« 6th.Kobe Modern Jazz Club Live | トップページ | ハンクジョーンズ »

あおげば尊し

先日「あおげば尊し」という映画を観た。Dsc01626
主演の教師役にテリー伊藤、その妻に薬師丸ひろ子
テリー伊藤の父親で寝たきりの元教師役に加藤武。
監督は市川準
原作は教育や家族を題材にした作品の多い「重松清」
重松氏の本はたくさん読んでいるので、その映画化ということで楽しみにしていた。
ただ、テリー伊藤の教師役は少々疑問だった。
もう少し人間臭さが表現されるのかと思ったが、
意外にもあっさりとした演技・・・・・
担任をする小学生が死に興味を持つ
死と言うことを学ばせるために寝たきりの自分の父親の姿を見せるAogeba
父親も元教師のため、見せてやれと言う。
教え子から慕われていないように思われる元教師
最後の葬式の場面では「先生!」「先生!」と
教え子から声がかかる・・・・・
この場面が感激の場面で、会場から鼻をすする音が・・・・・
82分と言う短い映画であるが、考えさせられる映画ではある。
一般の劇場で上映されていないのが残念。
これはすでにDVD化されています。
重松さんの作品は他に「疾走」「ヒナゴン」などが映画化され
DVDにもなっている。

|

« 6th.Kobe Modern Jazz Club Live | トップページ | ハンクジョーンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/11745430

この記事へのトラックバック一覧です: あおげば尊し:

» NO.165「あおげば尊し」(日本/市川準監督) [サーカスな日々]
父さん、死ぬってどういうことなんだろう? 僕らはまだ、曖昧としている。 市川準監督は1948年生まれ。画家志望であったが、東京芸大を目指すも落第。CM制作会社に入社し、「禁煙パイポ」「箪笥にゴン」「エバラ焼肉のたれ」などの話題シリーズのCM制作者として、注目を浴びた。映画への進出は1987年だから、40歳近くの作品となる。富田靖子主演の「BU・SU」である。 この映画の主役として、劇場映画初出演となったテリー伊藤は1949年生まれ。日大闘争で�... [続きを読む]

受信: 2006.09.06 11:13

» あおげば尊し [Schicksal]
やっとあおげば尊しをレンタルしてきて見た。 原作を読んでしばらくたってから見たんだけど、原作を思い出すことができた。テリー伊藤が主人公としてどうなんだろうと思ったけど [続きを読む]

受信: 2006.09.10 21:29

« 6th.Kobe Modern Jazz Club Live | トップページ | ハンクジョーンズ »