« 学園祭 | トップページ | ハードな一週間 »

戦場のアリア

映画サークルのチケットをいただいて「戦場のアリア」を見た
いい映画でしたよ。ドイツ、フランス、イギリス(スコットランド)軍のかかわりが最初わかりにくかったが、
最前線での戦場でのクリスマス休戦。0611_photo
言葉も背景も違う中で、起こった事だとされる。
戦争を考える中で、ほっとする一面を見た。
この後、どうなったのか、少し考えたな。

その聖なる日、銃声が止んだ。
1914年、第一次世界大戦下。フランス・スコットランド連合軍と、ドイツ軍が連日砲弾を鳴り響かせているフランス北部の村。クリスマスだけは家族の元へ帰りたいと兵士の誰もが願っていたが、戦況はますます熾烈さを極めていた。やがて訪れたクリスマスの夜。ドイツ軍には10万本のクリスマス・ツリーが届けられ、スコットランド軍の塹壕からはバグパイプの音色が聞こえてくる。そして、奇跡はおこった―。歴史に置き去りにされた、真実の物語。
監督:クリスチャン・カリオン
出演:ダイアン・クルーガー/ベンノ・フユルマン/ギヨーム・カネ/ゲイリー・ルイス/ダニー・ブーン/
2005年/フランス・ドイツ・イギリス/117分

DVDですでに発売されていますよ。

|

« 学園祭 | トップページ | ハードな一週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/12653931

この記事へのトラックバック一覧です: 戦場のアリア:

« 学園祭 | トップページ | ハードな一週間 »