« 30年ぶりの再会の報告です | トップページ | 夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」巻ノ二 »

夙川の桜と珈琲屋「羅甸區」(らてんく)

我が家から歩いては少し遠いが自転車なら充分なところに
120100403_2
夙川がある・・・・・・この時期は桜の名所です。
娘とぶらぶらと歩いてみました。
土曜日ということもありたくさんの花見客でした。
結構若い人が多かったですね。
香梠園から甲陽園まで歩くと大変ですが
天気のいい日には体にいいかもね。

阪急夙川の西側に珈琲屋「羅甸區」があります。120100403_1
もともとは神戸・元町の駅の北側にあった店ですが
懐かしく久しぶりに行きました。
娘と一緒なので
珈琲の飲めない娘は紅茶とケーキを
ここは珈琲でも紅茶でも2杯分出てきます。
残りをポットで出してくれます。120100403_14
一人で来てもゆっくり、時間を過ごすことができます。
時間を気にしなくていいような気もするのですが、
周りは時計だらけです。
アンティークな柱時計がいっぱい。
どれが正しいのかなと探してしまいます。120100403_19
珈琲の受けとしてここでは金平糖と乾パンが出ます。
なかなかユニークですが、うれしいですね。
どうか皆さん、一度是非行ってください。
このブログを読んでくださている方は
きっと気に入ってもらえると思いますよ。120100403_22
穴場です・・・穴場

娘はベイクドチーズがおいしかったと喜んでいました。

|

« 30年ぶりの再会の報告です | トップページ | 夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」巻ノ二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/47998667

この記事へのトラックバック一覧です: 夙川の桜と珈琲屋「羅甸區」(らてんく):

« 30年ぶりの再会の報告です | トップページ | 夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」巻ノ二 »