« 菓子s工房(カシスこうぼう)のパン | トップページ | 元町「楽園」で食事 »

映画「大奥 永遠 右衛門佐・綱吉篇」

映画「大奥」を見ました。Poster
http://ohoku.jp/
江戸幕府の大奥は女性の最高府
ところが、映画では男女が逆転をしております。
綱吉役を菅野美穂
右衛門佐を堺雅人、柳澤吉保を尾野真千子
秋本を柄本佑、伝兵衛が要潤Sub01_large
隆光を堺正章、 御台所・信平を宮藤官九郎
綱吉の母(父)桂昌院を西田敏行が演じている。
見始めは少々、違和感を持ちますが、面白かったです。
桂昌院が提案する、「生類憐令」の場面など
さすが西田敏行という演技ですね。Main2_large
特に、京都の公家出身の右衛門佐が
大奥で振舞い方が、うまく描かれています。
そして、本当の愛とは、
世継ぎを考えずに愛し合う男と女とは、と
最後に綱吉に迫るあたり、面白かったですね。Sub05_large
12月22日公開の映画で124分ありました。
これは聞くよりも見るほうが良い娯楽映画ですね。
堺雅人の演技は良いですね。
どこかでこけそうな感じが漂っているのですが、
最後まできっちり演じていましたね。(当たり前か)

|

« 菓子s工房(カシスこうぼう)のパン | トップページ | 元町「楽園」で食事 »

コメント

こんばんは。
テレビドラマで先日まで放送されていた「有功・家光篇」を見ていました。
やはり境雅人さん主演でしたよ。
押し殺した感情の表現がとてもうまいな~と思います。
そして時には大爆発させたり・・・・。
そう言えば同じような映画(柴崎コウ・嵐の二宮君)で
見た事があります。
発想が面白いですよね。

投稿: ひとり静 | 2012.12.29 23:10

一人静さん、いつもありがとうございます。
私はテレビのドラマは時間的に見られないので
「有功・家光篇」は見ていません。
堺さんの演技はなかなか良いですよね。
二宮君の映画もあったのは知っていますが、
見ませんでした。
娯楽映画としてみましょう。

投稿: fujisan | 2012.12.29 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/56414184

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「大奥 永遠 右衛門佐・綱吉篇」:

« 菓子s工房(カシスこうぼう)のパン | トップページ | 元町「楽園」で食事 »