« Nobumasa Uotani Prezents ~Freshers Live vol.3~ | トップページ | 琵琶湖のほとりで・・・・ »

世界がもし100人の村だったら(総集編)

2001年の暮れに「世界がもし100人の村だったら」が出版された。
こんな見方もあるんだと、買って読んだ。
読んだというより見たというほうが正しいかな。
絵本です。わかりやすく素敵なイラストとともに
わかりやすい数字が並んでいる。
当時63億人いた全世界の人口を100人に置き換えると
それぞれどう見えるか・・・・・・。Photo
言葉では17人が中国語をしゃべり
33人がキリスト教を信じ
14人の栄養が不十分で、14人が太りすぎ
というような事柄が並んでいる。
それから7年間の間に4冊のシリーズものになり
160万部を売り上げた。
それが、今回1冊にまとまり、文庫本となった。
「世界がもし100人の村だったら(総集編)」
私の買った最初の本は友達に貸して帰ってこなくなった。
今回文庫本を見つけ、買いなおした。
数字は7年後の数字に訂正されている。
世界の様子を把握するのにはいい本だと思います。
ふとしたときに、眺めてみるのにいい本ですよ。

「Think global, act local」
(地球全体のことを考えて、身近なところでなにかをしよう)


|

« Nobumasa Uotani Prezents ~Freshers Live vol.3~ | トップページ | 琵琶湖のほとりで・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/42793722

この記事へのトラックバック一覧です: 世界がもし100人の村だったら(総集編):

« Nobumasa Uotani Prezents ~Freshers Live vol.3~ | トップページ | 琵琶湖のほとりで・・・・ »