« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

阪神タイガース 首位に!

ブログの書き込みが少ないぞと・・・昨日悪友達に言われた。
で、今日は一気にたまっていたネタをご披露

交流戦で昨年と同じように調子のいい我が阪神タイガース
昨日完封された西武相手に今日は2対0の完封勝利

そして、巨人が負けたため0.5ゲーム差が逆について首位に!
先発江草の頑張りと桧山兄貴金本のタイムリーで2点Fbb0605273401ns
気持ちのいい8回の攻撃でした。
藤川・久保田とつないでいい勝ちパターンでした。
贅沢を言えば、早い回に点を取って
好投するピッチャー陣を楽にしてやって欲しい。
明日もデーゲームです。
首位の座をすぐに明け渡さないように、一丸となって頑張ろう!

画像は日刊スポーツwebより

| | コメント (2) | トラックバック (0)

江戸の誘惑

三宮と元町の間、海側にある神戸市立博物館Dsc00456
時代を感じさせる建物で、素敵な催しをよくやっている。
今回は「江戸の誘惑」と銘打って、ボストン美術館に所蔵されている
浮世絵の肉筆画が一堂に会していた。
浮世絵=版画となるが、依頼されて書いた肉筆画が存在している。
数が少なく日本にはあまりなく皮肉なことに収集家ビゲローによって
ボストン美術館に所蔵されているらしい。Dsc00457
たくさんの人が見にこられていました。
明日までなんです(おっと、今日までです)
図録を買ってきました。
いつでも見れるのはいいけど、ガラス越しでも
やはり実物には迫力がある。
時代を感じさせる汚れや傷みなども、図録では無理かな・・・・

幅広い年齢層の方が見に来られていた
老夫婦、小さな子を連れたご夫婦、
外国人のカップル、絵を勉強している若者・・・・・
帰り際に丁寧に見学者に案内をされている館長さんにばったり・・・・・
これからもいい企画をしてください。

次の目玉はこれかな?
特別展「オルセー美術館展 19世紀・芸術家たちの楽園」 9/29- 1/8


| | コメント (2) | トラックバック (0)

卒業おめでとうございます

「卒業おめでとうございます」・・・・
といっても、高校や大学を卒業したのではない。Dsc00445
今年定年を迎えられ、仕事から卒業された方のお祝いの会があった。
4月には高校時代の恩師の会に出席し、
昨日は10年余り前に仕事の上司であった方の祝いの会でした。
型破りの会でしたが、その方らしいと・・・もっぱら評判でした。
ただ、10年余り前のことでもあり知り合いが少なく
ついたときには誰一人として知った顔がなかった。
会が始まろうとしたときにひとり、名前は知らないが
職場で見たことのある方を見つけ、少し歓談を・・・
そのうち、久しぶり「Aっちゃん・・・・」
さらに、「久しぶりARちゃん」と元同僚と久しぶりの再会。Dsc00436
震災後の職場だったので、それ以降今までの話をしながら
相変わらずの元上司の「いけいけパワー」に圧倒されながら
あっという間の2時間を過ごした。
お祝いのために駆けつけた参加者が歌を贈るのではなく
主賓?が10曲あまり歌ってました。さすが・・・・・
震災のあとに中島みゆきの「時代」を聞いていたと
2万円のチケットをゲットして「夜会」にも行ったと・・・・。
まだまだパワーをお持ちで、これからも若者をびしびし鍛えられるようです。

わたしも、このパワーをいただいて、また明日から頑張ろうと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メトロで恋して

「メトロで恋して」というあまりメジャーでない映画を見た。Wp1_1280
俳優をめざす男性アントワーヌと作家希望の女性クララが地下鉄で出会う。
話すことも苦手なため、メモで意思を示す。そこから恋が・・・・。
フランスらしい?物語の展開・・・・・。
何の問題もなく恋は深まっていくが・・・・・
彼女が「HIV」に・・・・。彼女に対する思いは断ち切れないが
何も出来なくていらだつアントワーヌ。
それに腹を立てるクララ・・・・・。結局恋は終わる。
アントワーヌはどうすればいいのか、その答えを父親に求める。
そこで彼は、彼女と結婚するという答えを出す。
しかし、時間はかなりすぎている・・・・・・。
再開した二人・・・これからどうなるのか・・・幕となる。

クレモンティーヌ」の「サン・トワ・マミー」が素敵でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表と裏、昼と夜

久しぶりの書き込みです。
朝は早くから夜は遅くまで、好きな仕事をしていると
なかなか時間が取れない。
だから休みの日はデジカメ持ってぶらぶらと・・・街中へ
いろいろおもしろいことを発見する。
表の顔と裏の顔、昼の顔と夜の顔
少し違った見方をすると違うものに見える。
何事にもありますね。
ひとつの目でしか見ていないと、思い込みで見てしまう。
でも、少し違う角度から見てみると、違う面が見えるんです。
あわてず、ゆっくりとひとつの角度からだけでなく
違う角度からもしっかり見よう・・・・・そう思う。
Dsc00346
Dsc00347_1
Dsc00323
Dsc00372

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸まつり

土曜日は神戸まつりのメインパレードでした。Dsc00301
テレビで見ていると天気は雨!
たくさんの団体が参加しているのに、ちょっとかわいそう。
たまたま買い物があり、元町へ・・・・・
ちょうど通りかかったときにサンバのリズムが・・・・・
見えてきましたブラジル協会の一団が・・・・
小さな子どもから大人まで、サンバを踊りながらの行進です。
三宮から元町全体がまつりの会場化している。
大丸や朝日会館の前などもJAZZなどの音楽の会場にもなっていたようです。
買い物の終わりには「草刈民代」さんのトークショーを遠くから拝見した。

休憩に「ORANGE」に紅茶を飲みに・・・・Dsc00312
珈琲党には珍しいが・・・・同伴者を考えて
よく雑誌などでも紹介されているが
階段を上がり二階に・・・・・ほぼ満席
「ロイヤルミルクティー」や「ダージリン」の紅茶と
「チーズケーキ」の予定が「ガトーショコラ」になった。
ほとんど女性のお客さんでした・・・・。Dsc00316

| | コメント (2) | トラックバック (0)

連休のドライブ

GW真っ最中ですが、今日は北へ向かって出石のそばを食べに・・・・。Dsc00220
途中、いつもの道から西にはずれ、福知山線沿いに・・・・
桜並木が・・・、咲いてるときはすごいだろうなと、来年の予約をして・・・
でも、川の向こうにテントを張っている人たちが・・・・
車を止めて、・・・・吊り橋があった。
少しだけ八重桜が残っていた。
いい眺めです、自然の中という・・・。
ゆったりとした気分になります。
山のすそを列車が走る・・・。単線です。懐かしいな・・・・・。Dsc00230
出石は本当によく混んでいた。
そばに振鼓楼、そして昔の城下町の街並み
新しいものと古いものがうまく混在している。
今は豊岡市になったが、町をあげて観光に取り組んでいる。Dsc00234
それにしてもよく食べた。
おなかの中がそばでいっぱいになった。
しばらくはそばを見なくても大丈夫・・・・もう勘弁を

車で片道3時間程度のドライブ
手ごろな日帰りコースですが、ガソリンが高くなっている。
134,132,130などまちまちだが、安くて128円・・・・ここで満タンに。
帰りは野球を聞きながら・・・・
途中からは見ながら帰った(電波の関係で写りませんでした)Dsc00253
矢野・・・すごいよ、3打席連続ホームラン
そしてすべてのホームランが横浜からというのも・・・・・・。
兄貴の右指は心配です。
でも、もう少し安心して見れる試合をしてほしいな・・・・。
13対6から13対11はないでしょう。
さぁ、首位は見えてきた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校生の定期演奏会

今日は高槻JAZZSTREETはお休みして、高校の定期演奏会に行った。Dsc00218
まだまだ新しい学校のようですが、150名の高校生、卒業生がひとつのステージに上がるのは圧巻です。
吹奏楽部員が現役生も卒業生も含め顧問と作り上げたステージ。
会場を超満員にするほど地域にも受け入れられたステージ・・・・・
楽しませるポイントを心得ている・・・・。
高校生がここまでやるか・・・という感想を持たせてくれる。
そのまま音楽の道に行く人もいれば、指導者になる人も
働きながら音楽を楽しむ人も・・・・・
理解ある保護者や地域の人の支えられここまでこれましたというあいさつにもあったように
本当に音を楽しむ、音を通じて人間関係を楽しむ
コミュニケーション不足といわれるが、人間関係の原点を見るような気がしました。
新しい学校だが、10年にむけて大きく羽ばたいてほしいように思う。
君たちならできるよ・・・・君たちのように夢を希望を持ってるからこそできると思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高槻JAZZSTREET2006

今年もゴールデンウィークに高槻のJAZZSTREETに行ってきた。Dsc00206
今年で8回目、2000名のボランティアで支えられ、驚くことに会場はすべてフリー。
聞いた後にチップを、そして、Tシャツなどのグッズの売り上げが来年度の開催費用に・・・。
今年は現代劇場大ホールを中心に聴いて回った。
まずはオープニングとして、主催者代表箕輪裕之トリオfeat.岸ミツアキ、そこにスペシャルゲスト:Warren Vacheの豪華メンバー・・・・箕輪裕之(b)岸ミツアキ(pf)大曽学(dr)Warren Vache(tp)で岸ミツアキのアルバムなどから。
続いて、越智順子with高岡正人トリオ・・・あれれ、これは魚谷トリオでは・・・。
高岡正人(pf)魚谷のぶまさ(b)能勢英史(g)にヴォーカルの越智順子。
魚谷さんをメインにしたフライ・ミー・トゥ・ザ・ムーンでは、越智さんが「ダーリン・キス・ミー・・・」と呼びかけると
魚谷さんが手を左右に「ノー・・・・」と会場を沸かせてくれた。
会場もよくのせてくれる・・・・越智さんのMCはすばらしい。
初舞台が刑務所の慰問で、別れの歌を歌ったら、もう一人はろくでなしを歌ったと・・・
次は屋外へ・・・・高槻城跡公園市民グラウンドへ・・・・甲南ブラスアンサンブルに続いて
三木俊彦スペシャルカルテットが・・・・
昨年このバンドで6歳の天才ドラマー「鬼束大我」君にあった。P5030103
そして市川修さんは今年一月帰らぬ人となった。
今年のメンバーは三木俊彦(s)木畑晴哉(pf)三原脩(b)東原力哉(ds)で、明日は大我君が参戦するそうです。
ところが、舞台の袖には背中にスティックを担いだ大我君が・・・・・東原さんのドラムに釘付けになっている。
「チュニジアの夜」、東原さんいわく「高槻の昼」ではすさまじいドラムに観客は大興奮だった。
続いて隣の「野見神社能舞台」へ・・・・・
兼子潤トリオ+鈴木久美子feat.前重英美・・・・そう、先日の7人の歌姫の一人です。
兼子潤(pf)山本久生(b)三夜陽一郎(dr)鈴木久美子(s)前重英美(vo)で、神社の中の舞台で・・・
これが意外と合うんです。雰囲気がいいです。 
前重さんの歌はストレートでスマートな歌ですね。
さて、次はいよいよメインです。
「フライド プライド」、そして「穐吉敏子」・・・・大ホールに戻ったが、長蛇の列。歩道上に信号二つ以上並んだ。
ボランティアの人が、「並んでもらっても立ち見もありません」という声をかけている。
何があっても今日は並ぼうと決めていたので、駄目でもいいと並ぶ。
周りのお店からはボランティアに苦情が・・・警察官も来たが、今日は仕方ないと・・・。
いよいよ会場、さてさて入れるか・・・・・・。
でも、以外にすんなりと2階席に・・・まだ余裕があった。本当に大きな会場だ。
横田明紀男さんのギターは生きているような、どこからこれだけの音が出せるのか・・・
「リーダー」は初対面の観客にもなれてのりのりでした。
ヴォーカルのshihoはうまい。歌がうまい。客を乗せるのもうまい。楽しいステージだった。
続いて、ザ・サンダーバード。古谷充(s)古谷光広(s)松浦尚子(pf)大嶺泰史(b)渕雅隆(dr)のメンバーで
親子サックスを楽しく聴いた。
最後は穐吉敏子&ルー・タバキンのピアノとサックスのデュオ。P5030018
超満員のホールの観客は酔いしれました。本当に素敵なサックスにピアノ・・・・
60年の歴史がすごさを物語っていた。帰りのみんなの会話・・・「すごいよな」「同じ人間とは思えないな・・」・・というような感想がどこからともなく聞こえてきた。
本当にそうですよ・・・惜しみない感激の拍手が鳴り止まず、アンコールになった。
長くなったが、明日もありますよ・・・・高槻JAZZSTREETは・・・・まだ行ってない人はぜひ行こう。
これでただ!・・・それは悪いのでカンパ + Tシャツとタオルを購入。
高槻は本当にすごい街だ・・・・・。
このピアノのシルエット誰でしょう?・・・・・するとベースは・・・・・?

追加:・・・・・・7歳の大我君のサインをもらってしまった。ピカソみたい!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »