« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

新開地 「ルカアイボリー」

新開地商店街、トーホーの少し南にS20090329
「ルカアイボリー」という喫茶店がある。
偶然通りかかって見つけた。
サイフォンで淹れてくれる。
昔懐かしい喫茶店と言う感じ。
地元の皆さんに愛されている感じですね。
座った席の横に、井上誠著のS20090329_2
「珈琲の書」と言う本が飾られていた。
珈琲カップもシンプルで、
ゆったりと過ごせる感じの店です。
4人掛けのテーブル席が6つ、
カウンター席が6席ほどでしょうか・・・
ちょっと分かりにくい場所にありますがS20090329_5
探してみてください。
ちなみに電話は078-577-5221です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三宮 とうふ料理 豆富百珍「八かく庵」

三宮、元町で買い物をした帰りに
豆腐料理を食べに「八かく庵」に行った。
場所はミント神戸の8階
私はお手軽豆富会席「をこしやす」を
まずは京とうふ藤野の豆乳
S20090329_5



続いて八かく桶前菜
京のおばんさい、さしみこんにゃくの酢味噌かけ
生湯葉のお造里、季節豆富の大豆味噌のせ、柚子豆富
S20090329_10



豆富と揚げ湯葉のサラダ
S20090329_8



京とうふの豆乳小鍋
S20090329_31



豆富の田楽とこんにゃくの田楽
S20090329_22



海老芋団子と小松菜豆富の揚げ物
S20090329_41



じゃこ山椒ご飯
S20090329_43



豆富の味噌汁
S20090329_45



甘味
S20090329_48S20090329_52



この店はなんと言っても豆富ですね。
お変わりが出来るのです。
塩、しょうゆ、梅塩などお好みの味で食べることが出来ます。
S20090329_6



湯葉も美味しかったですよ。
S20090329_33S20090329_55

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三宮「ブレーメン」のモーニング

三宮の「ブレーメン」S20090327
この前、ここで紹介しました。
11時までは珈琲が250円なのですが
先日モーニングAセットを頼みました。
すると出てきたトーストの厚さにびっくり。S20090327_1
ゆで卵がついて、珈琲とで350円也。
お得だと思いますよ。

三宮の珈琲の美味しいお店をご存知の方
お教えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残念!福知山成美・・・リニューアル甲子園

リニューアルされた甲子園球場に高校野球を見に行きました。S20090328
今日は兄の母校「福知山成美」と佐賀の清峰の試合
試合は投手戦で5回に1点を入れた清峰が勝ちました。
投手戦であったため試合進行も早く
試合時間は1時間45分ぐらいだった。
高校野球は郷土をあげての応援がいいところ。
今日もアルプススタンドに学校、地域、OBなどS20090328_18
たくさんの応援団が両スタンドに陣取っていた。
甲子園に出場することは本当に大変ですよね。
さわやかな春の訪れの中でさわやかなプレー
(今日はちょっと肌寒さを感じました)

球場はきれいになっています。S20090328_3
外野席もいすの下に荷物を置く場所が用意されていました。
ライトレフトがスタンドの下で行き来が出来、
そこに赤星ラーメンや金本兄貴のスタミナハラミ丼
球児のカツオのタタキステーキ丼など
食べ物のコーナーも充実しています。S20090328_7
スタンドにせり出していたライトもすっきりしてました。
甲子園でのプロ野球の開幕戦は4月7日対広島戦・・・

ゆっくりビールの見ながら・・・・・
4月からはこのブログがまたタイガースバージョンになるかも・・・・・。S20090328_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

灘区水道筋 Coffee&Pub 「ドニエ」

「京阪神 珈琲の木」(Book of Coffee)に掲載されていた
「ドリエ」というお店に行った。Sdsc03673
「Food & Coffee」優雅にモーニングのコーナーで
取り上げられていました。
ので、11:30までのモーニングの時間帯に行って
クロワッサンのハムサンドを注文
これで500円です。お得です。
サラダかヨーグルトが選べます。Sdsc03666
店内はかなり広く、買い物にこられた女性陣が
たくさんいらっしゃいました。
さすが水道筋と言う感じでした。
ちなみに珈琲はサイフォンで淹れてくれます。

