« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

6666切り番

カウンターが6666になったのは11月23日6666
どなたが踏まれたのかと思っていたところ
メールが届きました。
そして、6666の画像も添付していただいて
自分の画面が送られてくるのって
不思議な気分ですね。
でも、たくさんの方に見ていただいていることに
感謝!感謝!

私のことを知らない人は
「どんな人だろう?」と思い
私のことを知っている人は
「またこんなことしている・・・」
なんてことになっているのかな
まぁ・・皆さんに紹介できる生活を送りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MIGNONETTE(ミニョネット)

兵県立美術館でのコンサートの帰りにDsc02680
「MIGNONETTE」(ミニョネット)でケーキを買った。
以前もロールケーキを買ったことがあるが、
今日も時間が遅く、残りも少なくなっており
チョコのロールケーキにした。
場所は神戸市灘区岩屋北町5丁目1-11
阪神岩屋駅を西に信号ひとつです。Dsc02682
小さなお店ですが、美味いです。
明日月曜は定休日、一度お試しあれ。

先日行った、摂津本山「神戸NANA」のコーヒーも美味かったです。
ここのケーキはいろいろ変わっている。Dsc02596ユニークなケーキがたくさんある。
店員さんもさわやかです。
阪急岡本側は学生の街という感じがするが南側もいいお店がありますね。
摂津本山の西に「Born Free」といJAZZライブをやっていた店が以前あった。Dsc02606
休業していたが、12月から再開するようです。
またライブに足を運ぼうかな・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JAZZと武満徹の歌と北浪良佳

うれしいことに突然ですが「JAZZと武満徹の歌と北浪良佳」というHanada
コンサートのチケットいただいた。
縹(はなだ)賞受賞記念コンサートだそうです。
場所は兵庫県立美術館ミュージアムホール。
雨女と自分で言われる「YOSHIKA」さん
きっちり雨でした。
16:00~18:00までの休憩なしのいいコンサートでした。Dsc02620
まずはギタートリオと・・・
ギター馬場孝喜さん、ベース時安吉宏さん、ドラムは竹田達彦さん
あら・・・・あの人は貝原元知事?ではないですか。さすが来賓席・・・
「マイシャイニング・アワー」からはじまって、
「Take the "A" train」「テネシー・ワルツ」
Duke Ellingtonの「IN A SENTIMENTAL MOOD」
YOSHIKA作詞、ただいま子育て中という
カオリンこと西島芳 作曲の「街の人」と続いた。Dsc02660
そして、ピアニスト「石井彰」の登場
インストに続いて、武満徹の世界がはじまった。
「雪」「さよなら」「まると三角」「めぐりあい」
「小さな空」「恋のかくれんぼ」「燃える秋」「見えない子ども」
と、素敵な世界が続いた。
JAZZシンガーYOSHIKAの違う一面を見た。
アンコールはボーカルクイーンになったときの「It's A Wonderful World」
さすがというアレンジでしたね。YOSHIKAバージョンになってますね。
Dsc02673
観客は年齢層が高い・・・これには驚いた。
そして、携帯でシャッター音鳴らしながら撮るのやめて欲しいな。
(といいながら私はデジカメでしたが)
すり鉢状のホールで、席が少々窮屈でしたが、Dsc02669

音もよく、じっくり聞くことができました。
ギタートリオ、石井氏のピアノともに
軽快でパワーがありのりの良さ、楽しさを感じるものでした。
太ちゃん・・・・ありがとう      提供 茶房VOICEでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6666を超えました

今朝、ブログを書こうと見ると「6682」・・・・Dsc02493
「6666」を超えておりました。
さてさて、どなたが踏んでくださったのか。
ジュリリン踏めましたか?
私が踏みました、という方
どうぞご連絡ください。
何かサプライズがあるかも・・・かも、かも

たくさんの方、見ていただいてありがとう・・・。
携帯からご覧いただいている方もあるようです。
携帯用にという配慮をしていませんが、見ることはできるようです。
どうぞご意見ご感想を書き込んだり、メールをいただければと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりのジュリリンライブ

大阪のJAZZ'Y「JaM3F」というお店で
ジュリリンこと南樹里さんのヴォーカルとP1010009
吉尾敬彦さんのピアノを聞いた。
カウンターとテーブル席、あわせて20名ほどのお店。
ネットで知って予約をしていったが、丁寧なお店でした。
お店は、北新地の本当に入り口、地下から階段を上がり、
見上げるとすぐ前だった。
お店に入ると、カウンターにジュリリンが・・・
お久しぶりと出迎えていただき、腰痛談義。
ステージは吉尾さんのソロで始まり
「降っても晴れても」「オン・ザ・スロー・ボート・チャイナ」
「Tea For Two」「酒とバラの日々」「枯葉」と・・・
セカンドはソロの「スターダスト」から
「オン・ザ・サニー・サイド・ストリート」「スタンド・バイ・ミー」
「ダイアナ」「星に願いを」「太陽は燃えている」
そして、最後に定番「ザ・ローズ」を聞かせてもらった。
熱い歌でした。元気をいただきました。
初めて聴きに来た人にも楽しく、わかりやすくP1010044
溶け込めるようと話も曲も考えてください
ジュリリンの人柄がよく出ていました。
吉尾さんの話も、いつもの楽しさで
心から楽しませていただいた・・・・。
アットホームな感じでゆっくり出来ました。
「カラスミ」ご馳走様でした。
写真も撮っていただき、感謝・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日までそして明日から

今日は朝からいい番組を見た。Dsc02577
「今日までそして明日から 吉田拓郎・3万5千人の同窓会」
以前見ることが出来なかったもの。
舞台裏が、裏話がおもしろかった。
31年間、私は今日まで生きてきましたDsc02579
そして今、私は思っています
明日からもこうして生きていくだろうと・・・。
会場のみんながそう思っていると思います。
平均年齢49歳・・・頑張りましょう
Dsc02572

| | コメント (1) | トラックバック (0)

吉田拓郎・3万5千人の同窓会

以前NHKで放送された吉田拓郎&かぐや姫いnつま恋2006の舞台裏を放送した番組
録画ミスで見ることが出来なかった・・・・・。
今再放送しています。姉から教えられて再放送があるのは知っていたが、
新聞見て「今日だ!!」と、(録画ミスがないように)すぐにビデオセットして
現在見ております。
旧友再会(フォーエバーヤング)、ペニーレインでバーボン、イメージの詩
妹、なごり雪・・・・などなど
写真家田村仁さんやつま恋の管理者の方など偶然の同級生だと・・・。
平均年齢49歳の35000人の集まり。
凄いことですよね。
どの場面を見ても、感動するよりも感傷的になるのは何でしょうね。
観客を見ると31年の歴史、自分も置き換えてみてしまいますね。
番組の中で出てきたレコード、全部持ってます(持ってました)。
「イメージの詩」「元気です」などなど・・懐かしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KOBE nana

仕事で摂津本山に行った。Dsc02530
どうしても喫茶店を探してしまう。
ありました駅の南に「伝」というお店。
萩原珈琲の豆を使っているようで
コロンビアを飲んだ。
猫がお好きなお店のようで
店の中には猫に関する本や置物などいろいろなものがあった。
ケーキ屋さんもあるかなと思い
駅の南を散策・・・・・・Dsc02543
ありました、「nana」・・・・
10月に開店したばかりのお店だそうですが、
おもしろそうなプリンやムラサキ芋のケーキ・・・・
「nana」ではなく「nakanaka」のおいしさでした。
お店の中でもコーヒーを飲んだり出来ます。
駅の南を少しだけ西に行ったビルの1階Dsc02548
他には、大阪堀江や伊丹にもあるようです。

このプリン・・・とてもかわいいです。
食べた後はクッキーやキャンディー入れに
なんとなくほんのりしますよね。
Dsc02556

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6666が見えてきた

カウンターをつけてから
たくさんの方に見ていただいていることを実感できるようになった。
5555,6000と切り番を過ぎたが
切り番ゲットの声は聞いていない。
残念ながら取れなかったという声はちらほらと聞きます。
週末しか更新できないブログですが
東京や千葉、福井、滋賀、徳島、そして地元から
たくさんの人に見ていただいています。

少々残念なのは見ていただいた方に
足跡を、コメントを入れてもらえればと思います。

0000003m
最近、JazzのLIVEに行くことが激減し
本当で近くで聞くことがなくなった。
今週は行くぞと今から計画を練っています
私のJazzは人つながりのJazzで
最初に聞いたピアノの素敵なおじさんと
ザ・ローズを聞かせてくれた素敵なお姉さんの歌を
聞きに行こうと思っています。
その方の切り番を踏んだな・・・・かなり前の話ですね。

ぜひぜひ・・・みなさん足跡をコメントで・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お久しぶり

今日久しぶりに、友人にあった。Dsc02507
甲子園に行くのに大変お世話になっている方。
2ヶ月近く会ってなかったかな?
仕事が変わってから、なかなか行けない三宮
交通センタービルにある「」というお店
見晴らしもよく、フラワーロードから市役所ののっぽビルが見える
テーブル、座敷、ソファーと静かでゆっくりと飲める
お客さんも年齢層が高いので、落ち着いている。Dsc02508
料理も素材がよく、美味い
特に豆腐が美味い
そのまま、塩、しょうゆと三種類で味わう
これが美味いんです。

食事兼少々のお酒を
お互いもうたくさん食べる年ではないようでおいしいものを少しずつ
そして、ゆっくりお酒を飲む
Dsc02509
話しをするほうが、酒が美味い。
お互いの仕事の様子を酒の肴に
・・・・・・・・
それでも、最後はやはり
来年の阪神タイガースの活躍を
祈ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神タイガースファン感謝デー

Dsc02474
今日は「阪神タイガース」のファン感謝デー・・・・
今年は申し込むことすら忘れていた・・・・
ので、買い物がてら、球場を見に行ってきた。
球場の周りには紅葉した木が・・・・
しかし、球場正面あたりは、もう蔦がなくなっていた。

Dsc02475
たくさんのタイガースファンが来ていた小雨模様・・・井川を見送る涙雨か
井川のグッヅもたくさん売られていた。
年に一度と言うことで福袋を買った。
藤本と赤星のユニホームが入っていた。
来シーズンはこれを着て行くか・・・・・。

Dsc02482

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハードな一週間

この一週間、ハードでした。Dsc02468
先週もかなりでしたが、この一週間は本当にきつかったな。
帰りも遅くなり、コートの必要性も感じるくらい夜は冷え始めた。
街の木々も紅葉をはじめ、
夜の明かりに照らされ、昼間とは違う姿を見せている。
家でパソコンに向かう時間も少なかった。
時間的な余裕がなくても
心に余裕をと思うが(ちょっと格好良過ぎますか)
その余裕はなかったな・・・・
この二日で充電して、また頑張らないと・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦場のアリア

映画サークルのチケットをいただいて「戦場のアリア」を見た
いい映画でしたよ。ドイツ、フランス、イギリス(スコットランド)軍のかかわりが最初わかりにくかったが、
最前線での戦場でのクリスマス休戦。0611_photo
言葉も背景も違う中で、起こった事だとされる。
戦争を考える中で、ほっとする一面を見た。
この後、どうなったのか、少し考えたな。

その聖なる日、銃声が止んだ。
1914年、第一次世界大戦下。フランス・スコットランド連合軍と、ドイツ軍が連日砲弾を鳴り響かせているフランス北部の村。クリスマスだけは家族の元へ帰りたいと兵士の誰もが願っていたが、戦況はますます熾烈さを極めていた。やがて訪れたクリスマスの夜。ドイツ軍には10万本のクリスマス・ツリーが届けられ、スコットランド軍の塹壕からはバグパイプの音色が聞こえてくる。そして、奇跡はおこった―。歴史に置き去りにされた、真実の物語。
監督:クリスチャン・カリオン
出演:ダイアン・クルーガー/ベンノ・フユルマン/ギヨーム・カネ/ゲイリー・ルイス/ダニー・ブーン/
2005年/フランス・ドイツ・イギリス/117分

DVDですでに発売されていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学園祭

今日はひょんなことから大学の学園祭に行った。Dsc02427
この連休が学園祭のようで・・・今日は最終日?
もう何年前なんだろう・・・こんな光景は
でも、自分が学生の頃には学園祭には行かなかったな
(行けなかったな・・・・が正しい言い方だな)
天気もよく、キャンパスには若い学生があふれ
自由を楽しみ、活気に満ちている感じがした。
何でもいい、打ち込めるものがあればと思う。Dsc02431

車で2時間程度のドライブ・・・・
窓を閉めて走るには日差しも強く暑いスピードを出すわけでもなく、
ゆったりと時の流れの中で車を走らせるのもいいもの
Dsc02425
疲れたときにコーヒーを・・・・
やっぱりコーヒーの旨さは「Voice」が一番かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6000超えました

カウンターが6000を超えました。Dsc02421
さてどなたが踏まれたのか?
いい天気でしたね。上着を着てると暑いぐらいで・・・
街には花がいっぱい、いい季節です。
コーヒーを飲みながら、浅田次郎の本を読む。

夜は、鍋物がおいしい季節になりDsc02423
鍋物には日本酒と・・・・・
酒に強い訳ではないので・・・・・
すぐ一眠り・・・・・・。
明日も休みだからと、少し気が緩む。

秋の夜長、BGMはJazzで・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ6000

今日は文化の日で金曜日なのだけれども
どうしても土曜日のような気がする。
この一週間は本当に大変だった。
帰りが遅くなり、日が変わることも・・・
仕事でですよ・・・飲んで、遊んでではないですよ
今日はコンサートに行って少し気分転換
1年ぶりにあった人も元気そうで・・・・
このブログも先日までは、5555でにぎわったが
もう6000が目前です。
6000を踏まれた方は、どうぞ連絡をくださいね。

テレビではMOZARTを放送しています。
訳わからないドラマや見るに耐えないお笑いよりは
いいですよね・・・・・・。

さて明日はどんな音楽を聴けるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトリエ澤野コンサート2006

今日は待ちに待った「アトリエ澤野コンサート2006」のコンサートであったが、
訳ありで、会場のなんばHACHへ到着したのが開演後1時間ほど経ってから
その上、チケットは知り合いが持っている・・・。Dsc02397
会場に着いて「休憩は終わりましたか?」
「まだです」・・・・・
なら、休憩時にチケットを受付まで持ってきてもらえるかも・・・・
と甘い期待をしながら・・・・そのとき受付の方が
「お名前は?」「○○です」
「お知り合いの方は?」・・一瞬時間があり「T・・・K・さんです」
「あ、あ、お預かりしてます」「本当ですか・・・・・」と
エスカレータと階段で2階席まで・・・座るのはあきらめて、休憩までは立ち見で
1年ぶりのミラバッシ・・・・今日はアコーディオントリオとのジョイント
アンコールも含めて、4曲聴けました
休憩時間に、席まで行き遅れたお詫びを・・・・・
本当に申し訳ありませんでした。心配させてしまいました。
席は東京の知り合いが取ってくれた、一番前・・・・。いい音です。
休憩後は、ウラジミール・シャフラノフ・トリオ・・・・Dsc02399
切れのいい、シンプルな音でした。
6曲があっという間に終わってしまいました。
アンコールはピアノソロで・・・・
最後は澤野社長の手招きで全員がステージに・・・

残念なのは最初の澤野社長のMCが聞けなかったことDsc02400
もう来年の計画を話されたようです。

帰りには入り口でのサイン会・・・
気さくに皆さんサインに応じてくれました。
毎年の恒例になった「アトリエ澤野コンサート」
さて、来年はどんなメンバーかな?

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »