« りんごがやってきた! | トップページ | 元町マルコ(トラットリア・マルコ)で昼食 »

映画「青い鳥」

最近「重松清」さんの作品が映画になっている。Sdsc02956
先日見た「その日のまえに」もそうである。
「卒業」「きみの友だち」「疾走」「ヒナゴン」・・・・などだ。
これだけ映画化される秘密はどこにあるのだろうか。
家族や教育を取り扱った小説が多い。
今の時代の問題点から目を背けずに書いている。
だから、題材として取り上げられるのかな?05


今回の「青い鳥」も「いじめ」を題材にしている。
いじめられ自殺未遂をした少年が転校し、
何事もなかったかのような様子を取り戻した学校に
阿部寛扮する村内先生が臨時教師として赴任する。01
そして、片付けられた机を教室に戻すことから物語が始まる。
吃音という国語教師としては厳しいハンデを持った村内先生
クラスからいじめられた「NOGUCHI」を忘れさせてはいけないと
みんなの反感を買いながらも、教室に机を置く。
「人は弱いから、強くなろうとする。03
でも、強くなんてならなくていい。頑張るだけで、いいんだ。
今より少しでも、人の気持ちを想像するだけでいいんだ。」
「本気の言葉」は「本気で聞く」・・・とてもいい言葉です。
ただ、本気を見極める力が要りますね。感受性かな。
いじめがあったことを過去にこととして
忘れるなんて「ひきょうじゃないですか」という。
鋭いですね。・・・・・自分は忘れてもいじめられた者は忘れない。
忘れられないんです。・・ならどう責任をとるのですか・・・・。
多くの言葉が語られるわけではないがSdsc02954
一言一言に重みがありますね。
大人もそうですが、子ども達に見せたい映画ですね。
村内先生のいじめに対する執拗な態度はどこから来るのか・・・

|

« りんごがやってきた! | トップページ | 元町マルコ(トラットリア・マルコ)で昼食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/43383209

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「青い鳥」:

» 映画「青い鳥」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
オープニングの「鋼の心」とエンディングの「さなぎ」の主題歌を歌っているのが、今年デビューしたばかりのまきちゃんぐ(岡山県)~心に沁みる素晴らしさ~ とある中学校でのいじめ自殺未遂事件、当人は転校し、クラスの全員は反省文を書き、事件は収束したかのように見... [続きを読む]

受信: 2008.12.11 02:03

» 【青い鳥】 [日々のつぶやき]
監督:中西健二 出演:阿部寛、本郷秦多、伊藤歩 重松清さんの原作の感想はこちら → 「青い鳥」 原作では村内先生が出会う8つの学校の8篇の連作短編でしたが、その中の一つ表題作を映画化。 「いじめが原因で自殺未遂をした野口のいたクラス、東ケ丘中学2... [続きを読む]

受信: 2008.12.11 12:53

» 青い鳥 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
重松清の連作短編集、「青い鳥」の中から表題作を映画化した作品。原作は未読です。 東ヶ丘中学校2年1組。休職中の担任の代理として竹内先生が赴任してきます。竹内先生には吃音があり、上手く喋れません。そんな竹内先生の姿に生徒たちは苦笑しますが、竹内先生のある行動に驚... [続きを読む]

受信: 2008.12.11 23:41

» 青い鳥 [Thanksgiving Day]
映画「青い鳥」を観てきました!! この映画は、映画館で何度か予告編を観てるうちに、すごく観たい度が高まってきたんですよ。 予告編の『すべての中学生とかつて中学生だったすべての大人に贈る物語」という言葉に惹かれて、前売り券を買っちゃいました。 その前売り....... [続きを読む]

受信: 2008.12.12 21:22

» 『青い鳥』 [小さな花ひとつ]
ブログでもエントリした重松清さん著書の『青い鳥』が映画になったことを聞き、さっそ [続きを読む]

受信: 2008.12.13 09:48

» 『青い鳥』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「青い鳥」□監督 中西健二 □原作 重松 清(「青い鳥」新潮社刊) □脚本 飯田健三郎 / 長谷川康夫 □キャスト 阿部 寛、本郷奏多、太賀、鈴木達也、重松 収、岸 博之、井上 肇、山賀教弘、中帆登美、伊藤 歩 ■鑑賞日 12月7日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> この映画を観たいと思ったのは僕の好きな重松清氏の原作だったことと主演が阿部ちゃんだったこと。 映画化されるという話を聞いたと... [続きを読む]

受信: 2008.12.15 20:55

» 「青い鳥」心の傷は簡単には消えない [soramove]
「青い鳥」★★★★ 阿部寛、本郷奏多主演 中西健二監督、2008年、105分 いじめによる自殺未遂のあった学校へ そのクラスの担任の代用教員として 主人公がやってくる。 どもるその人をクラスの生徒たちは 冷たい目で見つめる、 何故なら、今は居ない いじめられた生徒の机を 元の位置に戻して 毎朝その机に向かって挨拶をするからだ。 落ち着きを取り戻したかに見えた生徒たちに 動揺が広がる。 先日の「BOY A」でも考えさせられた 「罪は消せない」という... [続きを読む]

受信: 2008.12.20 00:38

» 青い鳥 [to Heart]
製作年度 2008年 上映時間 105分 原作 重松清 脚本 飯田健三郎/長谷川康夫 監督 中西健二 音楽 まきちゃんぐ 出演 阿部寛/本郷奏多/伊藤歩/井上肇/太賀 重松清の同名短編を阿部寛主演で映画化したヒューマン・ドラマ。いじめ問題が深刻化した中学校に現われた吃音の臨時教師・村内先生が、心に傷を負った生徒たちと真正面からぶつかり合う姿を描く。共演は「テニスの王子様」「シルク」の本郷奏多。監督はこれがデビューの中西健二。 {/book_mov/}新学期、東ヶ丘中学2年1組には休職... [続きを読む]

受信: 2008.12.20 01:46

» 映画:青い鳥 [よしなしごと]
 公開から1ヶ月で終わってしまう・・・。見ようか見まいか迷っている間に最終週に。。。迷ったらとりあえず観に行くことに。と言うわけで、青い鳥を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008.12.25 03:24

« りんごがやってきた! | トップページ | 元町マルコ(トラットリア・マルコ)で昼食 »