« クライマックスシリーズとピアノコンサート | トップページ | 感動!地下7000メートルからの生還 »

残されたものは?

先日サンテレビ(兵庫県内をエリアとするローカル局)で
ソネのママさん「曽根桂子」さんの追悼番組をしていた。
2年前のソネ40周年の記念番組の再放送でした。
以前は旅館らしくない旅館「わかば」をやっておられ、
それからライブハウスに転身されたらしいですね。
林隆三さんの案内で1時間の番組が進行します。
新聞記事でも取り上げれられていました。
http://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/0003488071.shtml
人の良さ、皆さんから慕われていた様子がよく伝わってきます。
昼の1000円のライブや修学旅行生の受け入れなど
JAZZの裾野を広げようとされていたことがよく伝わってきます。
この気持ちが亡くなられた後も引き継がれていくんでしょうね。

今日のニュースでは、なくなられた後に見つかったものとして
こんな記事がありました。
「魯山人怒りの手紙 阪急創業者に、美術品の値段巡り応酬」
http://www.asahi.com/culture/update/1008/OSK201010080125.html
美術品の評価に対する怒りのようです。

亡くなられた後からわかること・・・・・1eddie_2
私の身近で急逝された方があります。
甥っ子の時もそうですが、本人も心の準備もなく
ましてや周りの者は何の準備もなく
ある日突然いなくなるのです。
残された者、残された物はどうすればいいのか。
これだけ情報がたくさんあふれている中
メールや画像やデジタル化された多くのものが
小さな小さなものの中に凝縮されて残ります。1hank_2
残された者は、知らなかった一面を知ることになり、
そこにも泣き笑いがあります。
明日が来ないことを信じて生きることなんてできないですよね。
現実としてはあるのですが、
少しぐらいは用意をしたいと思うのは、甘いのでしょうか。
すべてがオープンな人っているのだろうか?
ちょっと考えさせられてしまう、・・・そんなことがありました。

画像はエディ・ヒギンズとハンクジョーンズ
一緒に撮らせていただきましたが、ともに今は亡き人です。

|

« クライマックスシリーズとピアノコンサート | トップページ | 感動!地下7000メートルからの生還 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/49727394

この記事へのトラックバック一覧です: 残されたものは?:

« クライマックスシリーズとピアノコンサート | トップページ | 感動!地下7000メートルからの生還 »