いただいたマッチにSdsc03668
「ドリエ」とはロシアの文豪ゴーリキィの代表作
どん底の原名です。とありました。
場所は神戸市灘区水道筋5丁目3-3
スーパーマルハチの北側です。
電話078-861-5757
年中無休 8:00~19:45Sdsc03663

| | コメント (0) | トラックバック (1)

梅田の喫茶店「ブラジル」

大学生の頃にもいったことのある梅田の高架下にあるSimg_1567
純喫茶「ブラジル」へ行きました。
1951年からの営業ですから、58年も営業しているんですね。
店名にもなっているがここの珈琲は
ブラジルサントス100%です。
これで値段は400円です。Simg_1564
ランチにはサンドイッチが、
午後にはミニサンドがついたサービスメニューもある。
店内は12テーブルほどあり、40名ほどの席があります。
ウエイトレスさんも、年季が入っています。本当です。
常連さんの店になっているんだろうな。
ブラジルストレート珈琲ですから美味いんですが
出てくるのが早い・・・どうしてだろう?Simg_1565

大阪市北区角田町9-23
06-8313-4411
営業時間 8:00~18:30

| | コメント (4) | トラックバック (0)

神戸、北野 日本料理「波勢」(はぜ)

今日は記念日・・何の?でしょ(まあぁいいか・・・)S20090321_31
よくイタリアン、そう元町の「トラットリア・マルコ」に行くのだが
今日は趣を変えて「日本料理」で
北野にある「波勢」に・・・・
二階の個室に通された。
最大4人の部屋、本当に静かで落ち着く
掘りごたつ形式なので、足も楽でゆったり出来る。
今日は東雲コースです。(高くはないです)
先附として、酢味噌和え(独活、分葱、こんにゃく)と
胡麻豆腐(山葵、旨出し)
S20090321_6S20090321_7



椀物は竹の子真丈(法連草、花びら人参、木の芽)
S20090321_8_2



造里(お造り)はまぐろ、しまあじ、蛸
S20090321_9



煮物は大根、南瓜、小芋、海老黄身煮、うすい
花びら百合根、木の芽
S20090321_12



焼物八寸として、鰆木の芽焼き、なまこ酢
隠元豆黄身和え、鯛の子煮凍り、サーモン巻き寿司
一寸豆塩蒸し、ばい貝旨煮、小切茄子蕗味噌田楽
S20090321_15



揚げ物として、鱚、竹の子、新牛蒡、青唐、紅生姜
S20090321_17



酢の物は、身赤、貝柱、うるい、胡瓜、ゼリー酢掛け
S20090321_18



食事はもずく雑炊
香の物として四種盛り
S20090321_20



最後に、水物として苺ゼリー、キウィ、アングレーズソース、ミント
S20090321_21



デジカメが自分のものでないために
画像がよくありません。S20090321_25
接写向きではないのです。
ご勘弁ください。
ビール、日本酒、焼酎といただきました。

たまにはゆっくりと静かに食事と酒を・・・・
これからもよろしくお願いいたします。
(誰に言ってるんでしょうね)S20090321_27

Aさん、Iさん急に呼び出してごめんなさいね。
びっくりしたでしょうね。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

神戸・元町 cafe「Azuma」

元町駅から西向きにぶらぶらと歩いていてS20090320azuma_6
元町通り商店街の一本北の筋
ふと通り過ぎたところの「営業中」の看板
ここ喫茶店なのか?
どこ?どこ?
ここの2階?
中の様子は一切分からず、「行ってみるか!」とS20090320azuma_7
階段を上がり、ドアを開くと
古本屋、中古レコード店を思わせるような中に、
テーブルが3つ、カウンター席も3席ありました。
コーヒー、アメリカンが400円
アイスコーヒー、カフェ・オ・レ、紅茶は450円
チャイやココアも450円です。S20090320azuma_2
年代物の「LIFE」が壁面一杯にあり
レコードが山積みになっていて
映画音楽が流れている。
S&Gが流れていたな・・懐かしい。
カメラが大好きなマスター。S20090320azuma_3
古いカメラがたくさんありました。
ゆっくり出来る空間を見つけたような気がします。
マスターに教えていただいた
「海文堂」の古本市に寄ってきました。

Azuma 神戸市中央区元町通3-13 2FS20090320azuma_5
      078-371-4411

| | コメント (0) | トラックバック (0)

摂津本山 cafe de fellow

摂津本山駅の北側を線路沿いに東へ50メートル、S20090317cafed_de_fellow_1
山小屋風のお店がある。
以前にも紹介したことのある
「cafe de fellow」である。
珈琲はサイフォンで淹れてくれる。
11時半まではモーニングサービスがある。S20090317cafed_de_fellow_12
珈琲とハムサンドのセット、これで600円です。
珈琲カップはニシムラ珈琲を思い出させるカップ。
大阪にある「アメリカン」もこの手のカップだったな。
厚手の陶器で、店名がしっかりはいています。
4人かけのテーブルが5つ、S20090317cafed_de_fellow_6
カウンター席が5席、南向きの明るい店内です。
お店のお知らせには
menuとして
1.サイフォン珈琲
2.懐かしのワッフルS20090317cafed_de_fellow_8
3.やさしい時間
4.幸せのエッセンス と書かれており
fellowはずっと変わらない珈琲屋さんです。とある。

神戸市東灘区岡本1-2-4
電話 078-451-6677
営業時間 9:30~20:00
定休日 月曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトディ・・・・・チーズケーキとプリンがやってきた

3月14日はバレンタインに対抗して「ホワイトディ」です。S20090314_5
Aさまと(男性)とIさま(女性)から、
私ではなく、我が家の娘がいただきました。
大阪銘菓「焼きたてのチーズケーキ」・りくろーおじさんの店のチーズケーキをホワイトディにいただいた。
さらに、兵庫県西宮市の「王様エッグの手作りプリン」のプリンのセットをいただいた。S20090314_3

えびで鯛を釣るのではなくて、
えびで鯨を釣ったような感じで申し訳なく思っております。
家族で楽しませていただきました。
王様エッグは我が西宮のお店、また行かせてもらいましょう。Slogo_2

バレンタインディのお返しにと
「bebebe」のチョコを用意しました。
かわいらしい球状のものやハート型などS20090314bebebe_4
小さいながらも美味しいかわいいチョコがいっぱいでした。
贈り、贈られ、これがいいのかもしれませんね。
言葉も一方通行では意味がありません。
双方向になってこそコミュニケーションが成立するのです。S20090314bebebe_10
そういうことが今不足しているのではないでしょうか。

これからも人と人とのつながりを大切に・・・そうして行きたいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画「さくらんぼ 母ときた道」

映画サークルの鑑賞会で
中国映画「さくらんぼ 母ときた道」を観た。
知的障害を持つ母親、S
足が不自由な父親。
母親は小さいとき父親の母に拾われ、育てられ
両親が亡くなるとき結婚した。
とても貧しい生活をしている。
子どもを欲しがったがなかなか出来ない
そんな時、女の子を拾う。
男子は労力として必要とされ喜ばれたが、
女子は喜ばれなかった。
母親が一生懸命育てる
かわいくてかわいくて仕方がない。
小さなころはいつも一緒にいてくれる
母親が大好きで、母親が取ってくれる
「さくらんぼ」が大好きだった。Photo
しかし、学校に行き始め
「うすのろ」とみんなから呼ばれる
母親が疎ましくなってきた。
母親、父親、子どもの家族としての葛藤を
いろいろな場面で考えさせてくれる。
知的障害を持つ母親役に挑戦した
中国の実力派女優、苗圃(ミャオ・プー)に拍手喝さいです。

すでにDVDが出ています。ぜひご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「チェンジリング」

シングルマザーが子どものために一生懸命働く。332551view001_2
その子どもが、ある日突然いなくなる。
警察が捜してくれた子どもは、我が子ではなかった。
しかし警察は押し付けようとする。
それを誤りだと訴えると、警察により精神病院へ送られる。
事実が判明するまでの、我が子を求めて戦う母親の332551view009
姿を追った実話である。
クリント・イーストウッド監督により、1920年代当時、
堕落したロサンゼルス警察が保身のために行った
数々の非道な行動が、実際にあったという事実に驚かされる。
実生活でも母親であるアンジェリーナ・ジョリーが、
エレガントだが強さを内に秘めた母親を熱演。332551view007_2

あってはならないことであるが、実際にあったのだ。
かなりハードな場面もある。
だから、詳しく語るより見てもらうほうがいい。
今の日本では考えられないことのようだが、
もしも当事者になったらどうだろう。
本当に日本は安心できるんだろうか・・・
などと考えさせられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「マンマ・ミーア」

ブロードウェイ・ミュージカルで有名な「マンマ・ミーア」が映画化され
たくさんの人がもう観られたことと思う。Main_large
ABBAのヒット曲で全編に流れ
エーゲ海に浮かぶギリシャの小島での物語。
20歳のソフィは結婚式を間近に控え、
母子家庭で育ったソフィの願いは
父親とバージンロードを歩くこと。
母親ドナの日記を内緒で読んだソフィは、331238view008
父親の可能性がある母の昔の恋人3人に招待状を出す。
20年ぶりに再会した男女が織り成す物語。
誰が父親なのか?
20年前に戻れるのか?
コミカルな中にも人としての心情も描かれSub2_large
軽快な音楽にのって物語が進められる。

観に行きたいねと言っていた映画
休みだからと、娘と観に行った。
さすがに女性が多かったがSub3_large
懐かしい音楽を聴きながら、軽快な展開に
1時間50分はあっという間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイモンドのパワー炸裂・・・・神戸モダンジャズクラブ第11回ライブ

3月14日 17:00~ 中華会館でS20090314kmjc
Kobe Modern Jazz Club Liveの第11回目のライブがあった。
今回はレイモンド・マクモーリンというテナーサックス奏者を招いて
祖田修(pf)、田中洋一(tp)、時安吉宏(b)、佐藤英宜(dr)のメンバーで
8時近くまで、1部、2部の構成で行われた。

いつもたくさんの人が足を運んで下さる。S20090314kmjc_19
早い方は3時ごろからおいでになっている。
その頃ホールではリハーサルが行われていた。
レイモンドは今日が初対面・・・。
さぁ、どうのような音になるのか。
流暢な日本語でコミュニケーションをとりS20090314kmjc_20
さすが音楽を通じて、すぐのまとまっていく。
レイモンドと田中さんの絡み、
熱いドラムの佐藤さん
あくまで冷静な祖田さんと時安さん
管が入ったバンドは迫力があって良いですね。

お客さんの感想はS20090314kmjc_12
「トランペットがすごかった」
「アドリブのからみが面白かった」
「レフトアローンが聞けてよかった」
「いい音が出てましたね」
「神戸はスイング系のイメージがあるけど、今日はよかった」
などなど・・・・好評でした。

次回は9月にやるとの予告もありました。
さて、12回ライブはそんな出し物になるのかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

観音屋の「チーズケーキ」

神戸、元町に観音屋という喫茶店がある。
店は地下にある。Sdsc03586
チーズケーキが有名だとは聞いていたが
あまりケーキを好んでは食べないので
ここに載せる機会がなかった。
今日、下宿をしている子どもが帰ってきていると聞いて
大阪駅で偶然見つけて買って帰った。
大阪駅にスィーツコーナーがあるんです。
そこに入っていました。Sdsc03588
(見つけるまではikariで何か買おうと思っていました)
一週間冷蔵で持つようです。
オーブンや電子レンジで温めて
チーズを溶かして食べるそうです。
なかなかお店のようには上手く溶けませんが
温めてすぐは美味しいそうです。Sdsc03587
喫茶店の様子については
しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

越智順子さんのライブCD

2008年7月27日に亡くなられた越智順子さんの
2007年度のライブCDが3月6日に発売されました。
私は友人からメールで教えてもらい。
本日梅田のWaltyで早速購入し
ただいま聞いております。Sdsc03591
「LIVE at SOMETIME」というタイトルで
1. I Want You
2. It Might As Well Be Spring
3. L-O-V-E
4. Sabor A Mi
5. Bye Bye Blackbird
6. Flamingo
7. You’ve Got A Friend
8. Side By Side
9. I Can’t Give You Anything But Love
10. I Wish You Love
11. The Way We Were
12. Fever
13. Goody-Goody
が録音されています。
演奏は
ユキ・アリマサ (p), 佐藤“ハチ”恭彦 (b)です。
二度と聞くことの出来ない歌声です。
本当に貴重だと思います。
我が友人は、オチジュンさんが本当に好きだったようです。
私は高槻での見たのが最後の姿です。
雰囲気のある、聞かせる歌ですね。
ぜひ皆さん聞いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の喫茶店「ブレーメン」「珈琲館」「セキ珈琲館」

ゆっくり本を読んだり、話をしたり、ボーっとするだけでもいいS20090305_4
そんなときによく喫茶店に行きます。
友達や仲間と行くこともあるけれども
一人で行くことも多い。(ちょっと寂しいかな)
で、ここでは3つの喫茶店を・・・・・
新しい喫茶店は「ブレーメン」場所は阪急三宮駅東口の西より高架下です。
サンマルクcafeの西側にあります。S20090305_1
オレンジ色の看板が目を引きます。
11時までなら珈琲が250円で飲めます。
店内はかなり広く、ゆったりとした椅子です。
カウンターとテーブル席がある。
珈琲はドリップでサーバーにまとめて淹れているのかな?
モーニングセットもあります。S20090305_2

神戸駅の西に「珈琲館」があります。以前にも紹介をしていますが、
萩原珈琲の豆を使ったお店で
カウンターと10席ほどのテーブル。
マスターが丁寧に珈琲を淹れてくれます。
ケーキも美味しいそうですが・・・・S20090305_3
まだ食べたことがありません。


最後は「セキ珈琲館」
ここは三宮のダイエーの9階
広い店内でゆっくり出来ますが。S20090302_3
珈琲の量が多い。
ご覧のように大きなカップに一杯の珈琲
もう少し少なくても良いですよ。
「ご来店ありがとうございます」という
手書きの文字がうれしいですね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

JAZZを聴こう!3月14日

あと10日です。
毎年2回行われている、Kobe Modern Jazz Clubのライブが
3月14日中華会館で11回目のライブを行います。
会費1000円で2時間半の2ステージ
超お得です。09_03_14live_2
今回は初めて外国人アーチストを招いてのライブ
詳しくは「茶房Voice」のHPよりご覧下さい。
なお、今回のライブで演奏される予定の曲は
Valse Hot-ソニー・ロリンズ
Body And Soul-コールマン・ホーキンス
Adam's Apple-ウェイン・ショーター
Moment's Notice-ジョン・コルトレーン
Visa-チャーリー・パーカー
Miss Ann-エリック・ドルフィー
Innor Urge-ジョー・ヘンダーソン
Isotope-ジョー・ヘンダーソン
Count Down-ジョン・コルトレーン
Segment-チャーリー・パーカーなどなどです。
このブログをご覧の方、3月14日はぜひ神戸へおいで下さい。
一度見ると癖になりますよ。


問合せ先
茶房Voice 078-334-3668
またのこのブログで・・・よろしく

| | コメント (6) | トラックバック (0)

映画「オーストラリア」

映画「オーストラリア」を観ました。
火曜日はレディースデイということもあり、圧倒的に女性が多かった。331364view008
 単身で住んでいる夫を訪ねて第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)が訪れる。夫は直前に殺害されており、残された広大な土地と1,500頭の牛を相続し、土地を守るために現地のカウボーイ、ドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)と手を組み、遠く離れたダーウィンまで牛を引き連れて行かなければならなかった。331364view006
反目しあう二人だったが、長旅やアボリジニの孤児の少年ソラとの出会いを通し、徐々に惹(ひ)かれあっていくという、ラブストーリーと民族問題を含んだ物語。

逞しい女性の姿が描かれている。
まぁ、よくキスをする二人でした(笑)
165分と長編です。途中でトイレに行く人もちらちら・・・・。331364view017
オーストラリアという広大な大地が、根底にある壮大な映画です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はじけました金曜日の夜

この一年の大きなイベントが金曜日に終わり
その夜、打ち上げが・・・・・
はじまった時間が9時半だったので、終わるのは深夜12時前
今年度一番のイベントが終わったので
今日は発散するぞと・・・・・いつもの店に
本当によく気配りをしてくれます。
打ち上げでは食べてないだろうと、
おなかが満足するものを用意してくれていた。
時間も遅くなったため、周りは・・・「あれれ?」
お客さんになくなったよ・・・・・。
えーぃ、カラオケしよう!と
カラオケタイムに・・・・・
昔懐かしい曲にたくさん付き合ってもらいましたね。
「白いページの中に」に一番驚きました。
今から30年近く前にもらったカセットの中に入っていた曲です。
これを探していたんだ!
「好きだった海のささやきが   今は心にしみる
よみがえる午後のやすらぎも  白いページの中に」
と、「柴田まゆみ」さんの曲だということも
教えてもらった。ありがとう、ありがとう!
みんなでのはじけぶりを画像にしておけばよかったが
画像に残せないものもあったな。
本当に私のとって家(ホーム)のような店です。
心より感謝!
そういえば、誰か歌ってたな・・・ホーム

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

アカデミー賞の美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞を受賞した
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観た。330912view011
生まれたときには、もう後数日で死ぬような老人のようにして生まれ
日々若返っていくという数奇な人生を送ることになるベンジャミン。
ブラッド・ビットがベンジャミンを演じることでも有名になったが、
最初から最後までブラビでは無理であり
年代ごとに人が変わる。330912view005
映画の冒頭に時計職人が戦争に反対をする意思表示
戦死した人たちにもう一度時間を取り戻させようとして
逆周りをする時計を設置する。
それが人生を逆に回るこの映画を暗示する。
過ぎ去った過去は、どんな人生を歩もうとも
取り返しがつかない、戻れない。330912view016
だからこそ、前向きに考えて生きよう。
167分と結構長いが、長さは感じない。
いろいろな展開があり、人との出会いがあり
退屈をせずに見れるが、感動という点ではもうひとつかな。
設定が現実離れしているため、現実味が薄いからか。330912view018
周りが自分のことを、表面でだけ 判断し、理解してくれなければ
生きていくのは結構大変だということが分かる。
相手役のケイト・ブランシェット (デイジー)が好演している。
デイジーが死と向き合ったなかで回想的に展開が進むのも面白い。

今日は1日、ファーストデーということで超満員でした。
西宮ガーデンズの東宝シネマで観ましたが、Sdsc03540
家から歩いて15分、前日予約ということで
計画的に楽々と・・・・・・。
さて、次は何を見ようかな・・・・「オーストラリア」かな

| | コメント (6) | トラックバック (3)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »