« 「第2回西宮東口バル」 本日開催 | トップページ | 茶房「爛柯(Lanka)」 »

西宮ジャズ3days 1st day「酒と桜の日々」DAYS OF WINE AND SAKURA

今日は西宮ジャズ3daysの初日、4
場所はプラレホールで、14時開演で行われた。
西宮在住のベーシスト宮本直介と、
ヴィブラフォニスト鍋島直昶(なおてる)さんが
始めて今回で10回目だそうです。
今回は二人の直さんに加えて、
関西ジャズ協会会長であるピアニスト大塚善章を加えた
ユニット「ゴールデンシニアトリオ」(平均年齢79歳)として登場。
ゴールデンシニアトリオ3
鍋島直昶(vib) (86歳)
宮本直介(b) (75歳)
大塚善章(p)(78歳)
に加えて、ヴォーカルは片山恵依子さん、
ギターは橋本裕さんでした。
第一部では、
このコンサート定番の「酒とバラの日々」
ゴールデンシニアトリオのCDのタイトル曲「ブルーレディーに紅いバラ」
「キス・オブ・ファイア」「ふるさと」1_2
ギターの橋本さんが加わり、
「4月の想い出」「アニバーサリー・ソング」
ヴォーカルの片山さんが加わり
「虹の彼方に」「シャイニー・ストッキング」でした。
休憩ではワンドリンク、もちろん西宮の日本酒を紙コップで一杯
第二部は
クラシックをジャズ風にアレンジすると・・・ということで
「悲壮」「家路」「G線上のマリア」「彼女」Photo_2
「リベリタンゴ」をギターを入れての演奏でした。
最後の2曲はメロディーがきれいでヴィブラフォンが素敵でした。
ヴォーカルが入って、
「スローボート・トゥ・チャイナ」「君微笑めば」
「コーナー・ポケット」でした。
当然これで終わるわけではなくアンコールへ
「オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート」を会場も
一緒になって手拍子で盛り上がりました。

次は、14(土)に芸文センターで行われる3rd day「ジャズシンガーズ・スペシャル」に
行こうと考えています。春、西宮は桜とJAZZで賑わうのです。
そして忘れてはいけません。甲子園球場も賑わっているのです。

|

« 「第2回西宮東口バル」 本日開催 | トップページ | 茶房「爛柯(Lanka)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/54415946

この記事へのトラックバック一覧です: 西宮ジャズ3days 1st day「酒と桜の日々」DAYS OF WINE AND SAKURA :

« 「第2回西宮東口バル」 本日開催 | トップページ | 茶房「爛柯(Lanka)」 »