« 残されたものは? | トップページ | 映画「ナイト&デイ」(KNIGHT AND DAY) »

感動!地下7000メートルからの生還

今日は朝から、いよいよ救出だという番組をどの局もしていた。Photo
しかし、仕事に行かなければならず、救出の場面は見られなかった。
夜遅く、帰ってからニュースで見た。
そして、15人目がカプセルに乗って
引き上げられ始めたところも見た。
すばらしいですね。人間の技術!
また、これだけ長期の間がんばった人たち
暗いニュースばかりの中で、助かるだろうとは思っていたけどPhoto_2
現実になるとすばらしいですね。
生きていることが見つかったこと自身がすばらしく
そこでがんばっていることがわかっているなら
人間の叡智を集めて何とかできる。
8月23日の記事
http://www.asahi.com/special/rakuban/TKY201008230088.html
最初の生還者
http://www.asahi.com/special/rakuban/TKY201010130237.html


昨日の暗いブログから考えれば、少し明るくなりました。

急に話し変わって。
そう、ハロウィンパーティーをやるってお誘いがあったな。
みんなで集まって楽しく、わいわいと・・・それが元気の源かな。

|

« 残されたものは? | トップページ | 映画「ナイト&デイ」(KNIGHT AND DAY) »

コメント

チリの救出された人のように幸運の持ち主もいれば、岐阜では突然解体工事現場の壁面が崩れ落ち下敷きになり命を落とした女子高生もいます。運命とはいえ、複雑な感情です。

投稿: 一人静 | 2010.10.14 23:22

一人静さん、コメントありがとうございます。
命にかかわる事故・事件が多いですね。
自分に直接関係がなければ、ただの傍観者でいられるのですが、
明日は・・・・わからないのですよね。
だから、何ができる、何をしないといけない?
となるのですが、
気をつけよう、という気持ちを
持つことが第一歩かなと思います。

投稿: fujisan | 2010.10.14 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/49737150

この記事へのトラックバック一覧です: 感動!地下7000メートルからの生還:

« 残されたものは? | トップページ | 映画「ナイト&デイ」(KNIGHT AND DAY) »