« 大分へのたび、その1「つくみ駅」でなごり雪 | トップページ | 大分へのたび、その3 CAFÉ&LUNCH 「仔馬」 »

大分へのたび、その2 大分名物

大分といえば・・20110726
関あじ、関さば、とり天などだと教えてもらった。
大分駅からホテルまでの10分ほど、
アーケードの下を歩きながら
おいしそうな喫茶店はないかと探していた。
居酒屋には関あじ・さばの字がどこにも見られた20110726_1
定食屋・中華屋さんにもとり天がありました。
ホテルに荷物を入れて、夕食を食べに外へ
食事よりも飲むほうがメインか?
大きな「さかな市場」の看板を見つけ
ここでゆっくり飲むことに
関あじや関さばは1~2人前でPhoto
1,000円~1,200円ぐらいですね。
とり天は600円程度
ただ、ここでは関さばではなく、豊後さばです。
おいしかったですが・・・・・。
暑さのせいで、ビールが進みPhoto_2
おなかが膨れたころに焼酎へ
臼杵の藤居酒造の「ふしぎ屋」を飲みました。
http://www.fujii-shuzo.com/index.html
一応大分で食べて飲んだということはクリアかな?

|

« 大分へのたび、その1「つくみ駅」でなごり雪 | トップページ | 大分へのたび、その3 CAFÉ&LUNCH 「仔馬」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/52346870

この記事へのトラックバック一覧です: 大分へのたび、その2 大分名物:

« 大分へのたび、その1「つくみ駅」でなごり雪 | トップページ | 大分へのたび、その3 CAFÉ&LUNCH 「仔馬」 »