« 映画「エアベンダー THE LAST AIRBENDER」 | トップページ | 西宮 中華料理「華厨香」(かちゅうか) »

映画「パリ20区、僕たちのクラス」

今日は15日、リーブルの日ということで001
シネ・リーブル神戸に以前から気になっていた
「パリ20区、僕たちのクラス」を観に行った。
これは第61回カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した作品です。
11:10からの上映だったのですが、ぎりぎりに行くと
なんと立ち見でした。本当にいっぱいのお客さんで久々の立ち見です。
一日に一度の上映ですから、次にという訳にはいきません。002
仕方なく、借りたクッションを使って
何とか高い座高を利用して座って見ました。
そういえば、金曜日の神戸新聞に
映画の紹介で載っていたような気がするな。
私自身も予告編から気にはなっていたのです。
いろいろな国の子どもたちが、経済的状況も違う中で004
ひとつのクラスの中で、フランス語の国語の授業を受ける。
これは今の日本の学校の中にも適応されるところって
たくさんあるような気がしたな。
そこの中で、どのように授業を行うのか
秩序をどのようにして保つのか
などなど・・・考えさせられる場面がありました。
一人の問題児が、周りの状況に乗って勢いで003
反抗的態度に出たときの、対応について
規則をそのまま適応するのか
その生徒の背景を考慮するのか
そんな議論、今の世の中でもあるような気がしますね。
ただ、残念なのは、その場面からの後の流れが、
余りにあっさりし過ぎていました。
起・承・転までは本当によかった。
しかし、結の部分で尻すぼみになってしまったようだ。
だから、どうだったのかが見えなかったな。残念。

|

« 映画「エアベンダー THE LAST AIRBENDER」 | トップページ | 西宮 中華料理「華厨香」(かちゅうか) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/49156320

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「パリ20区、僕たちのクラス」:

« 映画「エアベンダー THE LAST AIRBENDER」 | トップページ | 西宮 中華料理「華厨香」(かちゅうか) »