal

外の暑さをよそに・・・・ビールを飲みながらJAZZ
なんと贅沢なことか
素敵なピアノでした・・・・

                2004.05.01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOSAIC

040501mozaic
1日今日は映画の日、ハーバーランド「シネモザイク」で
「コールド・マウンテン」を見た.
アメリカ南北戦争を題材にしたラブロマンス
でも、殺し殺される場面が多い・・・・・
戦争だから仕方がないが、あまりにひどい
戦争の経験がないからその悲惨さはわからないが
出会いから恋に落ちる早さと
戦争の悲劇を語るバランスが、ちぐはぐなような
戦争の悲惨な状況の中でみんながみんなが一生懸命生きようとする
その姿には感動させられる
女一人で、女同士で助け合い・・・・・
ハッピィーエンドかと思いきや・・・・自ら予言するように・・・・・終る
映画館の外はとてもいい天気
ハーバーランドから東を望むと・・・・・神戸らしい景色です
                      2004.05.01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「インフィオラータこうべ2004」

040501in
「インフィオラータこうべ2004」が北野坂で展開された
JR三ノ宮駅東側の三宮あじさい通り商店街、六甲山に続いて3ヶ所目
異人館に通じる北野坂・・・・ブラスの流れる中を
たくさんの人が花びらによるデザインを楽しんでいた
天気もよく5月末の暑いくらいの気温の中で
神戸の散策を・・・・・・・
歩き疲れたら・・・・老舗の喫茶店でも
JAZZのLIVEでも・・・・・・・
ゆっくり休んでください
神戸はそんな・・・・・素敵な街です

                   2004.05.01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »