« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

私の今年の10大出来事

今年もあと一日です。Pa130013
2012年、どんなことがあったのかと振り返っていますが、
10個あるかどうか・・・。(少々無理に作っているかも)
1.人事異動で職場と勤務時間が変わりました。
2.次男が就職、あと一人を残すのみとなりました。
3.姪の結婚 始めて叔父という立場で式に出ました。
4.同窓会での久しぶりの再会(大学・高校)1
5.「君と歩いた青春」で感動を
6.映画を50本以上見ました。
7.少ないですが素敵なジャズライブに行きました。
8.新しいデジカメ「SP-610UZ」を格安で購入しました。
9.「エル・グレコ展」良かったです。Photo
10.金本選手の引退
こんなところでしょうか。
ブログでは「222222」をクリアしました。
そしてもうすぐ「234567」という数字が並びそうです。
たくさんの人に見ていただいて感謝、感謝です。P7140005

私は昔の人々や過去の出来事から元気をもらうタイプの人間です。
同窓会で何十年ぶりかに人に会い、昔を懐かしむ中で
当時あんな思いをしていたんだ、と新たな気持ちを沸き起こします。
当時の歌を聞き、当時を映像的に思い出し、またがんばろうと思います。
人と人とのつながり、そしてその継続を大切にしていきたいと思います。
この一年、私と関わっていただいたすべての人に感謝をしたいと思います。
「一期一会」という言葉がありますが、
地球上に70億を超える人がいて、日本には1億2千万を超える人が生活をしています。
そんな中でであった「あなた」、この出会いを大切にしていきましょう。

そして、この歌が原点のような気がします。
「君と歩いた青春」
君がどうしても帰ると言うのなら
もう止めはしないけど
心残りさ少し 幸せにできなかったこと

故郷へ帰ったら
あいつらに会うといいさ
よろしく伝えてくれ
きっと又昔のようにみんなで
楽しくやれるさ

みんないいやつばかりさ
ぼくとはちがうさ
そしてあの頃と同じように
みんなで釣りへでも行きなよ
       詞:伊勢正三

| | コメント (1) | トラックバック (0)

小説(映画)「東京家族」

2013年1月19日公開予定の「東京家族」
本屋で文庫本を見つけ読んでみました。
山田洋次監督50周年記念作品を小説化したもの。
予告編が映画館で流れています。
HPがあって、そこでも予告編は流れています。
http://www.tokyo-kazoku.jp/

「親をもつ、子をもつ、すべての人へ」と最後流れます。51mzk8oshtl__ss400_
瀬戸内の小島で暮らす平山周吉と妻とみこが
子どもたちが暮らす東京へ出てきた。
長男は開業医
長女は美容院を経営
次男はフリーター
それぞれ頑張って生きている。Poster
その様子を織り交ぜながら物語が展開する。
周吉は同郷の友人を訪ね、断っていた酒を飲みすぎる。
とみこは次男のアパートで素敵な彼女を紹介され
上機嫌で長男の家に戻る。そして・・・倒れる。
ここで倒れてしまうのかという感じの展開です。
支えがなくなったときあなたは?といわれているのか。
監督の原案を白石まみさんが小説にしました。
映画が先になるので、忠実な小説でしょう。
詳しくは見た後で・・・・。(結構詳しかったかな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元町「楽園」で食事

年末にいつもお世話になっている友人と1_2
「楽園」で食事をしました。
ビールを飲みながら、定番の「餃子」
この大きさは画像では分かりにくいのですが、
普通の餃子の2~3倍ありそうです。
一人前を2人で食べても充分です。1_5
他のテーブルでも、初めての方か
その大きさに驚かれていました。
熱々を、肉汁に気をつけながらいただきました。
麻婆豆腐も熱々で、食べた瞬間よりも
後でじんわりと辛さがやってきて、ビールが進みます。
後肉系を食べて、〆にはラーメンです。1_1
あっさりとしたスープに細麺がよく合います。
1階席は4人掛けテーブルが4つ
2階席は円卓が4つ、40人ぐらいは入れます。
JR元町駅東口からJRの線路沿いに北側を東へ30メートル
とっても庶民的なお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「大奥 永遠 右衛門佐・綱吉篇」

