« 「貞秀(さだひで)」神戸市立博物館 | トップページ | 雪の朝 »

「雪月花」のイベント「ハートの日」

年始から少々ご無沙汰していた「雪月花」へ行ってきました。1dsc09772
2月8、9,10日と「ハートの日」というイベントで
女の子が心がほっとするような
赤やピンクのドレスに身を包み
今日などは雪混じりの小雨の寒さを
ほっこりとさせてくれました。
エレベータを降りると、ハート型の竹細工のオブジェ
女の子は赤やピンクのドレスや着物で・・・。1dsc09773
中にはブルーのドレスも・・・
目立つにはこれがいいのかも?
仕事帰りに行ったため、ひとつ、ふたつの波が終わった後でしたが、
それでもお客さんが後からも足を運んでくださっていました。
外も景気も寒い中ですが、1dsc09774_2
北野坂「雪月花」はがんばっています。

沖縄の「瑞泉」(泡盛)40度を飲みました。
このお酒ひとつであれだけ会話が盛り上がる
うぶなかわいい女の子たちですね。
そして「ケンタ」はやっぱりおいしいのです。
ケンタとコーラ・・・この組み合わせはママの大好物。

寒い日が続きそうですが、
ぜひ「雪月花」でほっこりしましょう。

|

« 「貞秀(さだひで)」神戸市立博物館 | トップページ | 雪の朝 »

コメント

てんてい☆早々のアップありがとうございます。
いろんな方が見られてる様でお気に入りに入れて頂いてるようです。

お話は変わりますが、今日いろんな方がいらしゃって、嬉しい限りですけれど、昔本当にお金が無かった時に毎日 岡山から高島屋でフルーツなど差し入れして下さって、入院代までお世話になった方がいらっしゃいました。
本当に感謝感謝でいろな方にお世話になってきました。

これからもより一層基本は、豊 で 今のスタッフも大切に心豊に頑張って生きたいと思っております。

一人でも一瞬でも素的に人生の一部をと・・・思ってなりません。


どうぞ、見守って下さいませ。   


                   雪月花 葉月

投稿: 葉月 | 2011.02.11 04:26

ケンタとコーラは、最高のマッチでありまして、がぶついていました。
泡盛もりあがりましたねぇ~♪

昔、従業員で貧乏旅行と代して¥40000代で2泊しました。

オリオンビールは飲みきりで、自動販売機制覇しました。

お酒の強い酒豪4人ビールだけは、ケチりませんでした。

お土産をケチり、ビールを謳歌してきました。
ただ、それだけ!なんですけれどね。

若い日の思い出です。   

                   雪月花 葉月

投稿: 葉月 | 2011.02.11 04:38

ケンタとは?
雰囲気からしておつまみ系の食べ物でしょうか?
初めて聞くものですね。
葉月ママさん、桜色のお着物がとてもお似合いで
可愛らしくて素敵です。

投稿: 一人静 | 2011.02.11 17:55

ケンタですね。
私も使わないのですが、
雪月花「絵美」さんの言葉でした。
ケンターキーフライドチキンの省略語です。
モスバーガーは「モス」
マクドナルドは「マクド」
ミスタードーナツは「ミスド」
などですね・・・・
地域によって違いがあるでしょうね。


投稿: fujisan | 2011.02.11 18:08

一人静さん、ケンタはケンタッキーなのでした^^。
この辺ではよく使うんです。もっとも私も最近ですけれどね。
若い子と一線で働いてるので、ついうつってしまいます。
ピンクはね・・・。
普段きないけれど、この際いろんな女の子に来て貰おうと、赤、ピンクなど多かったです。
何歳になっても女の子なんです。そんな解釈で・・・。

可愛い皆を見てもらいたくなったのでした。


                   雪月花 葉月

投稿: 葉月 | 2011.02.12 06:39

おはようございます。

今回は日にちを合わせる事が出来なくてすいませんでした。

ファンクラブの先行発売で、巨人戦以外で10試合チケットをゲットしました。

今年の一発目は、4月10日のヤクルト戦です。

投稿: H川です。 | 2011.02.14 07:16

H川さん、お久しぶりです。
もう10試合ゲットですか。
巨人戦の予約も始まりますね。
平日は仕事でいけないのが残念です。
今年もがんばって応援しましょう!

投稿: fujisan | 2011.02.14 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/50834013

この記事へのトラックバック一覧です: 「雪月花」のイベント「ハートの日」:

« 「貞秀(さだひで)」神戸市立博物館 | トップページ | 雪の朝 »