« アロージャズオーケストラ サンケイホールブリーゼ | トップページ | シプリアン・カツァリス ピアノ・リサイタル 芸文センター »

「映画が恋したKOBE展」 9月30日から、さんちかホール

神戸は「映画のまち」
明治29年にキネトスコープがはじめて上映されたまち
昭和7年にはチャップリンが神戸港から上陸
そして、この10年間では1600作品以上のロケが行われている。
(「神戸シネマップ」(神戸フィルムオフィス)を参考に・・・)
その神戸で、「映画が恋したKOBE展」が開かれる。
三宮の地下街、さんちかのホールで9月30日から10月5日までです。
http://www8.kobe-np.co.jp/blog/event-guide/2010/09/post-35.html
一度足を運んで、神戸と映画のかかわりを見てみようと思います。

平成12年にできた「神戸フィルムオフィス」1dsc08727
ここが中心になり、ロケなどのお世話をされていますが、
今日の神戸新聞の記事
「尖閣問題影響か 神戸フィルムオフィスHPが被害」
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0003472242.shtmlと出ていました。
中国ともかかわりの深い神戸です。
難しい問題ですが・・・・

|

« アロージャズオーケストラ サンケイホールブリーゼ | トップページ | シプリアン・カツァリス ピアノ・リサイタル 芸文センター »

コメント

かかわり深い事はたくさんありますよね。私自身も中国は何度行っても観光したりなく又行きたい国のひとつです。只、民族性は何度行っても好きにはなれないと思ってますが。もっと広大な土地のように大きな考え方をしてもらいたいです(>_<)
おっしゃる通り難しいですね。

http://blog.goo.ne.jp/deko0111s
メール送信しようかと思いましたがアクセス不可でした。
恥ずかしいような単なる主婦のブログなのでさらーっと見て下さいネ。

投稿: 一人静 | 2010.09.25 17:24

いつもありがとうございます。
船長を釈放したのに・・・まだもめそうですね。
隣同士・・・・仲良くしたらと思いますが、
国を代表すると、甘いことはいえないでしょうが
これから難しそうですね。

投稿: fujisan | 2010.09.25 17:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/49555744

この記事へのトラックバック一覧です: 「映画が恋したKOBE展」 9月30日から、さんちかホール:

« アロージャズオーケストラ サンケイホールブリーゼ | トップページ | シプリアン・カツァリス ピアノ・リサイタル 芸文センター »