映画「大奥」を見ました。Poster
http://ohoku.jp/
江戸幕府の大奥は女性の最高府
ところが、映画では男女が逆転をしております。
綱吉役を菅野美穂
右衛門佐を堺雅人、柳澤吉保を尾野真千子
秋本を柄本佑、伝兵衛が要潤Sub01_large
隆光を堺正章、 御台所・信平を宮藤官九郎
綱吉の母(父)桂昌院を西田敏行が演じている。
見始めは少々、違和感を持ちますが、面白かったです。
桂昌院が提案する、「生類憐令」の場面など
さすが西田敏行という演技ですね。Main2_large
特に、京都の公家出身の右衛門佐が
大奥で振舞い方が、うまく描かれています。
そして、本当の愛とは、
世継ぎを考えずに愛し合う男と女とは、と
最後に綱吉に迫るあたり、面白かったですね。Sub05_large
12月22日公開の映画で124分ありました。
これは聞くよりも見るほうが良い娯楽映画ですね。
堺雅人の演技は良いですね。
どこかでこけそうな感じが漂っているのですが、
最後まできっちり演じていましたね。(当たり前か)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

菓子s工房(カシスこうぼう)のパン

神戸駅から新開地に向かって歩いているとS_5
交差点の角の小さなパン屋さんを見つけました。
パンだけではなくて、ケーキ、ジャムなども売っています。
夕食に食べるようにと、
パン・オ・ショコラとソーセージ、ベーコンエピの
3種類のパンを買って帰りました。S_8

ブログネタにとインターネットで調べてみると
加納町の交差点のところにある
HOTEL PIENAに入っているレストランが運営している
菓子工房でした。
S_1
HPもしっかりしていました。
http://www.piena.co.jp/patrie/
http://www.kashis-patrie.com/
住所 神戸市中央区古湊通2-3-10
定休日 日曜定休 S_3
TEL 078-371-3713
営業時間 10:00~18:00
次回はケーキを買ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新開地本通り 串の店 八喜為(はきだめ)

昼食を食べようと新開地あたりをぶらぶらと・・・9
「アレッ!新開地」というNPOが出している情報紙に
掲載されていた「八喜為(はきだめ)」に行きました。
うまい、はやい、安い、親切が店の売りです。
今日の日替わり定食が680円とお手頃価格です。
内容はおつくり、串かつ2本、たらポンズ、茶わんむし、おまけ3
これだけあって680円は安い。
下の画像の通り、新鮮な魚の3種の刺身でした。
4 5 6
串かつは串の店とうたっているだけあって自慢でしょうね。
玉ねぎが甘くておいしかったです。
この冬一番の冷え込みの中、茶わんむしはありがたい。2
大きなだるまの器に入っておりました。
熱々で、ちょっと口をつけにくかったですが、
しばらくすると心地よい熱さに・・・・。
1階はカウンターとテーブル。
2階席もあります。

場所は兵庫区新開地1丁目3-17-101Map_shinkaichi
ちゃんとHPもあります。
http://www.hakidame.jp/

新開地を歩いていると、新世界を思い出させます。
のんびりとした時間が過ぎて行っているに様な気になります。
小さなことは気にしないで、やりたい様にやりましょうって・・・・。
そんな風に感じるのは私だけかな?

このお店、マッチがありました。12
最近お店にマッチを置いている店って少なくなりましたよね。
何かホッとします。
むかし喫茶店に行くたびに、マッチをもらって帰っていました。
これも青春の思い出ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「グッモーエビアン!」

15日に公開された大泉洋・麻生久美子が出ているPoster
「グッモーエビアン!」を見てきました。
http://gme-movie.com/
「生まれた時、あなたは泣いて
みんなは笑っていた。
死ぬ時は、みんなが泣いて、
自分は笑っていたい。そんな生き方がしたい。」Sub2_large
というようなメッセージが流れていました。
吉川トリコの小説をもとにした作品で
元パンクバンドのギタリストのアキと、
娘で15歳のハツキは、仲のいい親子。
ただ、父はいない。Sub3_large
昔からヤグというバンド仲間が一緒に暮らしているが、
海外へ行ったきり。そのヤグが帰って来たことで
いろいろ物語が展開する。
中学3年生、進学や友達の事などで悩む時
自由気ままなヤグの行動に、イライラする。Sub2_large_2
それでも母は笑い飛ばして
二人で飲みつぶれている。
そんな時、親友のトモが転校する。
いろいろな人の裏に隠された思いが、
物語を進めていく。Sub4_large
麻生久美子が母親アキを演じ、大泉洋がヤグ
三吉彩花がハツキを、能年玲奈がトモちゃん役をする。
小池栄子が真面目な教師役、
土屋アンナがフリマーの売り子役で出ています。
「嘘をついちゃいけないよ」Sub5_large
「さよならとありがとうは、言える時に言っておきなさい」
など、ありふれた言葉がうまく使われています。
いつまでも絶えることなく、
友だちでいよう・・・
ロック風にアレンジされたSub1_large
「今日の日はさようなら」がよかったです。
あり得ない家族、人間関係かもしれないが
どこかホッとする物語です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画「菖蒲」(TATARAK)

「菖蒲」という題の映画を見てきました。Main_large
http://www.shoubu-movie.com/
2009年のポーランド映画、87分と少々短めです。
監督は「カティンの森」のアンジェイ・ワイダ。
部屋のベッドから立ち上がった女優のクリスティナ・ヤンダが
一人で話し始めるところから始まります。343240view004
撮影直前、夫の病気がわかる。
そのことを話し始めているのだった。
そして映画の中の映画では、
クリスティナが、ワルシャワ蜂起で息子二人を亡くした
母親のマルタ役を演じる。343240view005_2
マルタが重病に侵されていることを、医者である夫が知る。
ある日、マルタは同じく子どもを亡くした友人と
川岸のカフェで美しい青年ボグシに目を留める。
そして、ボグシに息子を重ねるようになり、
失ってきたものを反芻し、心ざわめく・・・。343240view007
映画の中の死と現実の死が重なりあい、
展開を難しくしているが、面白くもしている。
映画でありながら、ドキュメンタリーとセットになっている。
ボグシの死が何を意味するのか・・・難しい終わり方だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス

今日はクリスマスイブ、いえ日付的にはDscf5273
クリスマスになってっしまいました。
土、日と飲み歩いていたので
今日はおとなしく、年賀状を作っていました。
11月から各所でイルミネーションなど
クリスマス気分を盛り上げていました。1
なかなか景気が上向かない中で
みんなで集まって、ワイワイ言いながら
お酒を飲んだり、歌を歌ったり
楽しく過ごして、明日からまたがんばろうと!
それが景気を良くしてくれると、言うことないのですが・・・。Pc220025
今は天国にいる、爺さん(父ですが・・)の誕生日でした。
そして、25日はキリスト様の誕生日
信仰があるにしろ、ないにしろ、ふとクリスマスって?
考えてみると良いでしょうね。
もう少しで新しい年を迎えます。
この一年の出来事や反省すべきことを考えてみよう。
そして、新しい年を希望を持って迎えたいな。
そのために、これだけいろいろなところで明りが灯るのだろうか。

気持ちの整理をしましょう!1_2
心の大掃除をしましょう。

虹を見ると好いことがあるような気がしますね。
日に二度も見るって、好いことありますよね。

今、BGMは辛島美登里 「サイレント・イヴ」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「クリスマスのその夜に」

