« 西宮 HIRO珈琲 | トップページ | すごい関本、満塁弾!! »

歩いても歩いても

どこかのブログで見てみたい映画としてあげられていた。
「歩いても歩いても」を見た。
日本によくある話・・・Introp
都会で働くものが田舎の父母の元へ帰る。
家族を連れて帰る。
田舎のわずらわしさなどの中での衝突やずれ
この映画もわずか一泊二日であるが
普段の自分たちの生活と
そうでないところで過ごすずれ・・・・
長男の命日に帰った長女と次男の家族と父母のはなし
「これあるある」「これはないだろう」などと
自分のことと重ねてみたりする。
日本の今の姿をよく現している。
樹木希林さんの演技は良いね
阿部寛さんも原田芳雄さんもいい演技です。
夏川結衣さんの演技が良いと思いましたね。
再婚相手の実家、微妙な舅、姑とのかかわり
ホームドラマとして見るには良いですね。
挿入歌として「ブルーライトヨコハマ」がかかります。
この曲の意味合いが良いです。ナイスです。

|

« 西宮 HIRO珈琲 | トップページ | すごい関本、満塁弾!! »

コメント

こんばんは!
先日は拙ブログにお越し戴き、コメントを有難うございました♪
是枝監督の、ドキュメントを得意とする方ならではの
緻密な、自然な、優しい作品でした。
セリフの中の毒さえも愛を感じさせる作品でしたね!

ところで、三宮。
独身時代、出張で何度か行きましたが、
その時にコチラのブログに出会っていれば(^^*)
ちと悔やまれます~(笑)

投稿: kira | 2008.08.13 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/41962742

この記事へのトラックバック一覧です: 歩いても歩いても:

» 「歩いても歩いても」完成度は高いが、映画的な驚きは無い [soramove]
「歩いても歩いても」★★★☆ 阿部寛 、樹木希林 、夏川結衣 、原田芳雄 、YOU 出演 是枝裕和 監督、114分、2008年 兄の命日に久し振りに実家へ帰省する主人公、 姉夫婦は近い将来同居を考え、 長男を水難事故で亡くした母親は 同居するなら次男である主...... [続きを読む]

受信: 2008.08.01 11:22

» 歩いても 歩いても [to Heart]
人生は、いつもちょっとだけ間にあわない 製作年度 2007年 上映時間 114分 原作・脚本・編集・監督 是枝裕和 音楽 ゴンチチ 出演 阿部寛/夏川結衣/YOU/高橋和也/田中祥平/寺島進/樹木希林/原田芳雄 長男の命日のために、老いた両親に家に久々に顔を揃えたある一家の一日をスケッチしたホロ苦くも温かな家族ドラマ。なにげない会話の積み重ねを通して、家族ゆえのわだかまりやいたわりといったない交ぜの感情を抱える登場人物の揺れ動く心の機微を、ユーモアを織り込みつつ辛辣かつ温かな眼差しで繊細... [続きを読む]

受信: 2008.08.06 21:00

» 映画「歩いても 歩いても」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
ホント親孝行したいときには親はなしなのですよね・・実家から離れて暮らす人ならきっと思うはず、故郷の山に向かいて言うことなし・・親子断絶の物語・・ 或る夏の日、台所に集う母(樹木希林)と娘(YOU)、緩やかに流れる時の中でテキパキと動く母... [続きを読む]

受信: 2008.08.07 00:30

» 『歩いても歩いても』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「歩いても歩いても」□監督・原作・脚本・編集 是枝裕和 □キャスト 阿部寛、樹木希林、夏川結衣、原田芳雄、YOU、高橋和也、田中祥平、寺島進 ■鑑賞日 6月29日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>まるで実際にあったような家族の会話を新鮮なまま切り取って来て映画という花瓶に挿したような作品だった。 是枝監督の作品は『花よりもなほ』や『誰も知らない』で以前から観ていたが、どこかにややひっかるところもあったのだが、こ... [続きを読む]

受信: 2008.08.07 08:21

» 歩いても 歩いても・・・・・。 [銅版画制作の日々]
 歩いても〜♪歩いても〜 このタイトルは、これだったのだそう、あのいしだあゆみが歌った「ブルーライト・ヨコハマ」。懐かしい〜〜 8月8日、京都シネマにて鑑賞。何が凄いって、樹木希林の演技だ漂々としていて、彼女の口から吐き出す言葉は結構怖いものがある。まあ演技なのだから、それをそのままストレートに受け止めることはないにしても。凄かったし、やっぱり役者としての存在感がと心に突き刺さった。無論彼女ひとりがそうではないけどね。彼女の娘役を演じたYOUも負けず劣らずである。まるで本当の親子のような自然体の... [続きを読む]

受信: 2008.08.15 11:26

« 西宮 HIRO珈琲 | トップページ | すごい関本、満塁弾!! »