« 未来を拓く君たちへ | トップページ | チキンガーリックステーキ »

ミリオンダラー・ベイビー

今日は「映画の日」。「ミリオンダラー・ベイビー」を見てきた。
アカデミー賞4部門受賞。前評判の高い映画だけに、いっぱいの人でした。P6010003

最優秀助演男優賞受賞 モーガン・フリーマン(エディー・スクラップ)
最優秀主演女優賞 ヒラリー・スワンク (マギー・フィッツジェラルド)
監督賞 クリント・イーストウッド (フランキー・ダン)
最優秀作品賞を受賞している。
主演男優賞は「Ray」のさらわれたが、それでも人気は高い。
物語は、小さな町でダンとエディがかかわる小さなボクシングジムでの出来事。
二人ともわけありの元ボクサーとトレーナー。そこへマギーが入門する。
女性を相手にしなかったダンだが、彼女の熱心さにトレーナーを引き受ける。
マギーもダンも家族は複雑・・・・一人で生きている。
マギーはめきめきと力を発揮し、タイトル戦へと上り詰めていく。
そのタイトル戦で、大きな事故に遭う。
頚椎を損傷し、全身麻痺の状態に・・・・。
最後は呼吸器をはずすダン・・・・・・。
なかなかつらい映画でした。さわやかさや笑いは無く。
一気に上映時間が過ぎ、眠さは感じない。
題材がボクシングで、身近さはあまり無いのだが、決して嫌な映画ではない。
家族やひたむきな努力を考えさせられる。
エディの「彼女の人生に後悔は無い・・・」というせりふが印象的だった。
「モ・クシュラ」というゲル語が中で大きな位置を占めていた。
この意味は最後にダンの口からマギーに伝えられる。
それは見てのお楽しみ・・・・・。

帰りに以前どこかのブログで見た画像をデジカメに収めに行ってきた。ikari
ここはどこでしょう・・・・・・・。

|

« 未来を拓く君たちへ | トップページ | チキンガーリックステーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/4372680

この記事へのトラックバック一覧です: ミリオンダラー・ベイビー:

« 未来を拓く君たちへ | トップページ | チキンガーリックステーキ »