« 映画「最後の初恋」 | トップページ | 学園祭、文化祭の季節です »

元町「けんもつ珈琲店」・・・素敵なコーヒーカップ

以前にも紹介したと思うがJR元町東口を鯉川筋に沿って北へ
生田新道との交差点で西をみると「けんもつ珈琲店」の看板が見える。
萩原珈琲の豆を使った
茜屋、ふるもと、もえぎ、はた、まつおかなどと同じ感じの店
今日はここのコーヒーカップのお話を
以前もこのてのカップでした
"ヘレンド(HEREND)SJ 西安 黄色 ラージカップ&ソーサーマンダリン 3364"Sdsc01952
最初、カップの裏を見てもよくわからなかったので
お店の方に聞きました・・・どこのカップですか?
ヘレンドです。10万くらいですね
おっと、カップをすぐに置きたくなりました。
もうひとつは・・・Sdsc01953
ネットで探したのですが、品名までたどり着けませんでした。
同じ種類のものなんですが・・・・。
取っ手に特徴があり、かわいらしい中国の人がついているのです。
震災でカップが全部落ち、割れたとご主人に聞きました。
そのため、高価なものは棚の低いほうにおいてあるとか。
10万円のカップで飲む珈琲・・そうでなくてもおいしいのですがSdsc01942
なんとなくリッチになった気分です。
ゆったりとクラシックを聞きながら、重厚な木のつくりの中で
過ぎていく時間を楽しむ・・・・。

外は秋らしくなってきた。素晴らしい青空・・・・気持ちがいいです。
元気になります・・・さぁ、今日も仕事頑張るぞという、お昼過ぎでした。

|

« 映画「最後の初恋」 | トップページ | 学園祭、文化祭の季節です »

コメント

一流のものの良さは、わからないなりにも触れてみると感じるものがありますよね!

英会話のレッスンのたびに、お伺いすることになりそうな予感です(^O^)

投稿: Aya | 2008.10.05 02:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/42682794

この記事へのトラックバック一覧です: 元町「けんもつ珈琲店」・・・素敵なコーヒーカップ:

« 映画「最後の初恋」 | トップページ | 学園祭、文化祭の季節です »