« 久々のアマレーナ | トップページ | 六曜社コーヒー店 »

ピカソとモディリアーニの時代展

大丸ミュージアムに「ピカソとモディリアーニの時代展」を見に行った。Dsc03534
ピカソとモディリアーニのほかに
ミロ、クレー、ブラック、レジェ、ユトリロなどを見ることができた。
キュビズムは難しいですね。よくわかりません。
【第一章】ピカソ/キュビスムの世紀
【第二章】モディリアーニ/芸術の都パリ
【第三章】ミロ/シュルレアリスムから抽象画へDsc03535
【第四章】ビュッフェと素朴派/二極化する具象表現で構成されていた。
平凡な私が一番いいなと思ったのはユトリロの「サン=ルイ=アン=リル通り」でした。
写実的に書かれていることで素直に受け入れることができた。
あとはモディリアートが縦に長くデフォルメした作品の中で
チケット等にも使われた「母と子」が良かった。
会場はたくさんの人でした。皆さんえらいなと思った。
私はチケットをもらったから来たのだけど・・・・でも、穏やかな気持ちにはなれましたよ。

|

« 久々のアマレーナ | トップページ | 六曜社コーヒー店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/13693609

この記事へのトラックバック一覧です: ピカソとモディリアーニの時代展:

« 久々のアマレーナ | トップページ | 六曜社コーヒー店 »