« 今日も勝ったタイガース | トップページ | 本物です阪神タイガース »

久々のJAZZ ON TOP

今日は仕事が会議の関係で早く切り上がったのでDsc01843
本当に久々に大阪、梅田の「Jazz On Top」へ・・・
改装してから何と初めてです。
どのように変わったか・・・いつものようにドアを開くと
右に曲がるのではなく、いきなりフロアーに
そして、ステージ前がボックスのような席に・・・・
「Jazz On Top」のロゴも青く光っている。
ボックスの後ろに座っていると・・ママが
久しぶりの感激にお互い慕っていると・・・・
前の席のほうがと勧めてくれる
ピアノのすぐそばの席へ移動
今日はギターの畑さんを中心としたトリオDsc01875
畑ひろし(g) 原満章(b) 井上さとみ(p)で
ヴォーカルはハウスヴォーカリスト、清水ひろみママ
最初はインストで
「エンジェル・アイズ」「 バーモントの月」「月に願い」をなど
そしてひろみママを加えて
「降っても晴れても」「ルート66」「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー 」
「LOVE」「ブルームーン」「ドント・エクスプレイン」「センチメンタル・ジャーニー」
「アイル・ビー・シーイング・ユー」「アイ・キャント・ギヴ・ユー・エニシング・バット・ラヴ」Dsc01891
「ムーン・リバー」「涙そうそう」「恋人よ我に帰れ 」「虹の彼方に」
そして最後にかなり走った「バイ・バイ・ブラックバード」が歌われた。
3ステージ、あっという間でした。
井上さんのピアノも、畑さんのギターも久しぶりでした。
病気をしたと言うマスターも復帰され、新たな野望をお持ちのよう。
なんか久しぶりのJOTで少々感傷的になっておりました。
やっぱ生の演奏がいいですね。

|

« 今日も勝ったタイガース | トップページ | 本物です阪神タイガース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/12091269

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のJAZZ ON TOP:

« 今日も勝ったタイガース | トップページ | 本物です阪神タイガース »