« 年賀状 | トップページ | 珈琲工房トゥリパーノ(Tulipano) »

六車智香ふれあいコンサート

阪神大震災復興祈念コンサート2007「新春」としてDsc03411
六車智香ふれあいコンサートが西宮市民会館アミティホールで開かれた。
1200人を超えるお客さんで、今まで1階でしたが今日は2階席へ
たくさんの人が楽しみにしてるんだと再認識をしました。
このコンサートはカンパ形式のコンサート、一人1000円からのカンパで運営されている。
12月の「ヴォーチェ・ベルステラ」もよかったです。
1250名の観客で100万を超えるカンパがあったと報告がありました。すごい!Dsc03423
第1部の前に薮田唯さんのピアノのプレ演奏がありました。
9月15日に青木千恵子さんなど3人でコンサートをするそうです。(チェック!)
第1部はブルーのドレスで「早春賦」「竹田の子守唄」
「雪の降る町を」「出船」「待ちぼうけ」「ペチカ」
「かやの木山の」ちんちん千鳥」「水色のワルツ」
「わらい」「さくら貝の唄」と歌の解説を軽やかなMCで
加えながら進んだ。
ご主人であるピアニスト金子正樹さんとの暗黙の掛け合いもおもしろかった。
Dsc03426
その後、リム・ユヒャンさんのソロピアノ
「革命」「別れの曲」「英雄ポロネーズ」とショパンの曲が・・・・
隣のおじさん、素敵な曲に打とうと・・・ならいいのだが
いびきをかき始めた・・・・目を覚まさせようと曲が終わると大きな拍手
1部が終わると後ろの空席へ移動していた。
第2部は黒と白のドレスへ・・・・
阪神淡路大震災の犠牲者への追悼の後
「アヴェ・マリア」「糸を紡ぐグレートヒェン」「死と乙女」
「セレナーデ」「ソルヴェイグの歌」「慕情」
「君と旅立とう」「氷のような姫君の心も」と続きDsc03427
最後に明日誕生日を迎えるお父さんに
「私の大好きなお父様」で終えた・・・・・・。
アンコールにはまず、リム・ユヒャンさんが登場
2曲目には、祖国の歌「アリラン」を阪神淡路大震災の
犠牲者、被害者への思いを込めて熱い演奏があった。
(長田にお住まいだったリムさんの自宅も全壊)
六車さんは「からたちの花」「初恋」そして最後は
映画「千と千尋の神隠し」主題歌「いつも何度でも」でした。
コンサート終了後、ロビーでお見送り・・・・・
たくさんの人が握手をしたり、写真を撮ったり
アットホームなコンサートの感じが本当によく出ている。
次は阪神大震災復興祈念コンサート2007「春」が始まります。
たくさんの方に見ていただけるといいなと思います。
春夏とあわせて7回のコンサートがあります。
また、朝日新聞などに紹介があると思います。
ご期待ください。

会場の画像、最後の「故郷」のときに撮らせて頂きました。
コンサート中の撮影ご遠慮くださいということでしたが、
お許し下さい・・・・・・・。
画像、上から六車智香さん、リム・ユヒャンさん、薮田唯さんです。

|

« 年賀状 | トップページ | 珈琲工房トゥリパーノ(Tulipano) »

コメント

TBありがとうございます。
なかなか子どもは思うとおりになりませんね。
それでいいのでしょうが、もう少ししっかりして欲しいものです。

投稿: fujisan | 2007.01.14 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/13480551

この記事へのトラックバック一覧です: 六車智香ふれあいコンサート:

» ピアノの思い出は… [ピアノの森@映画]
ピアノの森の映画化で思い出したことがある。 娘がまだ小さかった頃、ピアノ教室に通わせた ことがありました。 まだ小学校低学年だったから娘自身がピアノを 習いたいと言ったわけではなくて、親が娘に やらせたかったから… ピアノはグランドピアノじゃなくて、ヤマハの 電子ピアノを購入しました。 ... [続きを読む]

受信: 2007.01.14 00:25

« 年賀状 | トップページ | 珈琲工房トゥリパーノ(Tulipano) »