« 元町「セキ珈琲館」 | トップページ | 映画「中華学校の子どもたち」 »

K-20 怪人二十面相・伝

「K-20 怪人二十面相・伝」を
阪急西宮ガーデンズにできた
TOHOシネマズ西宮OSに観に行った。001
家から歩いて行くこともできる。
今日は雨だったので、自転車はだめ。
車は駐車場が満車状態と
周りの道路がかなり混んでいるので
電車で一駅行くことも考えたが
歩くほうが早いと判断。
すごい人でしたね。003
映画館もいっぱいの人でした。
昨日ネット席を取っていたので
5分前でも楽々、並ばずにチケットも手に入る。

映画の内容は、1945年の架空都市<帝都>。
極端な格差社会が生じる日本で、世間を脅かしている強盗がいた。
“怪人20面相”と呼ばれるその強盗は、006
サーカスの人気曲芸師、平吉(金城武)を謎の怪人20面相<K-20>に仕立て上げる。
頭脳明晰な探偵、明智小五郎(仲村トオル)は平吉を捕まえるが、
婚約者の羽柴葉子(松たか子)は明智の行動に疑問を持ち、
偶然にも平吉と仲良くなり惹かれていく。
アクションもよく、観ていて楽しい映画です。
退屈はしませんが、正義の味方が・・・・・
後は観てのお楽しみ。

|

« 元町「セキ珈琲館」 | トップページ | 映画「中華学校の子どもたち」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/43784126

この記事へのトラックバック一覧です: K-20 怪人二十面相・伝:

» 珈琲館-でつながるブログリング [blogring.org]
珈琲館に関するブログをまとめています。 [続きを読む]

受信: 2009.01.19 10:43

« 元町「セキ珈琲館」 | トップページ | 映画「中華学校の子どもたち」 »