« 雪月花の「ハロウィンパーティ」 | トップページ | 阪神の結果報告と「パン・デ・ロー」 »

「リム・ユヒャン&青木千恵子ジョイントコンサート」

今日は西宮・アミティホールで
阪神大震災復興祈念コンサート2010「秋」の1dsc08857
「リム・ユヒャン&青木千恵子ジョイントコンサート」
<ショパンとリスト 名曲探訪の旅>がありました。
第1部はショパンで
まず、リム・ユヒャンさんが
(1) ワルツ 第1番 変ホ長調 作品18 「華麗なる大円舞曲」
(2) ノクターン 第8番  変ニ長調 作品27-212010
(3) ポロネーズ 第6番 変イ長調 作品 53 「英雄」
青木 千恵子さんが
(4) ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 作品35 「葬送行進曲付」
休憩後、第2部はリストで
リム・ユヒャンさんが
(5) パガニーニ大練習曲集 第6曲 イ短調  S141-6 「主題と変奏」
(6) パガニーニ大練習曲集 第3曲 嬰ト短調  S.141-3 「ラ・カンパネラ」
青木 千恵子さんが
(7) 愛の夢 第3番 S.541-3
(8) 3つの演奏会用練習曲 第3曲 変ニ長調 S.144-3 「ため息」
最後はお二人の連弾で12011
(9) ガーシュウイン:ラプソディ・イン・ブルー
アンコールは、リム・ユヒャンさんが「アリラン」
そして連弾で「ハンガリー舞曲第5番」でした。

リムさんはMCの中で、ドレスが着たかったのですが、
出産後戻りきっていないのでドレスが着られませんでしたと、
2部ともチョゴリを着られた説明をされていました。
ちなみに1部はお母様のチョゴリだったそうです。
青木さんが弾かれた、「愛の夢」は浅田真央さんが使われるそうですね。

今回、来年の春までのチラシが入っていました。
運営がかなり難しくなっているので、たくさんの方に来ていただいて、
1000円のカンパをしていただくことが会の継続につながると、
いつものことですが、今回は特に危機感を持って話をされていました。
ぜひ機会があれば、一度聞きにいってください。

今、フジ子・ヘミングの「奇蹟のカンパネラ」を聞いています。
今日の復習です。

|

« 雪月花の「ハロウィンパーティ」 | トップページ | 阪神の結果報告と「パン・デ・ロー」 »

コメント

人の痛みは時が忘れさせてくれます。
時が一番のお薬・・・ありがたいことも多く経験しましたが・・・このコンサートの意味、
忘れてはいけない・・・天災でした。
復興コンサート、近くにいれば是非行きたいのですが。
ただ、こんな時は時間もいたずらに過ぎないようにと、
思ってしまいますよね。

投稿: 一人静 | 2010.10.16 22:15

人の痛みは日々薄らいでいきます。
天災ではありますが、備えは必要でしょう。
そのためにも忘れてしまってはいけないと思います。
日々の暮らしの中では忘れてしまいがちになりますが、
時として思い出すことが必要です。
今健康であること、生きていることに対して
素直に感謝したいと思います。

投稿: fujisan | 2010.10.16 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/49758952

この記事へのトラックバック一覧です: 「リム・ユヒャン&青木千恵子ジョイントコンサート」:

« 雪月花の「ハロウィンパーティ」 | トップページ | 阪神の結果報告と「パン・デ・ロー」 »