« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

ビヨンドtheシー

P3230009ポピュラー歌手・クラブ歌手・映画俳優・司会者としての
多様な顔を持つ「ボビー・ダーリン」の物語。
ボビー役の「ケヴィン・スペイシー」が製作・監督・脚本を担当。
「Mack the Knife」「Beyond the Sea」 「Charade」などが効果的に流れていた。
サンドラ・ディ(ケイト・ボワース)との恋も素敵に描かれている。
15歳までしか生きられないといわれた病気との戦い・・・
限りある命を精一杯生きる
「人は観たものを聞く」と悟り、自分の心の声に従うと・・・・・
自分自身のスタイルで最後は歌う。
「五線譜のラブレター」や「Ray」など最近音楽に関する映画が多い。
曲中で使われる音楽を聞くのもいいし、ルーツを映画にしたものも楽しく見れる。
俳優がなりきって歌う、本当にうまい。
サントラ盤もいいと思うが、この際「ボブ・ダーリン」の歌を聞いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

想い出の喫茶店

P3120002仕事の関係で自分の出身大学に行くことになった。
年に数回は行くようにしているが、25年経つと当時の建物も少なくなり
きれいな建物やきれいなレストランやカフェの入った建物が出来たりしている。
大学のそばに大変お世話になった喫茶店がある。
下宿生活をしていた私にとって
毎朝メニューにない「モーニング」(トースト+コーヒー)をいただき
授業の合間にも何度かまた訪れて、おいしいコーヒーをいただいた。
今のコーヒー好きはこの店で培われたもの。
当時の学生の交流の場であったような気がするが、
今の学生、喫茶店などというところにはあまり行かないようで、
常連さんは大学の先生が多いようです。
もうすぐ開店してから30年・・・・・本当に長い間良くがんばってくれています。
やめられると困るんですね。大学に行ってもゆっくりする場所がなくなって。
マスターやママさん(おじちゃんやおばちゃん)に小言言われなくなるのも寂しいですね。
初代コーヒーカップは我が家に2客あります。これは2代目?コーヒーカップ・・・・
そんなことないか、もう何代目のコーヒーカップでしょうね・・・・
ここに来るといろんな友達や先輩・後輩の様子が分かる。
いまだに僕の情報源はここにあるようです。
いつまでも仲良くケンカしながらお店を続けてください。・・・・・・・・感謝

| | コメント (0) | トラックバック (1)

たなかりか in GREAT BLUE

P22300382004年5月ファーストアルバム「ON GREEN DOLPHIN STREET」をリリースした
「たなかりか」さんがその実力を培ったお店「GREAT BLUE」でLIVEがあった。
それも1週間の間に2回。そしてこのあと京都・大阪・名古屋・東京のツアーに・・・・。
おなじみのたくさんのお客さんに応援されながらとても素敵なステージでした。
2月23日のメンバーは安藤義則(P) 魚谷のぶまさ(B) 加納樹麻(D)、
それにお客さんとして来られていた(?)竹田一彦(G)さんでした。rika_tanaka_gureatblue20050223_23
「バイ・バイ・ブラックバード」「デイ・バイ・ デイ」
「オーバー・ザ・ レインボー」「ニカズドリーム 」
「ペーパームーン」「マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ」
「朝日のようにさわやかに」
「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・ カム・ホーム・トゥ」
「マイ・ファニ・バレンタイン」「ルート66」など素敵な2ステージでした。
最後は「しげじー」さんも参加してすばらしく盛り上がったステージでした。

2月28日はツアーの初日、急遽神戸が決まったため、
会場も本来休業日の「GREAT BLUE」に・・・・・
急な決定のようでしたが、会場は満席。彼女の人気をうかがわせます。
メンバーは石井彰(P) 荒玉哲郎(B) 加納樹麻(D)です。
「オールド・デビル・ムーン」「ス・ワンダフル」
「ジャスト・フレンド」「アイ・ラブ・ユー」
「バイ・バイ・ブラックバード」「キャンディー」
「ノー・モア・ブルース」「イン・ア・センチメンタルムード」
「ペーパー・ムーン」などあっという間の2ステージでした。
白い花のあしらわれた衣装、とてもかわいかったですね。
P2280032
昨年10月からはラジオ関西「Mr.Kelly's Jazz Night」
(毎週火曜21:00~21:30)でパーソナリティーとしも活躍中です。
P2280019

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第3回Kobe Modern Jazz Club live

P30500303月5日(土) 神戸・元町の中華会館で
第3回Kobe Modern Jazz Club liveが行われました。
今回のテーマは「Tribute to Bill Evana」で、
メンバーは祖田修(pf)
       魚谷のぶまさ(b)
       東敏之(ds)
       宗清洋(tb)
       井手正雄(tb)の2ホーンです。
200名強が入る会場がいっぱいになりました。
2ホーンの掛け合いはとても素敵でした。
「My Foolish Heart」や「Gone With the Wind」などちょこっとだけ聞いた。
お手伝いをしていたので、会場を出たり入ったり・・・・。
みなさんは素敵な演奏を堪能されたのではないだろうか。
開場前からかなり年齢の高い方がいらっしゃっていた。
開場でも前列のほうは年齢層がかなり高かった。
井手さんや宗清さんの演奏に聞き入っておられたようだ。
第1回はトリオ演奏。第2回は2トリオによりモンクの競演。
そして今回・・・・・そして次回は9月と予告された。
jazzを通じて知り合いも増えてきた。聞く楽しみ、見る楽しみ以外にも
人のつながりの楽しみもある。
「ダイちゃん」本当にご苦労様でした。
またみんなで楽しくやりましょう・・・・・
P3050061munekiyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »