« 即、完売で、完敗・・・でも、今日は勝つ! | トップページ | 黒いティッシュ »

男の隠れ家 ジャズを巡る旅Vol.3

「男の隠れ家」という雑誌があり、なかなか面白いテーマで特集を組んでいる。
今回はジャズを巡る旅の第3回目
関西のJAZZスポットをコルトレーン研究家の「藤岡靖洋」さんが紹介をする。
「関西こてこてジャズ紀行」と題がついている。
登場するのは
「JAZZ ON TOP」(大阪・西梅田)Photo
「TOP RANK」(大阪・なんば)
「jam jam」(兵庫・元町)
「blue note」(京都・河原町)
「ROYAL HORSE」(大阪・梅田)
「845」(大阪・なんば)
「RUG TIME OSAKA」(大阪・心斎橋)
「Basin Street」(兵庫・北野)などが紹介されている。
中に、なんとうちの子どもがお世話になっていた先生が写っている。
(しっかりと演奏をされているんですよ)Cd_j_1
目一杯情報が満載という感じです。
当然東京を始め全国各地の紹介もされているし
お勧め名盤など・・・・
お得な雑誌だと思います。
珈琲を飲みながら、当然BGMは「-LOGUE」
ゆったりとして読みたいですね・・・・。

|

« 即、完売で、完敗・・・でも、今日は勝つ! | トップページ | 黒いティッシュ »

コメント

初めまして! 私、おばさんです。(笑)
私も大のJAZZファンです。
「男の隠れ家」ですかぁ!
「女性の隠れ家」だって、JAZZですよー(笑)

越智順子さんの大ファンでした。
メジャーデビュー後、何十回とライブハウスに通いました。
最近、訃報を知り、未だに涙が流れて止まりません。

投稿: モモmama | 2008.10.12 21:28

モモmamaさん、書き込みありがとうございます。
そうですね。女の隠れ家があってもいいと思います。
人それぞれに隠れ家があっていいと思います。
普段の職場や家庭での顔と違う面を出せる場所があってもいいように思いますね。
私は40代になってからjazzを聞き出しました。
それまではフォーク、ニューミュージックの人でした。
今も好きですけどね。
越智順子さん、何十回も聞かれたんですか。
すごいですね。
私は魚谷トリオの歌伴で聴いたのが最後で数回かもしれません。
それだけ聞かれるということは・・・関西かな?
よければまた書き込みよろしく。
明日はミスターケリーで魚谷トリオです。

投稿: fujisan | 2008.10.12 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/42740599

この記事へのトラックバック一覧です: 男の隠れ家 ジャズを巡る旅Vol.3:

« 即、完売で、完敗・・・でも、今日は勝つ! | トップページ | 黒いティッシュ »