« 映画「特攻野郎Aチーム」 | トップページ | 首位陥落!・・・・なぜ福原? »

死守した首位の座、勝ちに等しい引き分け

死闘でしたね。延長12回引き分け。Photo
対中日、1勝1敗引き分け。
本当の首位決戦でした。
2対1で負けていた9回
首位を明け渡したかと思ったのですが
ワンアウトの後、城島がレフトヒット
代走で大和が登場、ピッチャは岩瀬に交代Photo_2
ここで大和が二盗に失敗、これが痛かった
打者、藤川俊介は右中間にスリーベースヒット
あ~ぁ、1点取れていたのに・・・・
さらに代打、桧山がライトへタイムリーヒット
でようやく同点に追いついた。(勝ちゲームだったなぁ)Photo_4
10回には平野三振の後、鳥谷がセンターへヒット
新井・ブラゼルも続いてレフトへヒット、満塁です
ここで浅井の打球はショートへのライナーで
ダブルプレーとなり、得点できなかった。(残念)
ここでアウトになったブラゼルの怒りが爆発
審判に猛烈に抗議し暴言で退場・・何て言ったんだろう?Photo_5
本当に、総力戦でしたね。能見が戻ってきたのは大きいね。
藤川球児もがんばって投げ、最後福原もよく抑えた。
打線がもうひとがんばりしてほしかったな。
併殺打や三振が多かったな。
今日の疲れをしっかりとって、Photo_6
明日からのヤクルト戦を気を抜かずに
しっかり戦おう!
そして、横浜で稼ぎ、巨人・中日とここが勝負どころですね。

画像はサンスポさんからお借りしました。
http://www.sanspo.com/baseball/news/100910/bsb1009100020001-n1.htm
http://www.sanspo.com/baseball/news/100910/bsb1009100009000-n1.htmなどなど・・・・・

|

« 映画「特攻野郎Aチーム」 | トップページ | 首位陥落!・・・・なぜ福原? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/49402873

この記事へのトラックバック一覧です: 死守した首位の座、勝ちに等しい引き分け:

« 映画「特攻野郎Aチーム」 | トップページ | 首位陥落!・・・・なぜ福原? »