« 第62回一東書道会展 と第3回篆靄社游藝展 | トップページ | 映画「レッドクリフPart2」-未来への最終決戦- »

映画「天使と悪魔」

トム・ハンクス主演で話題の「天使と悪魔」
1日の映画デーに見に行きました。332388view001
原作を読破する前に見てしまい、ちょっと残念ですが、
最後まで読もうと思っています。
原作と映画の違いが大きかったですね。
2時間半ですからかなりカットされている感じがします。
話の筋として間違いはないのですが、332388view005
物語の幅がなくなっていますね。
直球一本という感じです。
先に原作を読まれたからは
物足りなさを感じられたのではないでしょうか。
見てから原作を読まれる方は332388view003
原作の幅の広さを感じることができると思います。
上中下とありますが、読破する楽しみはあると思います。

|

« 第62回一東書道会展 と第3回篆靄社游藝展 | トップページ | 映画「レッドクリフPart2」-未来への最終決戦- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/45208452

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「天使と悪魔」:

» 天使と悪魔 [映画と本の『たんぽぽ館』]
謎を解き、火の中、水の中・・・            * * * * * * * * ダヴィンチ・コードに継ぐ、ラングドン教授のシリーズ第2弾。 本は、こちらの方が先に出版されているのですが、 この映画では、ダヴィンチ・コードのあとの話ということになっています。 前回映画を見たときに感じたのは、 本で相当のボリュームであったものを、 映画で2時間と少しの映画に凝縮すると、ストーリーを追うことで精一杯。 まるでダイジェスト版を見るような物足りなさ・・・、そんなことでした。 今回も、やはりその感は... [続きを読む]

受信: 2009.06.10 20:25

« 第62回一東書道会展 と第3回篆靄社游藝展 | トップページ | 映画「レッドクリフPart2」-未来への最終決戦- »