« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

nord kaffe

大阪、梅田駅前第3ビルのB2には結構大きなCAFEがたくさんある。Sdsc09588
先日気がついたのが「nord kaffe」
北欧系カフェでネルドリップの珈琲が210円です。
スターバックスやサンマルクCAFEとか同じくらいですね。
禁煙席と喫煙席が分かれていて
結構広い店内・・・・・
ゆったりと読書などで時間を過ごすことができる。Sdsc09582
ここの経営は隣の「RAKURA」という
リラグゼーションサロンがやっていることがおもしろい。
時間待ちの間に珈琲を一杯という感じかな。
珈琲を味わうよりは時間を過ごすのにはいいところですよ。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

『神々のシンフォニー』サラ・ブライトマン

友人に「サラ・ブライトマン」を教えてもらった。
聞いたことはあったが、1枚のアルバムを全部は聞いたことがなかった。Jk
いくつかの曲をチョイスしてくれたCDを聴いて、いい歌声だなと思った。
新しいCDが2月27日に発売になる。
が、輸入版CDが店頭には並んでいたので購入した。
『神々のシンフォニー』・・・テレビのCMでも流れている。
「ランニング(ジュピター~栄光の輝き)」が、
パナソニック VIERAのCMで流れている。Tocp70120
BGMとして流すのにいいですね。
どこかのブログで朝の目覚ましにというのもあった。

これから春に向かって
新しい息吹きがでてくる。
不思議なことに春は意欲的になる。
そんな気持ちにさせてくれる曲かな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

フェブラリーS、今年初のGⅠレース

今日は東京競馬場で今年初のGⅠレース
「フェブラリーステークス」があった。
ダートの1600メートル
カブで今年は買いますと言っていたママを思い出しながら
カブの目はないなと・・・・・
競馬を少しやるようになったのはもう20年ちかく前
そして、「マヤノトップガン」で違う見方で見始めた。
今日もマヤノトップガンがらみであるブログを参考にした
そこには次のように書かれていた。
「いよいよGⅠのフェブラリーS!Photo
今年もいいメンバーが揃ったね。
軸になりそうな馬が数頭いるし、
馬券は難しそうだね・・・?
実績ではヴァーミリアンが一歩リードしているけど、
一頓挫あったから仕上がり具合が鍵を握るね。
当日の気配は特に注意する必要があるね。
注目馬は溜めて行けば確実に切れるワイルドワンダー
心情的には幸が乗っているブルーコンコルドを応援したいね。
左回りは内にささる癖があるけど、
上手く運べば終いは伸びるからね。
久々も苦にするタイプではないので頑張って欲しいね!」
結果はここにでてくるヴァーミリアンが1着
ブルーコンコルドが2着
ワイルドワンダーが3着
・・・・・・10-15の馬連で2820円でした。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ30000です

このブログを作って最初に切り番をアナウンスしたのはいつだったかな?
最初は2004年2月15日です。あれからもう4年・・・・
最近いろいろな人に見てもらうようになり
カウンターが「30000」になろうとしています。
「JAZZと映画・本」というタイトルではあるが
中身は単なる私の日記です。

でも、喫茶店に最近よく行っているなと思う。
家で珈琲を淹れることも好きだけど
カウンターに座って、豆を挽いたあの香りをかぎながら
ドリップで一杯一杯丁寧に淹れる、豆が踊る姿を見るのが好きですね。
そして、知らない人や店に人と会話できることが楽しみですね。

JAZZのライブにもたくさん行きました。
大阪なら「Jazz on top」神戸なら「GREAT BLUE」をはじめとして
たくさんの人とお話もさせてもらい友達になっていただいた方も・・・
そしてライブのお手伝いなどを大学祭ののりでやったり、
3月1日もありますね。

そして、デジカメでいろいろな風景や人物などを撮りました。
載せているのはほんの一部で、想い出の画像がたくさんあります。
デジカメラも壊れて同じ物を買ったりとブログの年数を感じさせます。

食事やお酒を飲みに行くお店もいろいろ載せました。
ご迷惑を掛けているかもしれませんね。

願わくばたくさんの方にコメントなり、つながりを持ってもらえばと思います。
これからも改装中の甲子園(つたない)日記を書きますが
お付き合いよろしくお願いいたします。

カウント30000を踏まれた方、ぜひぜひご連絡を下さいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神戸「ふるもと珈琲店」

Dsc09496私にとって神戸における珈琲好きのはじまりの喫茶店
「ふるもと珈琲店」がある。今は神戸駅の北(西)、
湊川神社の向かいにある店しか知らないが、
初めて行ったのは三宮センター街、
ナガサワ文具の近くにあった2階の店が最初だった。
今と同じ重厚な木のつくり
カウンターに紫のタオルがあり、挽きたてのたっぷりの豆で
薫り高い珈琲をドリップで丁寧に淹れてくれる。Dsc09493
カウンタの上にはたくさんの珈琲カップがぶら下げられており
それに憧れ、下宿でたくさんのカップを集め
ぶら下げていたことを思い出す。
もう、30年近く前の話だ。
神戸駅近くの「ふるもと珈琲店」は中も広く
昔からよく知られているのでいつもDsc09497
たくさんのグループのお客さんで賑わっている。
一人で行っても、友達といってもゆっくり落ち着いて
時間を過ごすことができる。
花がいっぱい飾られていたな・・・・。
「珈琲もえぎ」「はた珈琲店」「けんもつ珈琲店」などなどDsc09509
同じ雰囲気が味わえますね。
でも、同じ萩原珈琲の豆を使って
珈琲の味は淹れ方でかなり違うでしょうね。
さて、どこが一番美味しいか、それは飲んでみて比べてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二種衛生管理者受験日記

久しぶりに試験を受けた。と言っても10日ほど前のこと。Sdsc09477
今の仕事の関係で50名以上の従業員がいるところでは
第二種衛生管理者の資格を持った人が必要になる。
で、私が受験することになりました。
何で受けなあかんの・・・・と思いながら
嫌だ嫌だと先延ばしにしていましたが、
年度も終わろうとしている以上受けなければということでDsc09478
新年を迎え申し込みました。
申し込むにあたっては年末から勉強しました。
先輩が1週間の講習会で勉強されたテキストを
講習会にも参加せず、勉強することに
(ここで、3万円近くの費用と時間を浮かしています)
できるだけ問題を解こうと問題集を買い込み
いざ挑戦!
(この問題集を紹介しているページ
http://www.fujisan.co.jp/magazine/1281682099
fujisanと言うことに驚き)
最初は間違いだらけ、30問中6割で合格だそうですが
範囲が広い。法律から生理学、衛生環境まで
でも何とか、これならと自信を持って試験に1281682099
で当日、朝から思わぬ忘れ物をして冷や汗を
そして、試験会場これが加古川線で2駅目
会場まで20分歩きです。その途中で雨は降り出すし
さて、いよいよ試験、かなりの自信でしたが
問題を見るとパターンが違う。
3時間の試験時間を2時間半使い
一生懸命考えたが限界
考えれば考えるほど、間違った方向に・・・
あとで問題を確認すると、やはり変えなければ良かった・・・と
で、1週間後の発表まで気分は憂鬱
だめだったらどうしよう、と言うことばかりが頭をよぎる
8,300円という高額な受験料と情けなさが相乗効果を呼び起こした。
で、発表の日
インターネットで番号を確認・・・ありましたよ
0613、どれも私の誕生日に絡んだ数
何点でもいい、合格は合格
ホット胸をなでおろす。
受験生の気分がよくわかりました。
大学受験の皆さん!頑張れば結果はついてくる。
頑張ろう!
という・・・・受験日記です。
もし、第二種衛生管理者を受験される方。充分1ヶ月で合格しますよ。Sdsc09487

今日は十字屋で輸入版のCDを買い込みました。
アート・ペッパー、チャーリー・パーカー、ビル・エバンス、M・J・Q

画像はVenus recordのカレンダーより

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春節祭・・・南京町

神戸、元町、南京町で春節祭が行われている。
旧暦で節句を祝う中国では旧暦のお正月をSdsc09413
「春節」として盛大にお祝いするそうです。
爆竹が鳴り響き、祝い事にはかかせない
龍や獅子が舞い踊り、賑わうそうです。
南京町の「春節祭」は2008年で20回目だそうです。
本当に大変な人出でした。
南京町広場のステージは近づくことが難しい状態で
遠目からしか見ることができません。Sdsc09449
昨日が雪・雨のため今日の人出になったのかな?
白や赤・金の獅子など力強い舞でした。
驚いたことに終わって中から出てきたのは女性
それもどうやら高校生。
いろんなことに若者頑張っているんですね。
明日もまだやっていますよ。Sdsc09456
飲茶はいかがですか?
画像の後ろには豚饅で有名な老祥記が写っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「阪急電車」・・有川浩

図書館戦争シリーズで有名な有川浩(ありかわひろ)という作家がいる。Photo
『図書館戦争』、『図書館内乱』、
『図書館危機』、『図書館革命』(ずべてメディアワークス)で
我が家にも3冊はあると思う。
その作家の本を見かけた。
題名が「阪急電車」・・・・本の題名としてはどうか?
阪急電車のPR本かと思ったが、作家を見て・・・・購入した。
今津線を宝塚から西宮北口までの15分間
各駅での起こる事柄が登場人物が微妙な絡み方をして
どんどんと進んでいく。
北口に着くと、今度は別の日の折り返しで宝塚へ向かって・・・
そこでは登場人物の新たな展開が・・・。
身近なこともあり、情景を思い浮かべながらの読書。
あっという間に読み終わってしまいます。
次は神戸線を書いてよ、京都線もと思う。
あとがきで有川氏が女性であり、今津線沿線にお住まいとのこと。
納得です。では、我が家にある図書館シリーズを読んでみようかな・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪だるま?鏡餅?・・・・たくさん降りました

朝、結構冷えるなと思っていたところSdsc09402
急に雪が降り出した。
雨に変わるだろうと思ったが、結構長く雪が降った。
おかげで車の上に積雪が・・・・・
買い物に来た我が家の車の上に雪だるま?・・・・
久しぶりの雪で子どもも大喜び・・・・果たして何歳?

街の中も雪景色Sdsc09398
電車も少し遅れていた
線路にも雪が・・・・・
県北はもっと降っているかな?


神戸新聞にライブハウス「チキンジョージ」の記事が出ていた。
名門ライブハウスがもう少しで復活するようです。Sdsc09405
こけら落としは「ナニワエクスプレス」・・・・・
大人向けのライブが増えるようですね。
私にとってはありがたいことです。
今日のニュースはこれに「勝る」ものはないなと・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西宮はJAZZの街

西宮にはたくさんのJAZZメンがすんでいる。Njtop
ヴォーカリストもたくさん住んでいる。
だからJAZZのライブやコンサートが多い。
毎年4月はJAZZライブが目白押し
中学生からバリバリのプロまで
ノリノリの素敵な街です
今年も行われます
西宮JAZZ3DAYS・・・・オット今年はJAZZ8DAYS
すごいですね・・・・いろいろな場所をJAZZに取り込んで
大谷美術館もjazzライブの会場にNj2008
エビスタ西宮もアサヒビール西宮工場
さらには大手前大学も
いろんなところが会場です。
平日は私はいけませんが
いつもの3DAYSは行きたいな
プラレホール
フレンテホール
なるお文化ホール・・・・・はーるよこい!はーやくこい!
4月は西宮からJAZZが始まります
そしてプロ野球も甲子園から始まります

JAZZ8DAYSの案内が見にくい方は次のURLをクリックしてください
http://www.jazzyanen.com/nishinomiya/
皆さん!ぜひせひ、西宮へおいで下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒波・・・!

新しい年になってから寒さが厳しい・・・と思いません?080203_0748022
正月に田舎で雪を経験しましたが
さすが家のあたりはちらほら舞うくらいですが
今日は東京が大変なようですね。
そして、神戸の北のほうでも・・・・
ご覧のように雪が積もったようです。
道路も閉鎖されたり・・・・・大変だったようですね。
明日の朝、冷えると凍るでしょうね。
車の方は気をつけましょうね。

ハービスENTにある「十字屋」
メールが届いて、CDコーナーがなくなるとPhoto
で、17日まで20%~30%off
今日は4枚ほどCDを買ってきました。
今は亡きオスカー・ピーターソンも買いました。
あとはビル・エバンス、メル・トーメ、オーネット・コールマン
ゆっくりとCDを堪能する時間が欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

結婚しようよ

以前大好きな歌の「なごり雪」が大林宣彦監督の下で映画化された。
最初の場面で伊勢正三がギターでの弾き語りをする。Photo
とてもいい映画でした。
さて、今度は我が青春の人「吉田拓郎」の「結婚しようよ」が映画化される。
ストーリーはまだよくわからないが
「花嫁になる君に」「春だったね」「人間なんて」
「結婚しようよ」「アン・ドゥ・トロワ」「襟裳岬」
「今日までそして明日から」「風になりたい」「おやじの歌」
「人生を語らず」「恋歌」「明日に向かって走れ」「祭りのあと」
「イメージの唄」「やさしい悪魔」「こっちを向いてくれ」Photo_2
「言葉」「落陽」「旅の宿」「ある雨の情景」の20曲が
映画の中で流れるようだ。
監督は強烈な拓郎ファン「佐々部清」監督
R45映画です。(45歳以上の方に、お勧めします。)
三宅裕司や真野響子の演技の興味がありますね。
出来れば土曜日観に行きたいな・・・・。
「俺の夢は消えていない。
それは家族の中に生きている。」
父と家族の物語・・・楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »