« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

京都市ジュニアオーケストラコンサート

知り合いの紹介で「京都市ジュニアオーケストラコンサート」へ行ってきた。Dsc03546
京都コンサートホールの大ホールで行われた。
指揮は山下一史さん
100名を超える11歳から23歳までのメンバーが繰り広げるクラシックコンサート
今日のプログラムは
ベートーヴェン:劇付随音楽「エグモント」序曲
チャイコフスキー:バレエ音楽「白鳥の湖」作品20より
  情景、ワルツ、四羽の白鳥の踊り、ハンガリーの踊り、グランドフィナーレ
休憩後Dsc03554
ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調「新世界より」作品95
第1楽章 アダージョ-アレグロ・モルト
第2楽章 ラルゴ
第3楽章 スケルツォ
第4楽章 アレグロ・コン・フォーコ
アンコールにはブラームス:ハンガリー舞曲で応えてもらった。
京都市交響楽団のバックアップによるジュニアオーケストラ
ここから将来のスターが育つのかな・・・・・
これだけたくさんの人でひとつの曲を仕上げていくのは
一人で演奏するのとはぜんぜん違う楽しみ、充実感があるだろうなと思う。
たくさんの人に見守られて演奏できる素晴らしさ
Dsc03536
今回が第2回だということですが、末永く続くように御支援を・・・・
指揮者の山下さんの言葉をその通りだと思った。

京都といえば京都タワー・・・それを背景にアトムが空を飛ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六曜社コーヒー店

京都の三条と四条ののあいだ、河原町通りにある「六曜社コーヒー店」に行った。
雑誌でもよく紹介されている古くからのお店です。Dsc03562
1階と地下があり、今日は1階のお店に。
テーブル席だけで、30名くらいはいれるかな?
本当に時代を感じるお店ですね。
お客さんも常連ばかりという感じ・・・
ゆったりとコーヒーとドーナツを・・・・。
このドーナツが良かった。Dsc03563
ドーナツといえばミスタードーナツと思ってしまうようではだめですが
なんとも硬い。フォークで切れない・・・・。さらがガタガタ言いそうで
しっかり押さえて切る。
そのとき隣のおじさんが、「ドーナツある?きっといてね・・・」
この一言が常連だね。でも、いい味してましたよ。
次から次へとお客さんが・・・・「すみません、いっぱいで・・・」
という声に動じないお客さん・・・・・Dsc03567
動じてしまう・・・私。帰りにブレンドを100g買って・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピカソとモディリアーニの時代展

大丸ミュージアムに「ピカソとモディリアーニの時代展」を見に行った。Dsc03534
ピカソとモディリアーニのほかに
ミロ、クレー、ブラック、レジェ、ユトリロなどを見ることができた。
キュビズムは難しいですね。よくわかりません。
【第一章】ピカソ/キュビスムの世紀
【第二章】モディリアーニ/芸術の都パリ
【第三章】ミロ/シュルレアリスムから抽象画へDsc03535
【第四章】ビュッフェと素朴派/二極化する具象表現で構成されていた。
平凡な私が一番いいなと思ったのはユトリロの「サン=ルイ=アン=リル通り」でした。
写実的に書かれていることで素直に受け入れることができた。
あとはモディリアートが縦に長くデフォルメした作品の中で
チケット等にも使われた「母と子」が良かった。
会場はたくさんの人でした。皆さんえらいなと思った。
私はチケットをもらったから来たのだけど・・・・でも、穏やかな気持ちにはなれましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のアマレーナ

なんとなく甘いものが食べたくなってDsc03515
帰りの電車を途中で降りて
芦屋の「アマレーナ」に寄った。
しっかりとした味で、新しい作品(商品)の創作にも余念がない。
暖冬ではあるが、それでも外は寒い
でも、外でお茶をしている人がいた。
雰囲気がいいんですよね、ここは。Dsc03528
場所はJR芦屋駅南、いかりスーパーの東側の細い路地を南へ
すぐにわかります。とてもかわいらしいお店。
いろいろなケーキがあり、好きよりも種類を買ってしまう。
誰がどれを食べるかなと・・・・
考えることもプチ幸せ。
ここのところお気に入りの「コロンビア」を豆から挽いて
豆が膨らむのを楽しみながらドリップで・・・・
家族みんながそろって・・・・まだまだ我が家は健在です。
今日のケーキは、上から左へ
アマレーナ、ゴンゴゾーラのスフレ、カッサータ
チョコラータクラシカ、、ズコット、でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石野見幸

先日NHKの番組でJAZZ VOCALIST「石野見幸」さんを見た。Pa0_0020
がんとわかった上でJAZZを歌い続ける。
いろいろなところで感動が伝わってくる。
YAMAHAをはじめ、DISK-PIERでも大きく取り上げられていた。
私は最初、「JEUGIA」で知った。
CDを聞いても本当にパワフルである。
メンバーは大石学(p)、鷲見和広(b)
海野俊介(dr)、シーノきのはら(vil)
河田健(ts)、鈴木央紹(ts)で、丁寧でパワーのある演奏だ。
たくさんの人がブログでも書いておられる。Cd_b
少しでもたくさんの人が歌声を聞いてもらえたら
それががんと戦う石見さんの力になるのではないかと思う。
元気でいる自分、もっと頑張れるのでは・・・・・
と・・・思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマデウス

元町商店街、「はた珈琲店」の前(南)に喫茶「アマデウス」がある。Pa0_0022
階段を下りると結構広いスペースに重厚なテーブルと温かみのある椅子。
ここはクラシックを聞かせてくれる喫茶店
珈琲はドリップで「Noritake」のとても素敵なカップに入ってきた。
ブレンドを飲んだが、香りはそんなに強くなく飲みやすいが
後に渋みが残る感じがする。
ミルクを入れると美味いんだろうと思うと
メニューにお好みでミルクを入れて「ウィーンコーヒー」と書いてあった。
店内はグランドピアノもあり、30席くらいあって結構ゆったりとしている。
本棚にはかなりの古さを感じさせるモーツァルトの本がたくさんあった。
お客さんは10人ほど。すべて男性。
結構年配で、常連さんのようでしたね。Pa0_0021_1
静かなクラシックのBGMを聴きながら、結構大きな声での会話
歴史を感じさせますね。
サロンコンサートなどもよくされているようで
ゆったりとした気分にさせてくれるのかなと・・・・・
神戸市中央区元町通5丁目4-8三木ビル地下
℡/Fax078-371-0605

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靴に恋して

映画サークルの例会のチケットをいただいてAvbf22323
今月も「靴に恋して」を見た。
2002年のスペイン映画で、靴にかかわり数人の女性が登場する。
スリッパを履く女性タクシードライバー
靴を盗む女性
靴屋に働きながらデザイナーを目指すが、盗みをする女性
スニーカー履いた知的障害を持つ娘を持ちながら売春宿の経営者の女性、などなど
その女性達が男性を絡めながら最後は結びついていく。
最初はどんな展開になるのか・・・・・よくわからない映画でしたが、
途中からは展開も速く、人の気持ちも旨く表現されていて
よくわかる映画であった。最後までしっかり見るべきですね。
最後の語りは本当にこの映画のまとめでしたね。
上手くすべてをまとめていた。
「The Shadow Of Your Smile」をはじめとする挿入歌よかったと思う。

