« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

映画「ミッドナイト・イン・パリ」

映画「ミッドナイト・イン・パリ」を見てきました。Midnightinparis_large
http://www.midnightinparis.jp/
5月26日封切とあって、かなり席が埋まっていました。監督は、
「アニー・ホール」「それでも恋するバルセロナ」のウッディ・アレン。
芸術の都パリを舞台にしたラブコメディ。
ハリウッドで売れっ子の脚本家ギルは、
婚約者イネズと彼女の両親の旅行に便乗してパリに来ていた。
ギルはパリの魔力に魅了され、小説を書くためにパリへ
Sub2_large住みたいという願望を強く持っているが、イネズは無関心。
そんなギルが真夜中に体験した不思議な出来事
それから、2人の心は離ればなれになり……。
94分ですが、短く感じるぐらいの展開で
あこがれの作家や芸術家との出会いがSub1_large
展開を面白くしている。
また、ジャジーな音楽がいいですね。
ヘミングウェイやコール・ポーターも出てきます。
ギル役はオーウェン・ウィルソン、
イネズ役にはレイチェル・マクアダムスSub3_large
第84回アカデミー賞では、脚本賞を受賞している。
何か、心和む映画でした。
これが、ウッディーアレンの世界かな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

College de JOUJOU vol.14 Piano concert 「思いでつづる世界名曲アルバム ~大切な心~」大阪会場

College de JOUJOU vol.14 Piano concertP5260009
「思いでつづる世界名曲アルバム ~大切な心~」
の大阪会場に行ってきました。
場所は大阪倶楽部。
大阪のビジネス街のど真ん中
南欧風の様式に東洋風の手法を加味した建物でP5260024
1997年に登録有形文化財の指定を受けています。
先日の近代的な会場と打って変わって
歴史の重みを感じます。
今回は2名の新たなメンバーがデビューされます。
場所も大阪ということもあるのでしょうかP5260043
前回よりも若い方が多いように見受けられました。
演奏が始まると、ライトが絞られ
よりクラシックな雰囲気に包まれました。
今回のプログラムは・・・こちら↓
008
皆さん、それぞれでテーマを自分に課してP5260175
曲を決め、日々研鑽されています。
その様子はHPやブログでご覧いただけます。
http://college-de-joujou.jimdo.com
日本の叙情と銘打っての3曲、よかったです。
優しい旋律と力強さ、それぞれに聴き応えがありました。
なんて、聞くだけの私のコメントですから、P5260343
実際に聞いてもらわないとこれは伝わりませんね。
リムさんの流れるようなピアノはいつ聞いてもいいですね。
今回も、連弾がありました。
タンゴでしたから、情熱的なピアノが聴けました。
難しいでしょうね、お二人であわせるのって・・・。P5260372

出演者に見送られながら、ロビーではたくさんの人が余韻に浸っていました。
2週続けてのピアノコンサート、
皆さん心の洗濯ができましたか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京

仕事で久し振りに東京へ行ってきました。Dscf3391
宿から見た街並みです。
東京は、すごく変化(進化)をしていて、
電車で移動するのも大変でした。
電車の種類がすごく増えています。
りんかい線だとか埼京線だとか・・・・
地下鉄も、大江戸線だとか副都心線、南北線?
六本木にも、日比谷線以外が通っていた。
なんて言うとDscf3405
いつから東京に行ってないんだってことになりますが、
行っても全部全部使うわけではないですし
街も様変わりをしています。
なので、昔ここにあったお店って、
探そうと思っても分かりません。
そして、人が多い!人に酔いそうでした。
金曜日の夜に帰ったものですから、
東京駅もすごい人でした。Dscf3408
駅のホームから見た「東京スカイツリー」
夜のイルミネーションがきれいだったと聞きましたが、
見たことにして、お土産もスカイツリー関連で買いました。
また、食事やお茶の話は後日に・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

College de JOUJOU vol.14 Piano concert 「思いでつづる世界名曲アルバム ~大切な心~」

JOUJOUの第14回コンサートに行ってきました。P5200001
http://college-de-joujou.jimdo.com
大学卒業後も、研鑽を積んで発表会を重ねておられます。
メンバーもお子さんもできたりとか、練習も大変な中
頑張ってコンサートを企画・運営・実行されています。
今日は場所は県立美術館アトリエⅠP5200002
前売りが売り切れ、当日券は立ち見ということでした。
美術館の1階のフラットな会場でした。
奥にピアノが鎮座し、200名ほどでいっぱいでしょうか?
席は満席になりました。
いつも司会の方が進行してくださるのですが、P5200044
今日は演奏前に各自が曲の説明をされました。
いつも思うのですが、本当に丁寧で
ピアノへの姿勢が謙虚ですよね。
1部、2部とも1時間10分ほどでした。
演奏された曲は画像をご確認下さい。Photo_2 P5200079
連弾もありましたが、練習が大変だったでしょうね。

今年は2回公演で
次回は大阪であります。JOUJOU初の大阪進出でしょうか?
場所は大阪倶楽部の4階です
http://www.osaka-club.or.jp/gaiyo/index.html
http://www.osaka-club.or.jp/shisetsu/floor4.html
アクセスについては、以下をご覧下さい。
http://www.osaka-club.or.jp/map.html
予定されている曲名も参考にご覧下さい。
007 008
土曜の午後の二時間を、ピアノを聴いて過ごされませんか?
詳しくはJOUJOUのHPなどでご確認下さい。
http://college-de-joujou.jimdo.com
http://ameblo.jp/joujoublog/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「明かりを灯す人」とシアトル(姉妹都市)

市民映画劇場で、「明かりを灯す人」を観ました。Main_large
http://www.bitters.co.jp/akari/
キリギスを舞台にした、電気も不十分な貧困の村での物語り。
純朴な人柄でみんなから愛される泉谷しげる似の電気工が主人公
夢は、風車を作って風力発電で村中の電力をまかなうことと、
そして、娘ばかりなので跡継ぎの息子を授かること。Sub1_large
そんな村に、都会から私腹を肥やそうと企む者がやってきて…。
80分と短い映画ですが、考えさせられますよ。


そして、外に出てみると、Dsc01494
「シアトル姉妹都市提携55周年記念事業」という
イベントを行っていました。
コストコガブースを出していました。そして、JAZZの生演奏
この時間帯は中学生のバンドの演奏でした。
女性ボーカルもこのあと出演されたようです。
神戸というところはおしゃれだなと感じる場面ですね。Photo
明日は(20日)は神戸まつり、サンバが街を艶やかにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「幸せの教室」

「幸せの教室」を見てきました。003
http://disney-studio.jp/movies/shiawase/
長年勤めていたスーパーのリストラされてしまった
ラリー・クラウン(トム・ハンクス)、
解雇の大きな理由は大卒ではないということ。
一念発起して、再就職のためのスキルを身につけようと、
短期大学に入学する。001
勧められてとったスピーチの授業を担当する教師
メルセデス・テイノー(ジュリア・ロバーツ)と出会う。
いつも仏頂面で、教師としての情熱も、
日々の喜びさえも見失っていた。
ラリーはバイクで通うタリア(ググ・バサ=ロー)と出会い、
今風な格好に仕上げられていく。002
生真面目なラリーだからこそ、コメディータッチな感じに描かれ、
好感をもってみることができた。
結婚生活の破綻からアルコールに走るメルセデスと
初めてのキャンパスで年齢も境遇も違う
様々な人々と出会うことで世界を広げ、Cast_pic06
かつてない充実した日々を送り始めるラリー
この二人がどのようにかかわっていくのか・・・・。
楽しい映画でした。もう少し長くてもいいような気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画「昼下がり、ローマの恋」(原題:Manuale d'amore3)

「昼下がり、ローマの恋」という映画を観てきました。Sub1_large
http://hirusagari-roma.com/
チラシには『イタリア的、恋愛マニュアル』からスタートした、
ジョヴァンニ・ヴェロネージ監督がイタリアの男女の恋模様を描く
恋愛オムニバスドラマの第3弾。と紹介されています。
126分の映画ですが、3つの話から構成されているので飽きません。Sub2_large
最初の話は、青年弁護士の話。
ロベルト(リッカルド・スカマルチョ)は、サラ(ヴァレリア・ソラリーノ)と結婚するつもりでした。そこへ、トスカーナ地方の農場に立ち退き交渉の話が舞い込み、トスカーナへ出張する。そこで美女ミコル(ラウラ・キアッティ)に一目惚れし、滞在を延長して素晴らしいひとときを過ごしてしまう。さて、顛末は・・・。
第二話は、有名なニュースキャスターの話。Sub4_large
有名なニュースキャスターのファビオ(カルロ・ヴェルドーネ)は、ふとしたことから、精神科医を名乗ったエリアナ(ドナテッラ・フィノッキアーロ)に誘惑されて浮気をしてしまった。彼女のエキセントリックな言動に翻弄される。大事な一生・家族を・・・・。とてもシリアスで怖い話です。Main_large
第三話は、大学の歴史学教授だったエイドリアン(ロバート・デ・ニーロ)は、2年前に移住してきたアメリカ人で、管理人のオーグスト(ミケーレ・プラチド)は親友である。独り身で平穏に暮らしていたエイドリアンが、オーグストの40歳の娘ビオラ(モニカ・ベルッチ)と出会う。オー具ストとビオラの問題にかかわり、本音で語るうち、自分の気持ちに素直に生きることにする。
この三つの話はオーグストが管理人を務めるローマの賑やかな通りのアパートメントの住人の大人の恋の物語なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第12回神戸新開地音楽祭(二日目)

今日も湊川公園・新開地界隈で行われた3
第12回新開地音楽祭へ行ってきました。
今日はJAZZがメインです。
通りのいろいろな会場でライブが行われていましたが、
私はメインステージ(公園ステージ)でのJAZZライブ
16:40から行われるShinkaichi Jazzy Nightでした。25
16:40~ 御影ジャズランチクラブ (ジャズ)
それぞれ仕事をお持ちの方が、月に一度集まって
ランチを食べながら練習をする。
かなりの会社のえらいさんもいらっしゃるとか
大人になって、こんな趣味がもてるのはいいですね。
17:20~ 浅井良将Septet (ジャズ)3_2.
若者の7人のグループでした・高槻JAZZストリートで聞いた
今西佑介さんも参加していました。
バンドリーダーの浅井さんの作品の演奏でした。
40枚持参のCDを購入し、皆さんのサインをいただきました。
CDタイトルは「The Alchemist」(アルケミスト)でした。
ジャケットが変わっていて面白かったですね。34
今聞きながらブログを書いています。
屋外でしたが、管楽器4本はとても幅が広く
迫力ある演奏でとてもよかったです。
今日は加納新吾さんの代わりに東京から
ギターの野津昌太郎さんを迎えての演奏でした。
舞台裏ではJ:COMの取材をみんなで受けていました。
放送で流れるようですね。Photo_2
これからメジャーになっていく皆さんでしょう。
ライブなどでまた聴きたいものですね。
詳しくはこちらのブログをご覧下さい
http://saxryosuke.exblog.jp/
18:10~ 大友孝彰トリオ+小林ゆうこ (ジャズ)
大友トリオに昨年度のヴォーカルクィーン25_2
小林ゆうこさんを迎えての演奏でした。
軽快な演奏で楽しませていただきました。
素敵な歌声でした。さすが、・・・・ですね。
19:00~ 土岐英史 (ジャズ) 
もう恒例のラストになっているようです。Photo_3
神戸出身の土岐英史さんのサックスを聞きました。
サックス2本にトランペット
ドラムにベースとキーボード
たくさんのお客さんが、日が落ちた湊川公園で
素敵なジャズを楽しんでいました。2

| | コメント (7) | トラックバック (0)

神戸新開地音楽祭 田中ゆみ&原田伸郎

神戸、湊川公園で行われていた「神戸新開地音楽祭」を見に行きました。
今日は前夜祭で、明日がメインですP5120012_2
予定はこちらをご覧下さい。
http://www.shinkaichi.or.jp/ongakusai/
明日はジャズナイト、夕方から
17:20~ 浅井良将Septet (ジャズ).
18:10~ 大友孝彰トリオ+小林ゆうこ (ジャズ). P5120033_2
19:00~ 土岐英史 (ジャズ) ガ予定されています。
今日は
「シモンズ」の田中ゆみさんのステージがありました。
「ひとつぶの涙」「恋人もいないのに」
「明治チェルシーの歌」「コーヒールンバ」
「トップ・オブ・ゼ・ワールド」など・・・。P5120050_2
あの爽やかな歌声を聴くことができましたが、
やはりデュエットを聞きたかったな。
最後は被り物で登場、イメージがガラッと変わりました。
続いては、「あのねのね」の原田伸郎さんの登場
MCが面白くてたまりません。P5120091_2
歌よりもおしゃべりがいつも舌好調です。
「ネコニャンニャンニャン」からショートショート曲の連発
河島英五とのかかわりの中で提供された曲
「青春旅情」はよかった。周りの人も「いい曲ね」といっていた。
そして「赤とんぼの唄」もありました。P5120093_2
「生きる力」もよかったです。
ちゃんと唄ったらいいのにと思いながらも
さすが京都産業大学の落語研究会
楽しいMCであたたかくなりました。
最後にはステージに立って全員で「遠い世界に」P5120113_2
「あの素晴らしい愛をもう一度」で幕が閉じました。
風が強く、肌寒く感じる夜になりましたが
1970年代のフォークを聞けて、ほっこりできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「HOME 愛しの座敷わらし」

映画「HOME 愛しの座敷わらし」を見てきました。Hiz_ma1_large
http://www.warashi.jp/
人気作家、荻原浩の小説「愛しの座敷わらし」の映画化で
水谷豊が28年ぶり単独主演での映画。
東京から岩手へ会社の左遷で転勤になった高橋家の家族。
晃一(水谷豊)が探した古民家に住むことになった。Hiz_sb1_large
そこで不思議な出来事が起こる。
それぞれが変に思っていたところ、「座敷わらし」ということを知る。
これをきっかけ、それぞれが自分自身を見つめなおし、
失いかけた家族のきずなを再生していく姿が描かれる。
ぜんそくがようやく治りかけた小学生の長男。Hiz_sb5_large
学校でいじめにあっていた中学生の長女。
晃一のところに世話になることになったボケが入りかけた母。
義母の面倒を見ながら、家を守る妻。
そして、会社の方針に従いながらも「愛」を大切にする晃一。
ほのぼのとする家族愛を「座敷わらし」と使って表現している。Hiz_sb11_large
監督は、相棒」シリーズの和泉聖治監督。
上映時間は109分ですが、短く感じます。
感動ではないのですが、涙を誘う場面がいくつもあります。
観た後さわやかな映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は負けました。新井さん!

昨日は子どもが応援に行き、2対0で勝ちました。Photo
今日はメッセンジャーと澤村の先発
期待をしていったのですが・・・。
先発メッセンジャーは安定した立ち上がりで3者凡退に。
1回の裏、いきなり鳥谷がレフトへヒット
続く平野もセンターへヒットを放ち2塁1塁Photo_2
続くマートンはライトへのフライでしたがランナーは進塁
そして兄貴金本はストレートのフォアボールで満塁
ここで新井さんです。いきなりの初球を浅いライトフライ
タッチアップすらできません。
続くブラゼルは空振りの三振で、無得点Photo_3
今日の試合はここで決まったようなものです。
2回、巨人は實松のタイムリーなどで2点を先取した。
その後、藤井や平野が併殺打を打ち、
ランナーがなくなったあとにヒットが出る。
なんともちぐはぐな攻撃になりました。
今日の新井さんはランナーが居ないときに2本も打っています。Photo_4
城島が代打で7回に出ましたが、キャッチャーフライでした。
無理して遣わなくていいように思うのですが。
そして9回、柴田が倒れたあと代打関本、
選球眼の良さからフォアボール
続く代打の神様桧山はライトへヒット、ランナー3塁1塁となります。Photo_5
ここで、鳥谷が犠牲フライで1点を取りました。
平野に期待がかかったのですが、セカンドゴロで試合終了。
不完全燃焼でした。ヒット数は9本で勝っているのに点にならない。
新井さん、ランナーが居るときに打ってください。
期待に応えてください。お願いします。Photo_6

よく阪神ファンと巨人ファンが一緒に見ている姿を見かけます。
今日も女性組み、一人が巨人ファンでした。
カップルでの応援もありました。
和やかな雰囲気でいいのですが・・それも試合に勝てばですよね。

今日はテレビで放送があり、矢野さんと古田さんが解説をしていました。 Photo_7 Photo_8
打席の画像は上から、1回金本のフォアボール、ブラゼルの三振
9回関本のフォアボール、桧山のヒット、鳥谷の犠牲フライです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Segodonでお買い物

娘が小物を買うのが好きで、元町の南Segodon_4
「神戸乙仲通り」に時々行きます。
乙仲、これ「おつなか」と読みます。
その中央にある「伊藤ビル」の中にある
「segodon」というお店がお気に入りです。
小さな小さなお店なのですが、
店主の方が気さくで、今日も自分で作ったというSegodon_2
グリーンカレーを一口いただきました。
また、「緑茶くるみ」を試食し、美味しくて買ってしまいました。
今日は私は「オーガニック水出しコーヒー」
娘は「ホットココア」を買いました。
このお店、手作り感とフェアトレードなどが売りなのです。
「神戸乙仲通り」というパンフレットに書かれている
segodonの紹介文をここに書きます。Segodon
「つくる人、つかう人みんなの心をハッピーにしてくれる
フェアトレードの商品は美味しくて可愛くてどれも
毎日のせいかつにカンタンに取り入れられるものばかりです!。」
電話:078-977-7623
e-mail:sbsegodon@cube.ocn.ne.jpSegodon_1
URL:http://sbsegodon.ocnk.net/
店長さんのブログです。http://ameblo.jp/sbsegodon/
営業時間:12:00~19:00
定休日:水曜日
住所:神戸市中央区栄町通3丁目1-12 2階

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「東京 竹葉亭」西宮店 白鷹禄水苑

二つのお祝い事で「竹葉亭」に行きました。4_2
白鷹の元の建物を使っているのだろうと思わせる
重厚なつくりの店内で「うなぎ料理」を食べます。
http://www.chikuyotei.com/thikuyotei_nishinomiya.html
ひつまぶしコースと蒲焼コースを選びました。
まずは、ひつまぶしコースの料理を・・・
10 17_2 13 24 


25 29 32
ひつまぶし、1,2杯目は薬味とともに、3杯目はお茶漬けにして・・・・。結構な量がありました。
今日のデザートはこどもの日だからでしょうか、柏餅でした。
続いて、蒲焼コースの料理を・・・
ひつまぶしコースと違うものを・・・紹介します。
Photo_2 3_2 18 20
3つ目の画像は蒲焼とご飯の場合で
4つ目は丼にした場合です。

ビールと日本酒もいただいたので、ほろ酔い気分でした。
場所は西宮市鞍掛町5-1白鷹禄水苑内
札場筋を43号線を南に降りた最初の信号の西角です。
予約をしていくほうが無難だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高槻JAZZSTREET2012

ゴールデンウィークの恒例のジャズストPhoto
高槻JAZZSTREET2012に行ってきました。
今回で14回目です。
神戸のジャズストとは違い、チップ制です。
気に入ったらその気持ちだけを支払います。
特に今回は2000円のTシャツの購入をお願いされていました。
駅周辺に46会場1
二日間で606組の出演があります。
プログラム編成や会場、設営など大変な思いを
運営に関わる方はされていることと思います。
観客として、ここで超感謝の気持ちを表したいと思います。
さて、どこの会場に誰を聞きに行くか!
検討の末、あまり移動しないでじっくり聞こうと
場所は、市役所横の生涯学習センター2Fの多目的ホール
13:00~西山瞳4
1年ぶりの西山さんのピアノです。
今回はギターとのデュオ
西山さんの作られた曲が多かったですね。
譜面をきっちりと書いて演奏しますというところに
西山さんらしさが出ていましたね。
休憩して
15:00~フィリップストレンジ3
ピアノソロでしたが、大きな体を丸くして
丁寧に弾いていました。人柄でしょうか。
とても気持ちのいいピアノでした。
「枯葉」「マイ・ファニー・バレンタイン」など
1曲が10分ほどあり聴き応えがありました。
16:00~高岡正人カルテット(with神山香代子)With
殿下こと高岡さんのトリオにサックスの神山さん
ベースの神田さんも久しぶりでした。
サックスが歌っていましたね。
ラテン的な曲もあって、軽快な感じで聞けましたし、
「スプリングワルツ」もよかったです。
殿下はこの後、魚谷バンドでも出る予定ですね。
17:00~今西佑介バンド14
トロンボーンがバンマスで、サックスとトランペット
それにピアノ・ベース・ドラムのシックステッドでした。
急遽のドラムさんなかなかでしたね。
自作の曲が多かったですが、「テンダリー」はよかった。
18:00~とびだせジャック(魚谷のぶまさトリオ)19
パンフレットにはCDのタイトルがグループ名になっていました。
魚谷さんのMCは最高ですね。そして演奏も楽しませてくれます。
CDから演奏されましたので、「とびだせジャック3」を購入。
当然皆さんにサインをしていただきました。
「私どもは時間を守るバンドです。」どういう意味でしょう。
場所を現代劇場大ホールへ移動して
19:00~簑輪裕之トリオfeat.岸ミツアキ
20:00~スコット・ハミルトン+簑輪裕之トリオ
と、堪能してきました。
スコット・ハミルトンは2003年に、JOTのライブでお会いしてEddie_008
帰られるときに1枚撮らせていただきました。
小柄な気さくなおじさんでした。
サックスをもたれるととても大きく感じます。
あれから10年近く・・・エディ・ヒギンズと一緒に来られていたのですが、
エディはもう帰らぬ人となりましたね。
大きなエディがピアノを優しく弾いて
小柄なスコットがサックスを吹き鳴らす。
ライブを思い出してしまいました。

本当に堪能したジャズ漬けの日でした。
実行委員の皆さんありがとうございました。
このジャズストを教えてくれたEぞうさん、ありがとう。
また来年行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神大震災復興祈念コンサート2012「春」 リム・ユヒャン&ピアノ3姉妹 華麗なる競演

西宮のアミティホールで開催されるP5030002
阪神大震災復興祈念コンサートの
2012「春」のプログラムに行ってきました。
今日5月3日(木・祝)は
リム・ユヒャン&ピアノ3姉妹 華麗なる競演です。
最初は三女の薮田唯でPhoto
・シューベルト:「4つの即興曲集」より 第3曲 変ト長調 作品90-3
・リスト:ウィーンの夜会(シューベルトの「ワルツ・カプリス」)第6番 S.427-6
・ショパン:スケルツォ 第1番 ロ短調 作品20
続いてリム・ユヒャンさんが登場
・モーツァルト:きらきら星変奏曲 ハ長調 K.265
・ビゼー(西岡奈津子 編曲):組曲「カルメン」よりPhoto_2
闘牛士、ハバネラ、闘牛士の歌、
間奏曲、アラゴネーズ、ジプシーの踊り

15分の休憩後


長女 島崎央子さんが登場
・ショパン:「24の前奏曲集」 作品28よりPhoto_3
第1番・第4番・第7番
第15番「雨だれ」・第16番
第18番・第20番
第23番・第24番
・ショパン:ノクターン 第20番 嬰ハ短調 「遺作」
最後に登場は次女の青木千恵子
・ベートーヴェン:エリーゼのために イ短調  WoO.59
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27-2 「月光」Photo_4
2時間のステージでしたが、たまにピアノソロを聞くのもいいですね。
アンコールでは島崎さんのソロと
リムさん青木さんの連弾がありました。
いつものことですが、最後は演奏者がロビーで見送りです。
17年続いたコンサートも、来年の5月でラストを迎えるそうです。
カンパでまかなわれる地味な活動ですから、
これ以上は無理と判断されたようです。
残念ですが、P5030004
ここまで続けてこられた松田さんのご努力に拍手です。
ピアノさん姉妹は今日がラストのステージだったようです。
これからは個々のステージで頑張ってください。
次は「JOUJOU」でお会いしましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

人との出会い

今日は前の職場の歓送迎会でした。Dscf3343
100人近くが集まっての会です。
4月からのわずか一月ですが、いろいろな出来事があります。
その思いを、去る人迎える人が語ります。
3月4月は、人の異動の時期
出会いと別れの季節です。
お世話になった皆さんありがとうございました。Dscf3345
で、そのあとの飲み会でも、出会いがありました。
O原の方とお近づきになれました。
これも何かの縁、前回も同じお店に居たのですが、
今日はゆっくりとお話をさせていただきました。
出てくる出てくる、知った名前が・・・。
世間は狭いものです。
このつながりが貴重な財産になるんですね。

Aゆみさんからいただいた、ワンカップ
阪神の勝利を期待しての「虎の神撃」が
今日の引分でむなしく思えました。
巨人戦には行きますので、今度こそ勝利を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「少年と自転車」

映画「少年と自転車」を見た。T0012181p94x94
http://www.bitters.co.jp/jitensha/
シリルは、もうすぐ12歳になる少年。
彼は、児童養護施設へ預けた父親と再び一緒に暮らしたい。
父を捜すため、抜け出したりするが見つからない。
逃げ込んだ診療所で、美容院を経営するサマンサと出会う。Main_large
サマンサのおかげで彼のもとに自転車が戻る。
さらに、週末だけ里親になってもらうことを頼み込み、
週末を一緒に過ごしながら、父親の行方を捜し始める。
ようやく父親と再会するが、“お金がなくて迎えに行けない”と
さらに、“もう会いに来るな”との言葉を残して、扉を閉める。Sub1_large
里親に反対をするサマンサの彼氏、
さらにはふとしたことで知り合った不良青年との関係が、
シリルとサマンサの二人の絆を強くしていく。
2011年 に制作された87分の映画です。
展開も早く退屈することもありません。Sub2_large
親と子のつながり、人のつながりなど
考えさせられる点の多い映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »