« 十日戎(西宮神社) | トップページ | やきとり »

天国の本屋

昨日演劇の「天国の本屋」をみた。
そのとき、文庫本でよく見ていたので原作を買おうと
大阪堂島の大きな本屋で店員さんに聞いて買った
急いでいたが「天国の本屋」という文字で、これですと素直にすぐ買った
今日読んでみると・・・短時間で読めました
内容が違う・・・おかしいなと思い、題を見ると
確かに「天国の本屋」であるが、続いて「うつしいろのゆめ」という文字が
私の買った本は第2作でした。ちょっとショックでしたが
すぐ読めると本屋に行って第1作を買いました
これは昨日見たので、若干話は違うが
昨日の場面を思い出しながら、脚本家の方がここで手を加えたなと
思いながら読み進めることが出来ました
劇にするにはこの設定のほうが良かったんだなとか
いつもと違う読み方が出来ました
でも昨日の劇はよかった・・・・・本を読んでもそう思う
P1100030

|

« 十日戎(西宮神社) | トップページ | やきとり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/2535254

この記事へのトラックバック一覧です: 天国の本屋:

« 十日戎(西宮神社) | トップページ | やきとり »