月一の市民映画劇場で、「クリスマスのその夜に」を見てきました。Poster
2010年の映画で、監督は、ノルウェーの名匠、ベント・ハーメル
クリスマス・イヴの一夜を、大切な人との時間を求めて
懸命に生きる人々の複数のエピソードを
交錯させながら描いた作品。
最初の出だしから、「あれ!」って思います、
どう展開するのかなと思われる複数のエピソードがMain_large
同時進行で語られ、話が進むうちに、それぞれの関係が
繋がっていることに、作品の面白さを感じました。
妻に追い出された男
道端で物乞いをする男Sub1_large
不倫の男にだまされた女
病弱の妻と一緒に息子の帰りを待つ老人
同じ学校の女生徒と天体を眺める男の子
コソボから逃げてきた身重の夫婦Sub2_large
イブに勤務につく医師
これだけたくさんの関わりを、85分ほどにまとめています。
展開が速いのですが、関連が分かってくると
面白いなと感じます。退屈しない映画です。Sub3_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西宮北口あたり CAFE ぱいかじ~南風~

店名が以前とは変わっていますが、6
昔と同じ山小屋風の喫茶店があります。
場所は阪急西宮北口から南へ
山手幹線沿いで、自動車学校の西側です。
(阪急今津線の高架をくぐります)
住所は西宮市深津町3-27
月曜日が定休日です4
営業時間は9:00~18:00までです。
ご夫婦で経営されているようです。
中も重厚な木の造りで、
大きなテーブルが3つ、4人掛け2つと
コーナーになったところは6人ぐらい座れるかな?
それとカウンターです。1
珈琲は萩原珈琲の豆を使っておられるようですが、
400円とお手ごろ価格です。
あっさりとしたブレンドでした。

県立芸術文化センターの南(信号渡ってすぐ)になるので3
コンサートの前にゆっくりお茶を飲んでからというのが
私のパターンになっています。
一人で4人掛けのテーブルを占領するのは少し気が引けますので
次回はカウンターかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山下洋輔スペシャル・ビッグバンド「ボレロ&展覧会の絵」

兵庫県立芸術文化センターで行われている19
ひょうごクリスマスジャズ・フェスティバル2012の二日目
山下洋輔スペシャル・ビッグバンド
「ボレロ&展覧会の絵」に行ってきました。
会場はKOBELCO大ホールでしたが、4階までいっぱいでした。
ピアノの山下洋輔がリーダーで
ベースは金子健、ドラムスは高橋信之介
トランペットがエリック宮城、佐々木史郎、木幡光邦、高橋龍一
トロンボーンが松本治、中川英二郎、片岡雄三、山城純子
サキソフォンが池田篤、米田裕也、川嶋哲郎、竹野昌邦、小池修の編成です。
第1部はPhoto
ロッキン・イン・ロズム
オール・ザ・シングス・ユー・アー
メモリー・イズ・ア・ファニー・シング
グルーヴィン・パレード
ボレロ でした。
山下氏のMCでボレロの前の曲を飛ばしそうになって2
松本氏からのメッセージで気がつきました。
編曲はすべて松本治氏の手によるものです。
ボレロはこうなるんだ、すごいという感じですね。
ビッグ・バンドでするとどうなるのかなと思いましたが、
迫力と繊細さが良く表されていました。
ドラムの高橋さんのすごさが光りました。
当然、山下氏の肘で弾くピアノも目の前で見ました。
川嶋さんのサックスも可愛いが、9
それ以上に素晴らしさがひかりました。
エリックさんのペットもすごいですね。
ボレロの後は、すごい拍手の渦が会場を覆っていました。
20分間の休憩後の第2部は・・・・
「展覧会の絵」一曲です。
40分間の熱演でした。聞きなれたメロディー
でも編曲することによりこんなになるんだと
あっという間の40分でした。3
このまま終わってはだめでしょうと、アンコール
「スイングしなけりゃ意味がない」で
会場も一緒になって楽しみました。
会場の雰囲気を文字にするより、
これは聞かなきゃ・・・って思います。
チケットを取ってくれたN尾さん、ありがとうございます。
C列はとてもいい席でした。
N尾さん、M野さんは昨日の「トヌー・ナイソー・トリオ」と二日間でしたね。
T中さんとの4人でのコンサートもかなりの回数を重ねましたね。
また、素敵なライブを一緒に楽しみましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ルミナリエの昼と夜

12月6日から17日まで行われている「ルミナリエ」に行ってきました。
開催前の昼間に訪れたときとの違いをアップします。

Pc060004_2 Pc080030_2
まったくの同じ場所というわけではありませんが、
雰囲気を見てもらえたらと思います。
金曜日の夜、土曜日、日曜日は大変な人出になります。
三宮で降りても、元町方面に行かなければなりません。
元町で降りて、三宮まで歩くのが一番のコースです。
そして、来年度の開催のために、ぜひ、
100円募金をよろしくお願いします。
Pc060005_2 Pc080032
長い長い闇に包まれた18年前から立ち上がった神戸
あの時のことを忘れずに、安心安全な街に
平和である日々に感謝しながら、今日から・・・。
Pc060007 Pc080024

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ネット環境が不安定

現在光回線が不安定な状態になっています。我が家だけですが。その為、回線がすぐ切れるため、記事のアップは暫くお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KOBE ルミナリエ (光の絆)

今年もまた神戸の街を灯りが点します。
1995年1月17日から18年の時が流れます。
震災後、初めて迎えた灯りのない夜。
神戸の街が暗闇に包まれました。
燃えている炎がより鮮明になった。
1年後、復興を願って始まったメモリアル
夢灯す、光の彫刻
毎年その顔を変えながら神戸の街を照らします。
今年の作者からのメッセージです。001
「震災から18年の時が流れました。
しかし、目を閉じるとあのときの
時間は止まったままです。
家族や友人を失った闇、住家を失った闇
あらゆる闇が私たちを覆っていました。
止まったままの時間と、過ぎ行く時間、
そのあいだに光の絆が存在します。
震災の闇と闘ってきた記憶を
私たちは忘れることはありません。
そして、訪れる人の心に
新たな光の絆を灯していきます。」
http://www.kobe-luminarie.jp/

12月6日(木)~17日(月)0006768x1280
例年通り、旧外国人居留地・東遊園地が会場です。
月~木は18:00~21:00まで
金曜は18:00~22:00まで
土曜は17:00~22:00まで
日曜は17:00~21:30までの予定です。
JR・阪神では元町駅で降りてから、会場を通って
三宮まで行かれるほうがいいでしょう。

東北の復興はまだまだですが、
神戸から立ち上がる元気を発信したいですね。

どうかこの機会に神戸においでください。

http://www.asahi.com/national/update/1204/OSK201212030169.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「007 スカイフォール」

話題の映画「007シリーズ」の第23作T0013553q
「スカイフォール」(英題: SKYFALL)を見てきました。
http://www.skyfall.jp/
12月1日の映画の日に公開とあって
それまでに予約で席が取れなくなりそうでした。
当然開場は超満員、中央の席で見ることが出来ました。
皆さん良くご存知のMI6のエージェントのジェームズ・ボンドB23_01474_rv7_large
演じるのは、今はダニエル・クレイグ。
NATOの諜報部員の情報が記録されたハードドライブが奪われ
奪った敵のアジトを特定し、トルコのイスタンブールへ
上司のM(ジュディ・デンチ)からは、敵の追跡を最優先にと
後から駆け付けたアシスタントのイヴ(ナオミ・ハリス)と共に、B23_04915_crop_r_large
敵を追跡するが……。そこに現れたのは・・・・。
これは書かないほうがいいでしょうね。
ただ、Mが大きく揺らぎます。展開の鍵を握ります。
スパイアクションですから、展開が速くスピード感はすごいです。
ネットワークを使った犯罪とアナログ的なボンドの戦い。B23_05215_large
日本も出てきます。それはエンドロールで、やっぱりと思います。
上映時間は2時間23分ですが、長く感じません。
そして、もう次の指令が・・・・。
敵に拘束されているセヴリン役のベレニス・マーロン、きれいでした。
シルヴァ役のハビエル・バルデム、激しさと寂しさをうまく出していました。B23_12135_large
ネットワークを巧みに操作するQ役のベン・ウィショーも役にはまってました。
これは見てください。そして楽しんでください。
そんな映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »