« 映画「あなたへ」 | トップページ | 澤野工房 大石学ピアノソロ Live at 国立国際美術館 »

文庫本「喫茶店タレーランの事件簿」

新聞の広告欄の紹介で気になって買って読みました。
本の名前は気になっていたのですが、
珈琲のことがいろいろ書かれているということなので・・・。51ecv4nki7l__ss400_
副題のようにして
「また会えたなら、あなたの入れた珈琲を」
と書かれていて、これもいい言葉ですね。
さて、物語は京都の大学のそば
路地を入ったところに「タレーラン」はあります。
そこの可愛いバリスタとなじみになったお客さんの物語
バリスタは事件を珈琲豆を挽きながら解決します。
表紙の絵が可愛いですね。
そして、珈琲のことも詳しくなりますよ。
そして、恋あり・・・・・。
登場人物の名前も珈琲豆のようで楽しい。51akhd3rnsl__ss400_
最後はどんでん返しがありますが、
なかなか楽しく読めました。
こんな下りがあります。
「緊張していた日もあった。興奮していた日もあった。
寂しい日も、落ち込んだ日も、穏やかな日も、
幸福な日も数えきれないくらいここに通ってけれど、
奥に待つ世界はいつだって優しく僕を迎え入れてくれた。
思うに喫茶店とはきっと、誰かにとって常にそのような
場所でありたいと願いながら、ひたすら客を待っているものなのだ。」
なかなか、的を得ているように思います。
宝島社文庫このミス大賞シリーズです。
作者は岡崎琢磨さんといいます。
26歳の若者です。大和がいつか店を出した物語を読んでみたいですね。
「良いコーヒーとは、悪魔のように黒く、地獄のように熱く、
 天使のように純粋で、そして恋のように甘い。」そうですよ。

|

« 映画「あなたへ」 | トップページ | 澤野工房 大石学ピアノソロ Live at 国立国際美術館 »

コメント

そうですね。
珈琲そのものの実力は当たり前ですが
それを提供する環境はそれぞれですもの。
せっかく頂くのなら心地よい環境が欲しいですよね。

この本は全く知りませんでした。
読んでみたいですね・・・!(^^)!

投稿: ひとり静 | 2012.09.08 00:05

一人静さん、コメントありがとうございます。
珈琲がお好きな方にはいいと思いますよ。
珈琲を介しての人間関係など・・・
一気に読み終わると思います。
いつか自分でもと思ってしまいますね。
青山さんと途中まで思っていたのですが、
大和さん(これは名前です)、のように
喫茶店の開業を夢見てみたいですね。
珈琲の名前の主人公がたくさん出てきますよ。
切間美星さんが主人公の恋人役ですね。
青山さんはブルーマウンテン
後は読んでのお楽しみ・・・。

投稿: fujisan | 2012.09.08 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/55603854

この記事へのトラックバック一覧です: 文庫本「喫茶店タレーランの事件簿」:

» 小説レビュー~岡崎琢磨~『珈琲店タレーランの事件簿』60万部突破(ノ)`ω'(ヾ) [きゅーのむにむに日和(ノ)・ω・(ヾ) ~むにきゅーアフィリエイト~]
壁]´Д`*)。たいへんよく挽けました壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだ 最近コーヒーミステリーを読んだのだ(ノ)・ω・(ヾ)むにむに『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』(ノ)゚ω゚(ヾ)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)新品価格 ¥680から(2013/11/17 ...... [続きを読む]

受信: 2013.12.23 12:12

« 映画「あなたへ」 | トップページ | 澤野工房 大石学ピアノソロ Live at 国立国際美術館 »