« ピアノコンサート | トップページ | 元気○ラーメンとF730 »

映画と書道

そごう神戸店で3月27日まで行われている「一東書道会 代表作家展」に行った。TS330049
ふるさとを謳うと題されて、室生犀星、石川啄木、
高浜虚子、正岡子規などの歌が書の題材となっていた。
百貨店の中であるが、9階ということもあり静かな中に、
50点以上の作品が並んでいた。

今日見た映画は「愛をつづる詩
静謐(せいひつ)で情熱的、he20she207603_34blg534
ロンドン、ベルファスト、ベイルート、ハバナへと
巡る愛の奇跡・・・・
西欧と中東という生まれの違う男女が知り合い恋に落ちる。
女は凍りついた夫婦関係のため、本当の愛を求めていた。
男は亡命の身で、社会から差別され、疎外感を味わう。
複雑な心理状態を描きながら、物語はキューバまで飛ぶ。
熟年男女の恋の物語・・・・・

なつかしの「VAN」が三宮になったのだが、「VANファミリーショップ」を運営していた
(株)ベルソンジャパンの倒産を先日新聞で知った。
・・・・・・ただし、ヴァン・ジャケットは存在しており、この倒産とは関係ありません
今から30年余り前、初代「VAN」も倒産した。
ほかに、「Kent」や「SCEEN」などのブランド名を持っていた。
「JUN」のヨーロピアンに対抗し、「マクレガー」などと
アイビー路線で頑張ったのだが・・・・「Campux」ってブランド知ってる人いるだろうか?
初代「VAN」とはものは違ったが、名前に懐かしさを感じたんだけどな・・・・・「残念」

|

« ピアノコンサート | トップページ | 元気○ラーメンとF730 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/9257327

この記事へのトラックバック一覧です: 映画と書道:

« ピアノコンサート | トップページ | 元気○ラーメンとF730 »