« 映画「菖蒲」(TATARAK) | トップページ | 新開地本通り 串の店 八喜為(はきだめ) »

映画「グッモーエビアン!」

15日に公開された大泉洋・麻生久美子が出ているPoster
「グッモーエビアン!」を見てきました。
http://gme-movie.com/
「生まれた時、あなたは泣いて
みんなは笑っていた。
死ぬ時は、みんなが泣いて、
自分は笑っていたい。そんな生き方がしたい。」Sub2_large
というようなメッセージが流れていました。
吉川トリコの小説をもとにした作品で
元パンクバンドのギタリストのアキと、
娘で15歳のハツキは、仲のいい親子。
ただ、父はいない。Sub3_large
昔からヤグというバンド仲間が一緒に暮らしているが、
海外へ行ったきり。そのヤグが帰って来たことで
いろいろ物語が展開する。
中学3年生、進学や友達の事などで悩む時
自由気ままなヤグの行動に、イライラする。Sub2_large_2
それでも母は笑い飛ばして
二人で飲みつぶれている。
そんな時、親友のトモが転校する。
いろいろな人の裏に隠された思いが、
物語を進めていく。Sub4_large
麻生久美子が母親アキを演じ、大泉洋がヤグ
三吉彩花がハツキを、能年玲奈がトモちゃん役をする。
小池栄子が真面目な教師役、
土屋アンナがフリマーの売り子役で出ています。
「嘘をついちゃいけないよ」Sub5_large
「さよならとありがとうは、言える時に言っておきなさい」
など、ありふれた言葉がうまく使われています。
いつまでも絶えることなく、
友だちでいよう・・・
ロック風にアレンジされたSub1_large
「今日の日はさようなら」がよかったです。
あり得ない家族、人間関係かもしれないが
どこかホッとする物語です。

|

« 映画「菖蒲」(TATARAK) | トップページ | 新開地本通り 串の店 八喜為(はきだめ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/56401602

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「グッモーエビアン!」:

» 「商大塾」で盛り上がる岡山商科大学 [岡山商科大学はあなたの夢を叶えます!]
岡山商科大学では「商大塾」を開講し、資格取得で即戦力となる学生を育成。 さらに世界の政治や経済を視野に入れ、斬新なアイデアで地域の活性化に貢献しております。 [続きを読む]

受信: 2012.12.27 08:40

« 映画「菖蒲」(TATARAK) | トップページ | 新開地本通り 串の店 八喜為(はきだめ) »