« 珈琲店を舞台にした物語(文庫本) | トップページ | KOBE ルミナリエ (光の絆) »

映画「007 スカイフォール」

話題の映画「007シリーズ」の第23作T0013553q
「スカイフォール」(英題: SKYFALL)を見てきました。
http://www.skyfall.jp/
12月1日の映画の日に公開とあって
それまでに予約で席が取れなくなりそうでした。
当然開場は超満員、中央の席で見ることが出来ました。
皆さん良くご存知のMI6のエージェントのジェームズ・ボンドB23_01474_rv7_large
演じるのは、今はダニエル・クレイグ。
NATOの諜報部員の情報が記録されたハードドライブが奪われ
奪った敵のアジトを特定し、トルコのイスタンブールへ
上司のM(ジュディ・デンチ)からは、敵の追跡を最優先にと
後から駆け付けたアシスタントのイヴ(ナオミ・ハリス)と共に、B23_04915_crop_r_large
敵を追跡するが……。そこに現れたのは・・・・。
これは書かないほうがいいでしょうね。
ただ、Mが大きく揺らぎます。展開の鍵を握ります。
スパイアクションですから、展開が速くスピード感はすごいです。
ネットワークを使った犯罪とアナログ的なボンドの戦い。B23_05215_large
日本も出てきます。それはエンドロールで、やっぱりと思います。
上映時間は2時間23分ですが、長く感じません。
そして、もう次の指令が・・・・。
敵に拘束されているセヴリン役のベレニス・マーロン、きれいでした。
シルヴァ役のハビエル・バルデム、激しさと寂しさをうまく出していました。B23_12135_large
ネットワークを巧みに操作するQ役のベン・ウィショーも役にはまってました。
これは見てください。そして楽しんでください。
そんな映画です。

|

« 珈琲店を舞台にした物語(文庫本) | トップページ | KOBE ルミナリエ (光の絆) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/56240210

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「007 スカイフォール」:

» 「007 スカイフォール」ようやく、ホントにようやく! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[スカイフォール] ブログ村キーワード  前作から4年。007が遂にスクリーンに帰ってきた!「007 スカイフォール」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。シリーズ誕生50周年を飾る、23作目。世界各国での大ヒットを経て、ようやく日本公開です!  何者かに奪われた重要なデータが入ったHDを奪還すべく、犯人を追いイスタンブールへと乗り込んだ“007”ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、同行した女性エージェント、イヴ(ナオミ・ハリス)と共に犯人に迫るが、仲間のエージェント... [続きを読む]

受信: 2012.12.04 01:17

« 珈琲店を舞台にした物語(文庫本) | トップページ | KOBE ルミナリエ (光の絆) »