« 映画「エクスペンダブルズ」 | トップページ | 映画「雷桜」 »

映画「ノーウェアボーイ」

「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」を観た。Nowhereboy01
ジョン・レノンが、ビートルズのメンバーとなるまでの
若き日のことにスポットを当てた映画。
1950年代、イギリスのリヴァプール。
厳しい育ての母である伯母ミミと暮らすレノンは
ある日、自由奔放な実母ジュリアを見つける。Nowhereboy02
その二人の間での苦悩や孤独感がクローズアップされ
彼の音楽活動の根底にある暗い部分に光が当たる。
ポール・マッカートニーとの出会いや
ジョージ・ハリスンとの出会いも出てくる。
ジョン・レノンの最初の作品「ハロー・リトル・ガール」やNowhereboy03
「マザー」が印象的ですね。
「ブルー・ムーン」も流れていましたね。
1950年代の匂いがよく出ている映画だと思います。
98分はとても短く感じます。
Nowhereboy04


|

« 映画「エクスペンダブルズ」 | トップページ | 映画「雷桜」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/50042180

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ノーウェアボーイ」:

» 『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』 ジョン・レノンが満たす条件は? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  偉人の伝記は、繰り返し発表される。  ジョン・レノンを取り上げた映画はこれまでもあったし、これから先も作られるだろう。『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』もその一つ...... [続きを読む]

受信: 2010.11.23 18:39

« 映画「エクスペンダブルズ」 | トップページ | 映画「雷桜」 »