もうすでにDVDも出ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手紙

梅田の「シネ・リーブル」で「手紙」を見た。Dsc03332
「手紙」といえば由紀さおりと岡林信康を思い出す。
死んでもあなたと暮らしていたいと・・・・(由紀さおり)
私の好きなみつるさんは・・・・・(岡林信康)
東野圭吾さんの「手紙」を映画化したもの
書店では文庫本が山積みされている。
武島直貴(山田孝之) の兄剛志(玉山鉄二) は、弟が安心して大学へ行けるような金が欲しくて、家宅侵入・窃盗を行ない、家の住人に見つかり結果殺人を犯してしつかまる。そのために直貴は「強盗殺人犯の弟」という目で見られ続けて世間の壁を感じ、さらにそれが、何をやるにも足かせとなった。その度に彼の想いは揺れる。刑務所の中に居る兄にはわからないつらい目にあってしまう。自暴自棄になることもしばしばである。兄ととれる唯一のコミュニケーションが手紙だった。それが疎ましくても懐かしくても。 犯罪加害者の親族の視点に立って、その心情の動向が丹念作られている。また、被害者の自宅にもお詫びの手紙を書き続ける兄、しかし手紙を見るたびにそのことを断ち切れない被害者家族。手紙が気持ちを伝えながら、記憶も伝え続けている。手紙を通じて考えさせる人間関係がよく描かれている。直貴に一方的にアプローチする白石由美子(沢尻エリカ)が、彼女自身もある事情を抱えているが、精神的支えとなり重要な役をしている。
真面目に学校で見る道徳の教材としてもいいと思うような映画である。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

丸福珈琲店

「Lマガジン」にのっていた「丸福珈琲店」に行った。Dsc03301
大阪、千日前の近く、また道頓堀から南へ降りたところ
古い建物が歴史を感じさせる。
土曜、日曜は近くのJRAのお客さんか、新聞片手の方も多い。
かなりの席数がある。
構えだけでなく店内も歴史を感じさせる。
好みで言えば、構えが大きすぎる。
もう少しこじんまりとしたお店がDsc03308
一人で行くのにはいいかなと思う。
たくさんでわいわい語らうにはこれでいいかなと・・・。
喫茶店もそのときの気分で行くお店を変えるのもいいかな。
それでも、珈琲のおいしいお店でないとね。
Dsc03306
この日はブレンドを・・・。
アルミ製のオリジナル抽出器具(ドリッパー)で淹れるそうだ。
結構濃い味なんだけど、後味がすっきりしている。
こだわった煎り方、淹れ方があるんだろうなと思わせる。
帰りにカウンターの中のおじさん(店主)
こだわりのありそうな職人顔でした。
さすがこの道40年。・・・匠ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はた珈琲店

三宮で会があった後に西元町までぶらぶらと・・・・Dsc03499
休みの日の人では多く、センター街、南京町
そしてJRAに行くおじさんたち・・・・・
だんだんと人通りが少なくなってきたところで
角に大きな木の看板に「はた珈琲店」と白い文字
独特の文字で、インパクトがある。
「萩原珈琲」「茜屋珈琲」「ふるもと珈琲」などなど・・・Dsc03502
同じ雰囲気のお店です。
しっかりとした木を中心にした店作りで
たくさんの珈琲カップが、壁に置かれさらにはカウンターの上に吊るされている。
来たお客さんの服装に合わせて選んでくれるとか
今日のこのカップから私の服装は?
その場で豆を挽き、丁寧に一杯、一杯心を込めて
たっぷりと豆を使いドリップで点ててくれる。Dsc03504
この手のお店では「はずれ」はないと思います。
BGMは控えめにJAZZが流れていた。
ブレンドに「はた」「あじさい」など何種類かある。
HPには珈琲の点て方などもあり、勉強になる。
おいしい珈琲の味わえる店だと思う。
しばらく「コロンビア」の飲み比べをしてきたが、
これからはブレンドの飲み比べをしようかなと思う。
どこかおいしい珈琲屋さんがあればお教えください。Dsc03508

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震災から12年

少し遅くなったが、1月17日震災から12目を迎えた。
怪我の治療のために行った病院で見た光景
つぶれた家屋の状態など、薄らいでは来ているが
まだまだ記憶に残っている。
神戸も元気になってきているが、
まだ傷跡は残っているし、人の心の傷跡は癒えていない。

