« 西宮のcafé「caho」 | トップページ | 冬木枯らしと星空 »

「永遠(とわ)を旅する者」終わりました。

重松清さんのゲーム「ロストオデッセイ」のサブストーリー本
「永遠を旅する者」を読み終わりました。
なかなか面白かったですね。
これが重松清?と思わせますね。
氏自身も、あとがきで「一期一会」。もうないと思うと書かれています。
以前にもここはというところを紹介しましたが、Photo
今日も、「嘘つきの少女」というところで
「人間は、嘘をつく唯一の生き物だ。
人を陥れるための嘘、自分が得をするための嘘、
そして、寂しさや悲しさに押しつぶされそうになる
自分の心を守るための嘘……。
この世に嘘がなければ、
きっとたくさんの争い事や誤解は消えてなくなるだろう。
だが、この世に嘘と真実が入り交じっているからこそ、
ひとは、「信じる」ということを覚えたのかもしれない。」
この文章、なかなか考えさせますよね。
31の超短編からなるのですが、なかなか短い文章に
考えさせられました。

|

« 西宮のcafé「caho」 | トップページ | 冬木枯らしと星空 »

コメント

寂しさや悲しさに押しつぶされそうになる自分の心を守る為の嘘・・・自分に嘘をついて何かを行動に移すのは嫌ですが
心を守る為・・・・よくわかります。
早速、読んでみたくなりました。

投稿: 一人静 | 2010.10.26 00:59

一人静さん、コメントありがとうございます。
ゲームのサブストリー本で
永久の命を持っているので・・・現実味はないのですが、
中のせりふなどに、考えさせられますよ。
まず、立ち読みをしてください。

投稿: fujisan | 2010.10.26 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/49847669

この記事へのトラックバック一覧です: 「永遠(とわ)を旅する者」終わりました。:

« 西宮のcafé「caho」 | トップページ | 冬木枯らしと星空 »