« 第3回西宮東口バル DICEへ | トップページ | 映画「シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語」 »

映画「情熱のピアニズム」

先日「Voice」で「ミッシェル・ペトルチアーニ」観たと聞かれ、Pb110002
「まだ見てませんよ」と答えた。
「情熱のピアニズム」です。
http://www.pianism-movie.com/
日に一回だけの上映です。
神戸では時間が午後でなかなか見ることが出来ません。
といっても16日までの上映ということを知り
大阪で夜やっていることがわかり、急遽行ってきました。Pianismmain_large
梅田ロフトの地下にある、テアトル梅田
20時10分からの上映でした。
それでもそこそこの人が入っていました。
ミシェル・ペトルチアーニは、1962年、
骨形成不全症という遺伝的障害のためPianismsub1_large
全身の骨が折れた状態でフランスで生まれた。
それでも小さなときから音楽に親しみ
ピアノに興味を持ち、めきめきと才能を現す。
8歳で初舞台を踏むと13歳でプロデビュー
18歳で渡米し、多くのジャズメンと競演をする。Pianismsub4_large
そのメンバーの話が物語を進めていく。
そして、女性が多く登場する。
常に女性を愛し、違う土地でまた女性を愛す。
そして、子どもができ、その子どもも同じ病気になる。
幼少期から98年暮れに急逝する直前までのPianismsub3_large
日常や演奏風景を撮りためた貴重な映像のほか、
関係者の話を交え、天才ピアニストの生涯を描く。
骨が簡単に折れるため、演奏中にも腕が折れたりする
息子の言葉に「死を予感しているから急いでいるんだ」
というのがあった。年間200回以上のコンサートをこなす。Pianismsub6_large
椅子に座るのも大変です。その彼の激しい
ピアノを壊すほどの熱演、すごい人生ですね。
館内の音が少し大きすぎました、でも良かったです。
パンフレットの言葉より
「人間であるために、身長が180センチある必要はないことを、
人々は理解しない。
大切なのは、頭と体の中にあるもの、Pb110006
特に、精神の中になるものなんだ。」
彼は身長102センチでした。
ちなみに私は180あります。どきっ!

|

« 第3回西宮東口バル DICEへ | トップページ | 映画「シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語」 »

コメント

「自分の身長が180センチあったら人生かわっていたろうに」と
口癖のように言う人を知っています。
思うにきっと何センチであろうと変わらない人生だったと思います。
でも102センチだったら・・・・・。
それは毎日が真剣で一秒も無駄はない生活でしょうね。
贅沢な身体に感謝しなくては!!

投稿: s | 2012.11.12 00:49

Sさん、コメントありがとうございます。
180で人生変わりますか?
102センチであれば人生変わったと思います。
標準から少し大きくても小さくても
あまり変わりませんよね。
さて、その口癖の方は結婚されてるのかな?
180あれば結婚が変わったということでしょうか?
今が幸せだから言えることではないでしょうか?

投稿: fujisan | 2012.11.12 01:10

これ、見たいのですが、
残念ながら徳島では上映されません。
年明けに高松であるようなので、観に行こうと思ってます。
強烈な音楽家ですよね~

投稿: Shigemi | 2012.11.12 08:44

観てみたいです!!
私も、見た目では分かりません。
でも、生かされていること、それだけで意味がある…
そう思いたいです。今は、思えるようになってきました…

投稿: yoko | 2012.11.12 20:39

shigemiさん、コメントありがとうございます。
徳島では上映の予定は今はないですね。
12月15日から、京都でもやっていますよ。
完全な演奏というのは余りありませんが、
演奏のパワフルさは良く伝わってきます。
40名近い証言者のインタビューが、彼の生き様を語っています。
機会があればぜひご覧下さい。

投稿: fujisan | 2012.11.13 01:19

yokoさん、コメントありがとうございます。
102センチという体を授かりながらも
強く生きる姿勢には感動します。
そして、それを卑下するところはありません。
(見えない苦労、口にできない苦労がたくさんあると思うのですが・・・)
ピアノに向かうあのパワーは、健常者以上のものでしょう。燃え尽きようとしていたのかもしれないですね。
機会があればご覧下さい。
神戸でしたら16日金曜までです。
1時からの上映だけです。

投稿: fujisan | 2012.11.13 01:23

12月15日、京都というのは見落としてました!
15日って、例のライブの日ですよね。
ライブの前に、時間が大丈夫そうなら行ってみます(^^)v
情報、ありがとうございます~

投稿: Shigemi | 2012.11.13 17:01

shigemiさんへ
そうですね、15日はライブですね。
14日からでしたね。
京都ですから遠いかなと思いますが、
案外近いですよ。
一度ご検討を・・・。

投稿: fujisan | 2012.11.14 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/56094751

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「情熱のピアニズム」:

« 第3回西宮東口バル DICEへ | トップページ | 映画「シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語」 »