昨晩、NHKの「@ヒューマン」という番組を見ていた。
詳しくは「つながるブログ@ヒューマン」に書かれている。
その中に、【Voice@ヒューマン】「震災から12年 母の死を乗り越えて」のコーナーがあった。
ここに出てきた中島さん・・・・あらら、どこかの喫茶店でバイトしている女の子。
Voice@ヒューマンはコーナーの名前のようですが、偶然ですね。
こんなつながり方をするとは・・・・。
自分の知ってる方の過去のことをテレビで知ることになる。
震災でお母さんをなくされて・・・・介護の仕事をしながら歌の勉強。
そして、余命を知りながら点滴をリュックで背負いながらリハーサルをし、
ライブをするジャズシンガー石野見幸さんとの出会い。
彼女のCDのことはブログで見て知っていたが、こんなつながりになるとは。
人はそれぞれ口にしないけど、いろいろな背景を持っている。
上辺だけではわからないのだけど、語りたくないこともあると思う。
テレビで見たけども、今までの中島さんで、今までの接し方で行きましょう。
さわやかで明るい・・・・・・また、美味い珈琲を飲みに行きますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ8888

もうすぐです・・・今見るとカウンター「8861」
「8888」が見えてきました。
さて、どなたが踏んでくださるのか・・・・・。
もうすぐ「10000」になるんですね。
いつも覗いてくださる方
検索に引っかかり来てくださる方
私から無理やり見ろといわれてみてくださる方
私のことをよくご存知の方
などなど・・・・・
つたないブログですが、見ていただいてることを気にしながら
日記的に、情報発信に、元気な証拠に
また、見に来てください。
そして、ぜひぜひ足跡を残してください。
そう、見られたらコメントを書いてください。
そこから新しいつながりができるかもしれませんよ。

「8888」を踏まれた方
是非連絡を下さいね
また、このブログで紹介させていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JAZZ ON TOP 松浦美由紀 オクノヒサコ

行きました。Jazz on topへP1160057
今日は多田恵美子さんの伴奏で、
miyuki-ponこと松浦美由紀さんと
先日ACTⅢで初めて聞いたオクノヒサコさんのヴォーカルでした。
1stは「虹の彼方へ」「明るい表通りで」P1160015
「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」「スマイル」
「スロー・ボート・トゥ・チャイナ」「ブラック・コーヒー」
「ブレイム・イット・オン・マイ・ユース」
「アイ・キャント・ギヴ・ユー・エニシング・バット・ラヴ 」など
2ndは「シェルブールの雨傘」「いそしぎ」
「スカイ・ラーク」「恋人よ我に帰れ」
「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ 」P1160076
「デイ・バイ・デイ」「ユー・アー・マイ・サンシャイン」など
3rdは「バードランドの子守歌」「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」
「アントニオ・ソング」「トゥー・レイト・ナウ」
「バイ,バイ・ブラックバード」など・・・・・
楽しいMCと素敵な歌でした。
お二人とも歌詞を大切に心を込めて丁寧に歌っておられた。
もう少しのりで崩しても、いいかな?Dsc03491
でも、お客さんもみんな真面目でしたものね・・・・。
okunoさんの1stのMCは英語でしたね。
驚きですが、意表をつき印象的でした。
それをうけて、miyuki-ponは中国語で
さすが○の功、上手いです。

JAZZカレー食べました。Dsc03475
肉が柔らかくて濃厚な味
マスターがワインたっぷりといっていたのがわかる。
口に入れたときはそう感じなかったが、
後で来ますよピリピリと・・・いい刺激です。
癖になりそうな、カレーでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

昼のJazz On Top ACTⅢ

Dsc03326
以前ライブで行った「Jazz On Top ACTⅢ」に昼間に行った。
昼間はJazz喫茶、夜とはどう違うのか?
以前日曜に行ったときはお休みでした。定休日なのです。
店に入るとテーブル席が増えているような・・・・Dsc03317
ライブがないので、その分テーブルが広がっている。
そのテーブルに一人ずつのお客さん、4名です。
何故かカップルでもなく、先日のライブのときの
女性ばかりではなく、全員男性でした。私も含め・・・。
壁面いっぱいのアナログLPとJBLのスピーカーが
jazz喫茶を象徴している。Dsc03320
Jazz喫茶の珈琲は東京のかの有名な「○グ」というJazz喫茶の
もう飲めない珈琲で懲りているが、神戸のJazz喫茶でそこは挽回
やはり喫茶店の命は珈琲です。
で、Jazz On Topは、フレンチな感じでこくのある珈琲でした。
で、一番のお勧めは「JAZZカレー」だそうです。
JAZZとカレーは合うのかな?
神戸のSAVOYのカレーも絶品です。
次回は是非「JAZZカレー」を食してみたいものです。Dsc03323
夜はいっそう雰囲気を出すであろう、バーコーナー(カウンター)も素敵な雰囲気をだし、
マスターのJAZZのかける熱き思いが伝わってきます。
今回はゆっくり出来ませんでしたが、
次回はゆっくりできるように・・・・
明日はhisako okunoさんとDsc03328
miyuko_ponこと松浦美由紀さんのヴォーカルナイト
これはJOT梅田店ですね。
「いのち」の大切さを感じ、少々落ち込んでいますが
明日はJOTで元気をもらいましょう。
また、ライブの様子はブログで・・・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

元気○(まる)ラーメン

Dsc03460久しぶりに「元気○(まる)ラーメン」に・・・・
場所は国道9号線はさまじ峠の北
コーナンや百万ボルト、マックスバリューなどが並ぶ一角にある。
店内はカウンター10席と
座敷2テーブル(12名程度)とテーブル席も12名程度
元気な大将の声で迎えられ・・・・・
テーブル席がいっぱいでカウンターにDsc03461
たくさんのメニューの中から
元気タンタン麺とトロトロチャーシューラーメン
それに餃子・・・・・Dsc03466
手際よくラーメンが仕上げられていく
くるたびにメニューも工夫され種類も増え、
こなしていくのが大変だろうと思いながら
手際のよさに感心をする。
元気タンタン麺、店の名前がついているので選んだがDsc03469
これが中級の辛さ。
麺は細麺でスープがよく絡んでいる。
そんなに辛くはないではないかと思っていたが、
徐々に辛さが・・・・額に汗が出てきた。
トロトロチャーシューは少し麺が太く
名の通りチャーシューがやわらかい
麺とスープ、チャーシュー、ねぎなどのバランスがいい
餃子は柔らかい皮としっかりとした中身Dsc03470
あっさりとした感じでした。
あまり雪は多くない冬ですが、
スキー帰りには是非食べてみたいラーメンでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自家焙煎 コルレ珈琲

Dsc03450三田を車で走っているとき、以前から気になる喫茶店があった。
「自家焙煎 コルリ珈琲」
今日は午前10時ごろ前を通ったので、寄ってみた。
カウンターとテーブル席で全部で15席程度。
こじんまりとしたお店ですが、珈琲にはこだわりがある感じ。
珈琲・紅茶のドリンクとケーキ・トースト・サンドイッチくらいの軽食
Dsc03449本当に珈琲屋さんですね。
女性三人で切り盛りされていました。
朝なので本日の珈琲にトーストのつくモーニング
連れは珈琲がまだ得意でないので「チャイ」を・・・Dsc03437
モーニングのためか、珈琲は少し軽く感じましたね。
落ち着いた感じの店です。
次は好みのストレートをと思います。
本日のお勧めとして「雪ブレンド」という珈琲がありました。Dsc03442
おもしろいですね。
帰りにはしっかりと「コロンビア」を買って帰りました。
HPにはブログもあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7th. Kobe Modern Jazz Club LIVE

年に2回行われている「Kobe Modern Jazz Club」の3月LIVEが決まった。
3月3日(土)17:00~、いつもの中華会館で約200名のお客様と
アットホームなJAZZLIVEを楽しみましょう。
今回は「PLAYS BOPS」ということでバップを取り上げます。Kmjc
そして、4本の管と
ピアノ、ベース、ドラムスがどう競演するか・・・・楽しみです。
この会を運営するのは茶房「VOICE」の若マスター、大chan
彼の人柄か、その周りに集まるいろいろな人たち
職種を超え、年齢を超え、楽しい集まりに
学生気分ののりで、毎回楽しんでいる。
そう私もその一人です。
たくさんの人のつながりも出来ました。
毎回お会いする方、3月です・・・もうすぐです
また楽しいライブにしましょう。
チケットは茶房「VOICE」まで
または私まで・・・・・よろしく
何と1000円なんですよ・・・・・本当にお得です。
是非おいでください・・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

珈琲工房トゥリパーノ(Tulipano)

以前情報紙で紹介されていた珈琲工房トゥリパーノに行った。Dsc03380
喫茶店というよりは珈琲豆のお店喫茶スペースはお店の左に少し
右は珈琲豆のスペース。たくさんありました。
喫茶スペースはアンティークな道具がいっぱい
骨董品に属するカメラからミシンまで
Dsc03394
これはきっとご主人の若かりし頃の品でしょうね。
今飲み比べている「コロンビア」を注文
小さなチョコがついてきました。
ストレート珈琲ながら330円はお手頃。Dsc03384
味はさっぱりとしていました。もう少し濃くてもと思った。
豆の煎り方が浅いのかな・・・・
帰りに豆を買って帰りました。グラム350円・・・これもお手頃。Dsc03395
いろんな豆がありましたから
また行って珍しい豆を買ってこようと思います。
家の近くにこんな店があるのはうれしいですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

六車智香ふれあいコンサート

阪神大震災復興祈念コンサート2007「新春」としてDsc03411
六車智香ふれあいコンサートが西宮市民会館アミティホールで開かれた。
1200人を超えるお客さんで、今まで1階でしたが今日は2階席へ
たくさんの人が楽しみにしてるんだと再認識をしました。
このコンサートはカンパ形式のコンサート、一人1000円からのカンパで運営されている。
12月の「ヴォーチェ・ベルステラ」もよかったです。
1250名の観客で100万を超えるカンパがあったと報告がありました。すごい!Dsc03423
第1部の前に薮田唯さんのピアノのプレ演奏がありました。
9月15日に青木千恵子さんなど3人でコンサートをするそうです。(チェック!)
第1部はブルーのドレスで「早春賦」「竹田の子守唄」
「雪の降る町を」「出船」「待ちぼうけ」「ペチカ」
「かやの木山の」ちんちん千鳥」「水色のワルツ」
「わらい」「さくら貝の唄」と歌の解説を軽やかなMCで
加えながら進んだ。
ご主人であるピアニスト金子正樹さんとの暗黙の掛け合いもおもしろかった。
Dsc03426
その後、リム・ユヒャンさんのソロピアノ
「革命」「別れの曲」「英雄ポロネーズ」とショパンの曲が・・・・
隣のおじさん、素敵な曲に打とうと・・・ならいいのだが
いびきをかき始めた・・・・目を覚まさせようと曲が終わると大きな拍手
1部が終わると後ろの空席へ移動していた。
第2部は黒と白のドレスへ・・・・
阪神淡路大震災の犠牲者への追悼の後
「アヴェ・マリア」「糸を紡ぐグレートヒェン」「死と乙女」
「セレナーデ」「ソルヴェイグの歌」「慕情」
「君と旅立とう」「氷のような姫君の心も」と続きDsc03427
最後に明日誕生日を迎えるお父さんに
「私の大好きなお父様」で終えた・・・・・・。
アンコールにはまず、リム・ユヒャンさんが登場
2曲目には、祖国の歌「アリラン」を阪神淡路大震災の
犠牲者、被害者への思いを込めて熱い演奏があった。
(長田にお住まいだったリムさんの自宅も全壊)
六車さんは「からたちの花」「初恋」そして最後は
映画「千と千尋の神隠し」主題歌「いつも何度でも」でした。
コンサート終了後、ロビーでお見送り・・・・・
たくさんの人が握手をしたり、写真を撮ったり
アットホームなコンサートの感じが本当によく出ている。
次は阪神大震災復興祈念コンサート2007「春」が始まります。
たくさんの方に見ていただけるといいなと思います。
春夏とあわせて7回のコンサートがあります。
また、朝日新聞などに紹介があると思います。
ご期待ください。

会場の画像、最後の「故郷」のときに撮らせて頂きました。
コンサート中の撮影ご遠慮くださいということでしたが、
お許し下さい・・・・・・・。
画像、上から六車智香さん、リム・ユヒャンさん、薮田唯さんです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

年賀状

もう新年も10日を過ぎ、年賀状も落ち着いた。
「あて所に尋ねあたりません」で帰ってきた年賀状が2枚。
出したけど返事のないものや突然の年賀状にあわてるなどPhoto_3
毎年のことであるが、落ち着くまでに時間がかかる。
職場にも仕事関係の年賀状が・・・・・。
これは返事を書くというより新年のご挨拶周りを・・・・
今年の最初の話題は、住所も郵便番号もなしでも
会社名だけで年賀状は届くのだと感心した。
会社名と私の名前だけで・・・事務の子が来てますよと・・・・。
わが社も有名になったものだと・・・・・
思っているとタイミングよくその会社の社長から・・・電話が・・・
パソコンのいたずらだと思うが・・・・思い出になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西宮戎神社(えべっさん)

今日は本戎。Dsc03341
我が家から甲子園と反対方向にいくと戎神社の総本山、西宮神社がある。
仕事が終わってから行ったので、かなり遅い時間に・・・。
それでも入場規制がされていた。
今朝、今年の福男を決めるための神事が行われた・・・・・。
昨年と同じ人が福男に・・・・毎年いろいろな論議を呼んでいる。
列の波に押されながら、身を任せて20分。やっとつきました。
たくさんの気持ちを僅かの賽銭に託し・・・・手を合わせる。Dsc03350
そして、御守を・・・・・・。
今年はいいことがありますように・・・。
願いが叶いますように・・・・・。
阪神が優勝しますように・・・それは広田神社か・・・。
阪神西宮駅の南の界隈は露店で賑わっている。
驚いたことに、イタリア、トルコ、フランスなど外国人がやっている露店もある。Dsc03364
どこかのブログで見た「チョコレートホンジュ」が露店にも・・・・
これには驚きました。
帰りに酒饅頭を買おうと思ったが、売切れ御免でした。
仕方なくベビーカステラを・・・・。
まだ新年はじまったばかり、夢を持ち続けましょう・・・・。Dsc03361_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GREENS Coffee Roaster

大学時代から珈琲は本当によく飲むし、大好きである。Dsc03254
目の前で一杯一杯点てもらうのが好きだ。
だから、初めての喫茶店でもよくカウンターに座る。
自分で豆を挽くのにも憧れ、ミルもかなり前に買った。
その前のカップは30年前良く通った喫茶店の思い出のカップ。
大学を卒業するときにプレゼントとしてもらったもの。
最近子どもも珈琲を飲むようになり、ミルで挽いて珈琲を楽しんでいる。

今日はLマガジンに載っていた「GREENS Coffee Roaster」に行った。Dsc03271
存在は知っていたが、足を踏み入れたことはなかったが、
珈琲にこだわりをお持ちのマスターのようで・・・・・期待をして・・・
1階でサイフォンを使って珈琲を一杯ずつ丁寧に入れている。
2階は落ち着いた感じのテーブル。
ゆったりとしているが、電車が通るときは振動と音が伝わってくる。
BGMにはJAZZが静かに流れている。Dsc03276
最初のお店ではいつもその店のブレンドを
今日は「グリーンズブレンド」を・・・・
カップ一杯の珈琲、少し苦味のある濃い目の珈琲
一緒に出されたクッキーが良くあっていた。
帰りに、コロンビアを少しだけ買って、家で淹れてみようと・・・・。
お店の人も明るくさわやかで
「また、来ますね。」・・・そう言いたくなるお店でした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

フォークの達人 杉田二郎

正月あけに、4日、5日と仕事にでたが、気持ちがまだ適応できていない。
この三連休は本当にホッとする感じだ。
で、朝から、正月に録画した「フォークの達人」を見た。
西岡たかし、加川良、山崎ハコ、三上寛、
友部正人、杉田二郎を三夜に分けてやっていた。

今日は杉田二郎を・・・・・・
「風」「マイハート」「男どうし」を歌った後Photo_2
座ジローズということで、元「雅夢」の三浦和人、永井龍雲を招いて
「涙は明日に」「青春のわかれ道」「白い鳥にのって」を・・・
そして「題名のない愛の唄」の後、庄野真代との
「祈り・・Prayer・・最後の愛」をデュエットで
若手の「トキハイ」とは「戦争を知らない子供たち」を・・・・
さらに、「八ヶ岳」「ANAK(息子)」「積木」
最後に、「きたやまおさむ」と話している中で
倒れるなら前向きに倒れようという話から出来た歌
「前向きに倒れてみたい」を歌い上げた。

見てると杉田二郎も年をとり、
鶴太郎のような風貌になってきたが、
歌い方は同じですね・・・。
田舎で、NHKのローカル局のFMリクエスト番組を聴きながら
リクエストをして、ジローズの「涙は明日に」の
シンルグレコードをもらったのを思い出した。
初めて買ったLPが「ジローズ登場/戦争を知らない子供たち」だったのを覚えている。

当時よく聞いた、井上陽水や小室等、南佳孝、森山良子・・・・などなど
たくさんの人がヴォーカルとしてJAZZのCDをだしている。
JAZZで違った一面を聞けるのもいいし
昔の曲を今聞けるのもいいし、
音楽はいろんな形で今を昔を楽しむことができる。
朝から少し昔へ戻ってしてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくりとした正月

ゆっくりした正月を過ごしている。Dsc03238_1
日本酒にかに
日本酒は香住鶴株式会社が出している
「山廃吟醸 応挙酒」である。
香住の大乗寺は円山応挙の襖絵で有名であり
応挙寺とも呼ばれている。そこから名をとった酒。
かには毎年買って帰る。画像をとる前にさばかれていた。
画像は足だけですが・・・・・・タグつきの生でした。
かにはどうしても寡黙になる。食べるために一生懸命になるのだ。Dsc03241_1
生はやはりうまい。・・・・冷凍もうまいぞという声も。
食事の後は和菓子と抹茶。
なかなか古風である。抹茶を飲むのは年に何回あるかな?
どうしても珈琲になってしまう。
そう、Lマガジンの特集が「COFFEE NEW STYLE」だったな。Dsc03247_1

今年の正月は身内の集まり方が少ない。
どこの家族も受験生を抱え、正月よりは受験という様子。
春や夏にはまた元気な顔が見れるかな?
自分で作った目標に向かってまずは頑張ることですね。

元気で?新しい年を迎えられたことに感謝し、頑張ろうと・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メンズショップ F730 でREDPEPPERを

実家に帰ったときによく寄るお店「F730」
Dsc03198
若者向け?のたくさんの服が置かれている。Dsc03195
スーツからジーンズ、リーガルのシューズまで
9号線沿いにポツリとたたずんでいる。
一度寄ってもらえば、置いてある商品も
わかってもらえるのだろうが・・・・・
ネットでも商品の紹介をしているので、一度ご覧ください。Dsc03193
http://bbs3.fc2.com/php/e.php/44205/

今お勧めは「REDPEPPER」のジーンズとか・・・Dsc03187
韓国発で、デザインもよく、
いろんなブログでも取り上げられています。
実物はどうぞ、「F730」で・・・・その前に
こちらの画像でもご確認ください。Dsc03188


| | コメント (0) | トラックバック (0)

素晴らしい青空

素晴らしい青空

新しい年を迎えた。昼前には素晴らしい天気になった。
車で走っていても暖房が不要。初詣や福袋を求めて、新年の挨拶など車が増えて来た。
新しい年のスタートがこんな天気だと何となくうれしくなりますね。
いいことがありますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »