« 切り番ゲットのプレゼントとコンサートの告知(金谷こうすけ) | トップページ | ♪「第11回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト」♪ »

村上春樹「ノルウェイの森」

今話題の「1Q84」の作者、村上春樹の文庫本の帯に、
12月に映画が封切られるということが書かれていたので
これを機に読んでみようと思い、読み始めた。
高校生、大学生が友人の死や病気などを通して
ワタナベくんと周りの人間が成長していく過程の物語。294_2
1987年の作品ですから、昭和の終わり、
今とは若者の様子も違うし、生活環境も違いますね。
「死は生の対極にあるのではなく、我々の生のうちに潜んでいるのだ」
我々は生きることによって同時に死を育んでいるのだ。・・・という
キズキや直子の死に対する考え、思いを語る場面がある。
大切な人を亡くし、これから前を向いて生きるにはどうすればいいか
考えさせられる場面ですね。
村上氏の小説には音楽がいっぱい出てくる。293_2
題名にもなっているビートルズの「ノルウェーの森」や「ミッシェル」
ビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビィ」
「ディア・ハート」「クロス・トゥ・ユー」・・・・
最後レイコさんがギターで50曲引く場面、
そこを読みながら、Youturbでその曲を聴くというのも
なかなか楽しいものです。便利になりましたね。
さて、映画はどの様に仕上がるのでしょう。
期待はずれにならないことを願います。

|

« 切り番ゲットのプレゼントとコンサートの告知(金谷こうすけ) | トップページ | ♪「第11回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト」♪ »

コメント

懐かしいですねー。
今、思うと自分が学生だったころ、当然、この小説の主人公のような出来事はなく、単純にこの世界に浸ってたんだと思います。
ある意味、自分の知らない世界に憧れているのと同じなのかなと・・・
なんてことを、最近に「1Q84」フィーバーを見て思っています。
みんな、逃避行したいんじゃないでしょうか。

投稿: | 2010.05.07 17:52

亮さん、コメントありがとうございます。
今になって「ノルウェイの森」を読んでみると意外な面白さに気がつきますね。
あまりに話題になりすぎると、構えてしまいますね。
もう少し村上春樹を読んで、「1Q84」に挑戦しようかな。
JAZZものが多いですね。

投稿: fujisan | 2010.05.08 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/48292664

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹「ノルウェイの森」:

« 切り番ゲットのプレゼントとコンサートの告知(金谷こうすけ) | トップページ | ♪「第11回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト」♪ »