« 甲子園球場で六甲おろし | トップページ | 高校生の定期演奏会 »

高槻JAZZSTREET2006

今年もゴールデンウィークに高槻のJAZZSTREETに行ってきた。Dsc00206
今年で8回目、2000名のボランティアで支えられ、驚くことに会場はすべてフリー。
聞いた後にチップを、そして、Tシャツなどのグッズの売り上げが来年度の開催費用に・・・。
今年は現代劇場大ホールを中心に聴いて回った。
まずはオープニングとして、主催者代表箕輪裕之トリオfeat.岸ミツアキ、そこにスペシャルゲスト:Warren Vacheの豪華メンバー・・・・箕輪裕之(b)岸ミツアキ(pf)大曽学(dr)Warren Vache(tp)で岸ミツアキのアルバムなどから。
続いて、越智順子with高岡正人トリオ・・・あれれ、これは魚谷トリオでは・・・。
高岡正人(pf)魚谷のぶまさ(b)能勢英史(g)にヴォーカルの越智順子。
魚谷さんをメインにしたフライ・ミー・トゥ・ザ・ムーンでは、越智さんが「ダーリン・キス・ミー・・・」と呼びかけると
魚谷さんが手を左右に「ノー・・・・」と会場を沸かせてくれた。
会場もよくのせてくれる・・・・越智さんのMCはすばらしい。
初舞台が刑務所の慰問で、別れの歌を歌ったら、もう一人はろくでなしを歌ったと・・・
次は屋外へ・・・・高槻城跡公園市民グラウンドへ・・・・甲南ブラスアンサンブルに続いて
三木俊彦スペシャルカルテットが・・・・
昨年このバンドで6歳の天才ドラマー「鬼束大我」君にあった。P5030103
そして市川修さんは今年一月帰らぬ人となった。
今年のメンバーは三木俊彦(s)木畑晴哉(pf)三原脩(b)東原力哉(ds)で、明日は大我君が参戦するそうです。
ところが、舞台の袖には背中にスティックを担いだ大我君が・・・・・東原さんのドラムに釘付けになっている。
「チュニジアの夜」、東原さんいわく「高槻の昼」ではすさまじいドラムに観客は大興奮だった。
続いて隣の「野見神社能舞台」へ・・・・・
兼子潤トリオ+鈴木久美子feat.前重英美・・・・そう、先日の7人の歌姫の一人です。
兼子潤(pf)山本久生(b)三夜陽一郎(dr)鈴木久美子(s)前重英美(vo)で、神社の中の舞台で・・・
これが意外と合うんです。雰囲気がいいです。 
前重さんの歌はストレートでスマートな歌ですね。
さて、次はいよいよメインです。
「フライド プライド」、そして「穐吉敏子」・・・・大ホールに戻ったが、長蛇の列。歩道上に信号二つ以上並んだ。
ボランティアの人が、「並んでもらっても立ち見もありません」という声をかけている。
何があっても今日は並ぼうと決めていたので、駄目でもいいと並ぶ。
周りのお店からはボランティアに苦情が・・・警察官も来たが、今日は仕方ないと・・・。
いよいよ会場、さてさて入れるか・・・・・・。
でも、以外にすんなりと2階席に・・・まだ余裕があった。本当に大きな会場だ。
横田明紀男さんのギターは生きているような、どこからこれだけの音が出せるのか・・・
「リーダー」は初対面の観客にもなれてのりのりでした。
ヴォーカルのshihoはうまい。歌がうまい。客を乗せるのもうまい。楽しいステージだった。
続いて、ザ・サンダーバード。古谷充(s)古谷光広(s)松浦尚子(pf)大嶺泰史(b)渕雅隆(dr)のメンバーで
親子サックスを楽しく聴いた。
最後は穐吉敏子&ルー・タバキンのピアノとサックスのデュオ。P5030018
超満員のホールの観客は酔いしれました。本当に素敵なサックスにピアノ・・・・
60年の歴史がすごさを物語っていた。帰りのみんなの会話・・・「すごいよな」「同じ人間とは思えないな・・」・・というような感想がどこからともなく聞こえてきた。
本当にそうですよ・・・惜しみない感激の拍手が鳴り止まず、アンコールになった。
長くなったが、明日もありますよ・・・・高槻JAZZSTREETは・・・・まだ行ってない人はぜひ行こう。
これでただ!・・・それは悪いのでカンパ + Tシャツとタオルを購入。
高槻は本当にすごい街だ・・・・・。
このピアノのシルエット誰でしょう?・・・・・するとベースは・・・・・?

追加:・・・・・・7歳の大我君のサインをもらってしまった。ピカソみたい!

|

« 甲子園球場で六甲おろし | トップページ | 高校生の定期演奏会 »

コメント

fujisanさん

今日は高槻JS、お疲れ様でした。
ほんと、盛りだくさんで、何から書いていいのか迷いますよね。
fujisanもアップが大変早いので感心してしまいます。
また今後ともよろしくお願いします。

投稿: 前重HPの編集長 | 2006.05.04 02:14

コメントどうもありがとうございます。今日は予定があり、高槻には行っていません。天気がよくて最高の二日ですね。以前雨の年は移動もつらかったですからね・・・。
jazz on topも出られているようで、またお会いできるのを楽しみにしています。

投稿: fujisan | 2006.05.04 15:41

ジャズは、掘り下げて行くと深いんでしょうか?自分ではあまり求めないでも常にJazzとは薄く縁があるようで、大我くんと一緒にされてた石井彰さんとも知り合いで、こちらでお名前あがっている高岡正人さんも実は知り合いです。とは言え、ステージを見ないままで、この日は大我くん一色で終わってしまい、ごめんなさいだったのですが。高岡さんとは声をかけてわかるかな?というくらい久しく時間が経っています。どなたか、よろしくお伝えください(笑)。
トラバされてるところにも別のさえさんがいらっしゃいますね。
他の記事も見に、また来ますね。

投稿: さえ | 2006.05.07 14:06

さえ様
コメントとTBありがとうございます。
高岡さんこと殿下とお知り合いなんですね。
3枚目の画像の右端のピアニスト、髪を後ろでくくっています。・・・・
JAZZのライブにも大阪や神戸に時々顔を出しています。
ただ、4月から仕事変わったのでなかなか出ることができません。また、ライブレポートもアップしますので、おいでください。

投稿: fujisan | 2006.05.07 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/9889295

この記事へのトラックバック一覧です: 高槻JAZZSTREET2006:

» 天才ジャズドラマー少年に遭遇 [かきなぐりプレス]
アシックスの昔の社名は鬼塚タイガーだった。 京都に同姓同名の小学2年生がいる。鬼束大我くんがその子。字は違うがおにづかたいが。 なんて前フリはこれぐらいにして、この大我くん、7歳にしてプロのジャズドラマーだ。テレビや新聞で紹介されたのを観たり読んだりしていたのだが、偶然にも高槻ジャズストーリーで彼の演奏を目の当たりにすることができた。 7歳とは思えないテクニックだ。プロのミュージシャンと互角にセッションしている。今日はベースの人と目で合図しながら演奏を楽しんでいた。 ... [続きを読む]

受信: 2006.05.04 22:28

» 高槻ジャズストリート [小さな幸せ日記]
もう何年もやってるそうですが、たまたま職場にポスターを持ってきた人がいて、たまたま私がそれを見て、たまたまそこに知り合いのピアニストさんの名前が書いてあり、行ってみると、 [続きを読む]

受信: 2006.05.07 13:58

« 甲子園球場で六甲おろし | トップページ | 高校生の定期演奏会 »