« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

メンズショップ F730

先日たずねたMEN’S SHOP F730 のホームページを見つけた。f730house1-new
http://bbs3.fc2.com/cgi-bin/e.cgi/44205/
新しい商品の入荷をこまめに伝えている。
きたかんさいばきゅーん」というアクセスランキングWebで9位になっていた。
いろいろな情報がここにはあるようですから、但馬地方に出かけるときは必見かも。
HPにはF730へのアクセスマップもついています。
梅雨だというのに雨がなかなか降りません。
水不足が心配されますが、ドライブにはいいですね。
大阪、神戸から2時間程度。
出石のそばや城崎温泉・・・・訪ねられたあとにちょこっと寄ってみては・・・。
すぐ北にコーヒーとケーキ・パン・和菓子などが楽しめる隆盛堂もありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神タイガース 対巨人戦

交流戦が終わって、タイガースが甲子園に戻ってきた。P6240001大阪ドームの中日戦は2勝1敗と貯金を2けたにし、
強いタイガースをアピールした。
大阪ドームは少し空席が目立ったが、甲子園はさすが満席です。
伝統の巨人戦でもあるし。
先発は下柳、前回のロッテ戦(引き分け)のときもそうだった。P6240008相手は上原。ところが1回3点先取。
今日は仕事の帰りだったので7時から観戦。
4回の表からでした。一塁側アルプススタンドからの観戦です。
何と巨人の攻撃で同点に追いつかれてしまった。
巨人は走塁ミスなどがあり、よく3点でおさまった。
そういえば、清原も盗塁を試みていた。(サインミスでしょうが)
阪神応援団からも熱い拍手・清原コールが送られた。
その後投手戦・・・藤川、ウィリアムス、久保田とつなぐ阪神に
巨人は上原でがんばっていたが、延長戦が見えてくると林、久保とつないだ。P62400519回フォアボールの金本を一塁において今岡の「バント」、金本の進塁を考えたんだろうが
金本も予想していなかったのかスタートが遅れて、結果ダブルプレー。
その今岡が11回ワンアウト満塁の場面でセンターへ犠牲フライ。
サヨナラ勝ちです!!!!。「貯金11」P6240058見えてきました「優勝」の二文字が・・・・・。
勝ったあとの「六甲おろし」は本当に最高です。
試合経過は阪神タイガース公式サイトで・・・ご覧くださいP6240072

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば処「やぶ」&メンズショップ「F730」

今日は天気もよく、ドライブに北へ行った。P6180007
以前にも行った老夫婦が二人でされている「そば処やぶ」へ・・・
今日は暑くなってきたので「天ざる」と「かやくご飯」を
連れは「たぬき」を・・・メニューには「きつねそば」と書いてあったが
「たぬき」ですねの一言に、このお品書きは何だと思った。
こんな山の中(遠阪峠の手前)でひっそりと蕎麦屋を
それも手打ちで、そばもかやくご飯もてんぷらもおいしかったですよ。P6180004
1月2月は雪のためおやすみだそうですが、
皆さん但馬に行かれるときは寄ってみてください。
でも気をつけていないと見過ごしますよ。
住所は兵庫県氷上郡青垣町山垣1213-1
遠阪小学校前です・・・・氷上郡が丹波市に変わったんだ。
それからメンズショップ「F730」に寄った。。。P6180015
国道9号線、和田山木材の前にあるメンズショップ
もう出来て20年以上・・・・。
こつこつと地道な商売をしているようです
大きな店が出来る中、続けることってえらいですね。
礼服、スーツからジーンズまで何でもそろいます。
女性ものもあります。なければ店長に頼めば調達してくれそうな感じです
但馬の人、ぜひ「F730」へ一度行ってみてください。
素敵な服が見つかりますよ。。P6180011
自然豊かなところでのんびりと過ごせ
「ほっ」とするつかの間のひと時でした
プロ野球も交流戦が一段落
ペナントレースに向けてしばし休憩・・・
我が阪神タイガースは中日戦から再開です。
優勝目指して・・・・少し体力を蓄えましょう。。P6180021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボン・ヴォヤージュ

今日、「ボン・ヴォヤージュ」を見てきたbonvoyage_wall01_1024

フランスにおいて戦争中に展開される恋?のドラマ
女性の罪を知らずに背負って牢獄に入れられた男
戦争の影響で脱獄する・・・。
ところが女性は法務大臣といい仲に・・・
そこに、物理学者の教授とそれを支える女性
この女性といい関係に・・・
戦争という悲惨さよりも人間関係に主眼がおかれた映画
笑いの場面もありますが・・・
作家オジェ(グレゴリ・デランジェール)が本当にいい味が出ています。
女優ヴィヴィアンヌ(イザベル・アジャーニ)も共感をすることの出来ない役柄を上手く演じていますね。
学生カミーユ(ヴィルジニー・ルドワイヤン)がとても好演です。
ビデオレンタルも始まるようです。
時間があれば見てください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神タイガース 交流戦

今年はセリーグとパリーグの交流戦が行われている。P6050047
我が阪神タイガースもペナントレースだけではなく
交流戦でもがんばって現在、セリーグ首位、交流戦3位である。
6月5日、ロッテとの交流戦に行った。
朝はさわやかな天気だったが、昼過ぎから日差しがきつくなってきた。
それでも風は心地良かった。
先発下柳と渡辺の投げ合い。
3回に一点先取され、渡辺を打ち崩せないでいたが
8回浜中の犠牲フライで同点に・・・・
そして結果延長12回引き分けになった。P6050041
阪神タイガースのHPで詳細をご覧ください。
それにしても、ロッテの応援団はすごい。勢いを感じる。
レフトスタンド上段に黒のTシャツ軍団・・・P6050003
応援はサッカーの応援かと思うほど
みんな飛んだり跳ねたり、よく動く。
最後までそのパワーは衰えなかった。感心!
さぁ、今日の西武戦は松阪を打って4:0で完勝
井川も復帰して、連勝スタートと行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラットリア・マルコ(MARCO)

P6120002
元町にある「トラットリア・マルコ」が6月14日で開店1周年を迎える。
ご案内をいただいたので、久しぶりに出かけてみた。
テーブル席で14席、カウンターが10席程度のお店ですが、雰囲気は抜群。
野性的なマスターとセンスのいい店員さん・・・。
しかし、味は抜群です。
まずはイタリアビール「モレッティー」を飲んでみる。
軽いのどごしのいいビールです。
P6120004
イタリア料理にやはり合うのかな。
次は生がき・・・・
大きな牡蠣がきれいな器にそれも氷の上に・・
臭みが無く、プリプリ感がいいですね。
そして、魚・・・・P6120006
カンパチ、鯛、サザエでした。

楽しみにしていた「わたり蟹のスパ」
こってりとした味ですが、うまい!
かにをしゃぶってしまいたくなります・・・
上品ではないけどこの食べ方が一番いいです。
P6120011
P6120013
次は、四万十川の豚、決して泳いでいたのではないですが
よく締まった肉で焼き方が上手い。とっても美味しかった。
たけのことトマトもすごく新鮮でうまかった。
たけのこをこういう風にも出来るんだと、感心した。
最後はデザート、ひとつひとつちがうのをみんなが選びましたがP6120016
どれもあっさりとして美味しかったな。
特にチョコのスフレは評判でした。
以前来た時には出てしまってなかったように思います。
最後は、エスプレッソで仕上げ・・・・。
身近なところで、知り合いのところで
素敵な料理がいただけるのは、本当に幸せです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チキンガーリックステーキ

甲子園球場で阪神対日本ハムの試合を気にしながらlovers
(この段階では2:8で負けていました・・・)
「ららぽーと甲子園」に行ってきました。
そこで、「チキンガーリックステーキ」のミニライブが行われていた。
自分の知り合いがこうして歌っているところに偶然出くわす事もめったに無いので
少し聴いてきた・・・。
「虫バイ菌」という楽しい歌や
「スタンドバイミー」を男性6人のアカペラで
楽しくみんなの拍手をもらいながら歌っていた。
皆さんそこそこのお年のよう・・・
遅いデビューでしょうが、しっかりした歌でした。
仕事を捨てて新たに始めることって勇気いるよね。
ただ今阪神、反撃中・・・・がんばれ   
05.06.12 16:05

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ミリオンダラー・ベイビー

今日は「映画の日」。「ミリオンダラー・ベイビー」を見てきた。
アカデミー賞4部門受賞。前評判の高い映画だけに、いっぱいの人でした。P6010003

最優秀助演男優賞受賞 モーガン・フリーマン(エディー・スクラップ)
最優秀主演女優賞 ヒラリー・スワンク (マギー・フィッツジェラルド)
監督賞 クリント・イーストウッド (フランキー・ダン)
最優秀作品賞を受賞している。
主演男優賞は「Ray」のさらわれたが、それでも人気は高い。
物語は、小さな町でダンとエディがかかわる小さなボクシングジムでの出来事。
二人ともわけありの元ボクサーとトレーナー。そこへマギーが入門する。
女性を相手にしなかったダンだが、彼女の熱心さにトレーナーを引き受ける。
マギーもダンも家族は複雑・・・・一人で生きている。
マギーはめきめきと力を発揮し、タイトル戦へと上り詰めていく。
そのタイトル戦で、大きな事故に遭う。
頚椎を損傷し、全身麻痺の状態に・・・・。
最後は呼吸器をはずすダン・・・・・・。
なかなかつらい映画でした。さわやかさや笑いは無く。
一気に上映時間が過ぎ、眠さは感じない。
題材がボクシングで、身近さはあまり無いのだが、決して嫌な映画ではない。
家族やひたむきな努力を考えさせられる。
エディの「彼女の人生に後悔は無い・・・」というせりふが印象的だった。
「モ・クシュラ」というゲル語が中で大きな位置を占めていた。
この意味は最後にダンの口からマギーに伝えられる。
それは見てのお楽しみ・・・・・。

帰りに以前どこかのブログで見た画像をデジカメに収めに行ってきた。ikari
ここはどこでしょう・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »