« 映画「ツナグ」 | トップページ | 再会スロートレイン »

映画「推理作家ポー最期の5日間」とJRの事故

今日は映画の日、1000円で見る事が出来ます。T0014947p
今日は午前中に時間を取ることができたので
事前にネットで9時20分からを予約。
ところが、駅に行ってみると電車が動いていない。
またしても人身事故発生直後でした。
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201211/0005495773.shtml
急遽、阪急へ向かうことにして、歩いて10分
途中での乗り換えもあったのですが、001
9時30分の上映には間に合いました。
間に合わなかった時、誰がこの損失を負担してくれるの?
って、今日は思ってしまいました。
K藤君、次回会ったとき詳しく教えてね。

さて、今日見た映画ですがSub1_large
「推理作家ポー最期の5日間」といいます。
http://www.movies.co.jp/poe5days/
映画の内容ですが、
エドガー・アラン・ポーの死についての物語です。
1849年のアメリカ、ボルティモアが舞台。Sub2_large
闇夜の中で凄惨な殺人事件が発生する。
エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の
推理小説『モルグ街の殺人』に酷似しており、
さらにポーの複数の小説を具体化した殺人事件が起こる。
ポーはエメット・フィールズ刑事(ルーク・エヴァンス)と、Sub3_large
自分の作品から次の事件を予測する。
予測した舞踏会の夜に、
恋人エミリー(アリス・イヴ)は誘拐される。
殺人鬼対ポーの戦いが進む。
そして、最後にポーはエミリーのために・・・・。
この映画の展開は見てもらった方がいいです。
ただ、殺しの場面はかなり鮮明でショッキングです。
ポーの作品が好きな方は、いろいろな話が出てくるので
興味がおありかと思いますが、血が苦手という方には、
ちょっとお勧めできません。
10月12日に公開された映画で
上映時間は110分です。

|

« 映画「ツナグ」 | トップページ | 再会スロートレイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/56022478

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「推理作家ポー最期の5日間」とJRの事故:

« 映画「ツナグ」 | トップページ | 再会スロートレイン »