« 京都今出川 café「Kozora」 | トップページ | 1.17 阪神淡路大震災から18年 »

映画「レ・ミゼラブル」

12月21日に公開された、映画「レ・ミゼラブル」を見てきました。T0010863p1
http://lesmiserables-movie.jp/
今日はサービスデーということもあり、いっぱいの人でした。
発券場所で困っている人を助けてあげたら、その人は横の席でした。
こんな偶然もあるもんですね。

ビクトル・ユーゴーの原作で、大ヒットした名作ミュージカルを、Main_new_large
「英国王のスピーチ」のトム・フーパーが映画化したもの。
セリフが音楽に乗って、違った世界を作っていた。
英語ということに違和感を感じたが、英語はわかりやすかった。

パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャンは、Sub2_temp_large
仮出獄後に助けられた司祭のところで再び盗みを働いてしまう。
しかし、罪を見逃してくれた司教に感銘を受けて改心する。
別人になりすまし、市長になったバルジャン、
やがて運命的な出会いとなったファンテーヌから
愛娘コゼットを託される。Main_temp_large
一方、ジャベール警部は逃亡したバルジャンを執念深く追う。
やがて激動の時代が動き出していく。
そしてコゼットは恋に目覚める。

ヒュー・ジャックマンがジャン・バルジャンをSub4_large
ラッセル・クロウがジャベール警部を
アン・ハサウェイがファンティーヌを演じている。
2012年のイギリスの映画で、
上映時間は158分と長めです。

|

« 京都今出川 café「Kozora」 | トップページ | 1.17 阪神淡路大震災から18年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18790/56557438

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「レ・ミゼラブル」:

« 京都今出川 café「Kozora」 | トップページ | 1.17 阪神淡路大震災から18年 »