« 第4回 篆靄社(てんあいしゃ)游藝展(ゆうげいてん) | トップページ | 対オリックス戦、初勝利! »

映画「パーマネント野ばら」

映画「パーマネント野ばら」を観てきました。Main_large
海辺の人間関係のどろどろした漁村が舞台。
できるやつはみんな町を棄て出て行き、
変な奴ばかりが残っている。
という言葉に象徴されるように、出てくる人物はみんな個性がデフォルメされているように特異なキャラクターだ。だから現実的かといえば、ちょっと考えてしまうが、田舎の泥臭さがよく表されていました。
 菅野美穂演じる「なおこ」は夫と離婚し、Sub1_large
一人娘のももを連れて実家に戻り、
母・まさ子(夏木マリ)が経営する
「パーマネント野ばら」という美容室を手伝う。
毎日近所の女性たちのたまり場となっているところである。
まさ子は最後の夫・カズオ(宇崎竜童)とは別居中。
なおこは、高校教師のカシマ(江口洋介)と、Sub2_large
誰にも秘密でひっそりとした交際を続けていた…。
なおこや友人・ともちゃん(池脇千鶴)・みっちゃん(小池栄子)の
人間模様がすさまじく描かれている。
現実離れしているようで、人間の根幹が表されているようでもある。
原作は西原理恵子さんのマンガです。004
中にギターソロが流れます。これは素敵でした。
主題歌は「さかいゆう」さんが担当です。

|

« 第4回 篆靄社(てんあいしゃ)游藝展(ゆうげいてん) | トップページ | 対オリックス戦、初勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/48544569

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「パーマネント野ばら」:

» 映画「パーマネント野ばら」を観た感想 [映画初日鑑賞妻]
★★★女たちのスッタモンダが延々と描かれて、肝心の、なおこのストーリーが横に行っちゃった。だから、それで? 状態。ウルウルは来た。その気持ちもわかる。女の子だもん。でもだからって納得はしないよ。 ... [続きを読む]

受信: 2010.06.18 00:57

« 第4回 篆靄社(てんあいしゃ)游藝展(ゆうげいてん) | トップページ | 対オリックス戦、初勝利! »