« 想い出の喫茶店 | トップページ | 洋食の赤ちゃん »

ビヨンドtheシー

P3230009ポピュラー歌手・クラブ歌手・映画俳優・司会者としての
多様な顔を持つ「ボビー・ダーリン」の物語。
ボビー役の「ケヴィン・スペイシー」が製作・監督・脚本を担当。
「Mack the Knife」「Beyond the Sea」 「Charade」などが効果的に流れていた。
サンドラ・ディ(ケイト・ボワース)との恋も素敵に描かれている。
15歳までしか生きられないといわれた病気との戦い・・・
限りある命を精一杯生きる
「人は観たものを聞く」と悟り、自分の心の声に従うと・・・・・
自分自身のスタイルで最後は歌う。
「五線譜のラブレター」や「Ray」など最近音楽に関する映画が多い。
曲中で使われる音楽を聞くのもいいし、ルーツを映画にしたものも楽しく見れる。
俳優がなりきって歌う、本当にうまい。
サントラ盤もいいと思うが、この際「ボブ・ダーリン」の歌を聞いてみたい。

|

« 想い出の喫茶店 | トップページ | 洋食の赤ちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/3403774

この記事へのトラックバック一覧です: ビヨンドtheシー:

» ボビー・ダーリンと彼の映画のこと [あなたと夜と音楽と]
地元でも「Ray」放映終了後に「ビヨンドtheシー」をやるらしい! とにかく映画が来るのが遅いので(この映画はまだ早い方だと思う)、なかなかだろうな〜と思ってい... [続きを読む]

受信: 2005.03.31 15:26

« 想い出の喫茶店 | トップページ | 洋食の赤ちゃん »