« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

西宮、船坂 山のパン屋「Daddys Bakery」

西宮北有料から三田へ降りる途中、船坂に13
気になるパン屋がありました。
パンよりも珈琲が飲めるのかなと思っていたのです。
今日、夕方寄ってみました。
山のパン屋という看板が目立ちます。
店名は「Daddys Bakery」(ダディーズ・ベーカリー)
http://www.daddysbakery.jp/
広い駐車場があり、お店の前のテラスはCAFEになっているのでしょう。12
ただ、冬は少々寒いですよね。
店内に入ると、たくさんの種類のパンが並んでしました。
どれも美味しそうです。いい顔をしています。
ココア&オレンジピールと
クリームチーズ&カスタードのキューブPhoto
和風惣菜フランス
ベーコンフランス
沖縄ソーセージを使った島唄
などを買いました。
フランスパン系はしっかり焼けていて美味しかったです。3
沖縄ソーセージもうまかった。
鶏のトマトスープもありましたよ。
たくさんの種類があり紹介し切れません。
なお、楽天で購入することが出来ます。
http://www.rakuten.co.jp/yamanotemarche/
お店の情報です。7
所在地/〒651-1423 兵庫県西宮市山口町船坂字中垣ノ内90
Tel. & Fax./078-907-3920
営業時間/9:00~17:00
定休日/ 月曜日
メール:info@daddysbakery.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪景色part2と梁瀬の「Mr.Masa COFFEE」

今日も実家に帰りましたが、またまた雪です。1
六甲山を越えるあたりから雪が降り始め
三田では晴天に、篠山に入ってからまた雪に・・・。
道路情報で舞鶴自動車道は篠山以北はチェーン規制あり
といわれていたので、地道で帰りました。
道に積もるほどではないのですが、降り続く雪がMrmasa_13
回りの景色を変えていました。
遠阪トンネルのあたりはすごかったです。
さて、遠阪トンネルを越えて、
どこかで昼食をと考えたのですが、
見当たらず「Toyoda」で弁当でもと思い駐車。Mrmasa_11
すると目前に、Mr.Masaと洒落た小さな建物が
CAFEでした。ドリアがあるということなので
昼食をかねてはいることに・・・・。
先客は私と同世代の女性3人、
テーブル2つにはお客さんがいたようなようす。Mrmasa_6
片付けていただき、2人掛けのテーブルへ。
奥にもテーブルがあり、
カウンターなどもあわせて20数席ですね。
本日のランチの
チキンと白菜のレモンクリームドリアを注文Mrmasa_3
サラダも付いて、食後の珈琲とセットで1000円でした。
熱々で、なかなか濃厚で、チキンと白菜が良くあって
量もかなりあり、おなかいっぱいになりました。
食後の珈琲も丁寧に淹れてくださり、おいしかったっです。
珈琲にもかなりのこだわりをお持ちのようでした。Mrmasa_10
(たぶん)ご夫婦でされているようでした。
私の後には4人の女性人が予約をされていたようです。
さらに、2人の女性のお客様が、・・・。
女性に人気の店のようですね。
天井も高く、大きな窓もあり、明るい雰囲気の店でした。
こんなところに(失礼な言い方ですが)
いいお店を見つけました。
http://r.goope.jp/mr-masa-coffee/top
他にもたくさんの紹介がされています。
http://tabelog.com/hyogo/A2808/A280803/28035278/

帰りは遠阪辺りはまだまだ雪でした。9
柏原辺りからはいい天気に・・・。
本当に兵庫県は南北で違いますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2月23日はfujisanの日

2月23日は富士山の日だそうです。
http://www.fujisan.ne.jp/event/info.php?if_id=554&ca_id=3
そして、私の日でもあります。
そう、私はfujisanの名乗っているのです。
184センチの身長と名前からfujisanと名乗っています。

といっても、今日は特別祝われることもなく
富士山の日を知っておられる方から
fujisanの日、おめでとうと、祝福の言葉をいただきました。Detail_201302_01

今日はなぜか簡単携帯を購入しました。
私のためではないですよ・・・。
そして、ビブリア古書堂の4巻目を買いました。
http://biblia.jp/
これから頑張って読みます。
そして、星の王子様を読み返しました。

fujisan、本にも関係があるのです。41gs3wtexrl__ss500_
fujsianはネットで本も売っているのです。
私はまだ使ったことがありませんが、・・・・。
http://www.fujisan.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅田 自家焙煎珈琲工房 CAFÉ BAHNHOF(バーンホーフ)

土曜日、大阪梅田はすごい人でした。Bahnhof_8
夕方、お茶(珈琲)を飲みたくなって、さてどこでと探して
三番街の中で、自家焙煎珈琲工房を言う看板を探しました。
店名はCAFÉ BAHNHOF(バーンホーフ)
ちょっと分かりにくいお店でしたが、
珈琲はおいしかったです。こだわりがあるようですね。Bahnhof_1
http://bahnhof.jp/index.html
お店の方にお薦めといわれて
ニカラグアCOEロス・ヒルグエロス[中煎り]をいただきました。
http://bahnhof.ocnk.net/product/61
2012年度ニカラグア「カップ・オブ・エクセレンス(COE)2012」入賞
ということで、香りがきらきらとした感じで良くてBahnhof_6
後味にいやみではない苦味が残るところがいいですね。
店内は2人掛けのテーブルとカウンター席で
店内が通路になっている感がありましたが、
奥のカウンターならゆっくり出来そうでした。
大きな今風のCAFÉよりは落ち着けそうでした。Bahnhof_3
お店の方も落ち着いた感じの方々でした。
珈琲豆の販売もありますし、ネット販売もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな記事を見つけました。

今日のWebの朝日新聞で、こんな記事を見つけました。
というより、写真に見覚えがあり・・・記事を読んだのです。
ハイボールの売れ行きが好調で
設備の増強をするということです。
それも50億かけて・・・・。さすがサントリーといいたくなりますね。
http://www.asahi.com/business/update/0219/OSK201302190102.html

先日お邪魔したばかりですが、
機会を作って、ぜひリピーターになろうと思います。
Dscf70171
明るさが全然違いますが、同じところ(画像は部屋の右側ですが・・・)の画像なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪景色

急用ができ、田舎に帰ってきた。
雪は大丈夫かと、不安な気持ちで田舎への道を夜走った。
途中で雪が舞ってくると、本当に大丈夫かなと思ってしまいます。
何の問題もなくたどり着き130220_073401
寒い部屋の中で温かな布団に包まって迎えた朝
外は一面真っ白でした。
道は凍結防止剤が撒かれていたため
凍結することもなく、積雪もなかった。
しかし、外気温はマイナスでした。
急用を済ませるために、ノーマルタイヤの車を走らせ
用件が終わり、帰途に付くと130220_103601
南へ向かうほど、嘘のような天候に
青空が一面に見えてきます。
同じ県でも、北と南での違いにびっくりさせられます。
車に積んだチェーンは梱包されたまま、まだ使ったことがない。
北へ向かう気分と、南へ向かう気分は本当に違います。
自然のすごさも感じますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

It's Whisky Time~ウイスキーの世界は奥深い~ サントリー山崎蒸溜所

鼻風邪を引いたようで、ブログの更新が滞っていました。P2160015
今日はジャズライブがあったのですが、その前にEぞうさんの計らいで
みんなで山崎蒸溜所へウイスキーの勉強に行きました。
http://www.suntory.co.jp/factory/yamazaki/
誰が雪男・雪女なのか、JR山崎駅から10分程度歩く途中
吹雪になったのです。・・・私たちが外を歩くときは常に雪でした。

今日の講座はIt's Whisky Time~ウイスキーの世界は奥深い~Dscf7008
1時間半ほどのコースで、今回はハイボールがテーマでした。
ハイボールの歴史などを勉強したあと、
ウイスキーの製造工程を見に行きました。
原料として二条大麦を発芽、乾燥させ麦芽にします。
仕込み(糖化)として、麦芽から麦汁を作ります。
麦汁を発酵槽に移し、酵母を加えもろみを作ります。
もろみを銅製のポットスチルに入れ、2度蒸溜します。
無色透明の原酒を樽に入れて寝かせて熟成します。
10年寝かせれば10年もの、ブレンダーがブレンドして完成です。
Dscf7014 Dscf7011 Dscf7020_2 Dscf7023_2

たくさん勉強した後は実際に味わってみることにDscf7029
テーブルの上には、
角と山崎12年があり、
まずは角を使ってハイボールを作ります。
氷の入れ方、ウイスキーの量、炭酸の入れ方など・・
これはこれで美味しいです。Dscf7033_2
そこへグラスに入れられた山崎が登場
味の違いを確かめると、それは違いますよね。
新山崎、なかなかいけます。

さらに、白州も作っていただきました。
これはまたフレッシュな感じで違いがありました。Dscf7035_2
最後に、山崎12年をストレートで少しだけ口に含んでみます。
口の中での広がりと、長い余韻、ウッディな香りがいいです。
残りは同量の水を加えてのトワイスアップで飲みました。

ショップで昔お世話になったレッド、ホワイト、だるまなど
いろいろな種類のウイスキーを見たり、楽しい時間を過ごしました。P2160020
久々のアルコールでしたし、もともと強くないので赤い顔をしていました。
参加費は1000円です。
でも、グラスとアンクルトリスのTシャツが付いてきました。
とってもお徳ですよね。

ジャズとウイスキー・・・とても充実した一日でした。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

澤野工房 Presents ナオコ・サカタ・トリオ Live at 大阪市立美術館

澤野工房が大阪市立美術館でジャズライブを開催しました。Dscf7055
この美術館、橋下市長の下、存続が危うくなっています。
とっても重厚で歴史を感じさせる建物でした。
これはなくするよりも・・・何とかと思ってしまいます。
17時半開場でしたが、外が寒いということで建物の中に入れていただき
開場までの時間を待ちました。Dscf7053
美術館は休館でしたから、特別に開けていただくようでした。
美術館の1階フロアーに椅子が100席強用意されていました。
中央の5列目を確保し、演奏を待ちました。
今回は、ナオコ・サカタ・トリオ
Naoko Sakata : piano 
Anton Blomgren : bass 
Johan Birgenius : drums のメンバーでP2160019
澤野社長が音源を聞いて、すぐに契約をしたという逸話も紹介され
坂田さんの山下洋輔ばりの演奏も見せていただきました。
3人の息がぴったり合っていて、2時間、2ステージの時間は
あっという間でした。
坂田さんのノリの良さは、澤野工房のHPで紹介された
「さらなる進化を遂げたスウェーデンの日本人ピアニスト、坂田尚子の斬新なスタイル。
まるで空から舞い降りる花の如く、すべてのものを陶酔させるピアノ」
が納得されるものでした。

コンサート後、外にでて、目に入った通天閣の綺麗さにP2160024
関西にいながら感動を覚えましたね。
またこの日、チケット購入者には2月23日から開催される
第44回日展の招待券が付いていました。
さすが、澤野工房!と思い、日展のチラシを見ていると
おっ!どこかで見た名前が・・・・。P2160022
日展地元作家として名前が出ていました。
ぜひ、このチケットを使って見に来ようと思います。
本当に文化的な一日でした。
お世話いただいた、Eぞうさん、ありがとうございました。
また皆さん、増えたメンバーで楽しくやりましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

節分です!・・・南南東

今日は節分でした。
季節が変わるとき、邪気を追い払う為に、古くからの慣わしとして行われることがらがありますね。
一つが、 豆まき
「鬼は外、福は家」といいながら、鬼に向かって豆をまく。
まかれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。
体が丈夫になり、風邪をひかないというならわしがあるといわれている。

次に恵方巻き(えほうまき)といって、P2030004
節分に食べると縁起が良いとされる「太巻き」を
恵方・・今年は南南東ですが、向いて黙って食べるのです。
これは関西中心の習慣のようですね。

さらにいわしです。
これも西日本の習慣のようですが、
節分いわしに由来しているようで、魔よけの意味があるそうです。

焼穴子の太巻きといわしは食べました。P2030002
豆については昔は鬼になり、子どもたちに追いかけられ、
豆をぶつけられましたが、もう今はそんなことはないですね。
酒のあてに豆(ピーナッツ)でも食べましょう。

信じるか信じないかではなく
日本の文化というものが、そこにあるように思います。
今年も元気で頑張りましょう。
怪我や病気があっても、それを乗り越えて元気になってがんばりましょう。

お化けという行事もあります。飲み屋では女の子が工夫をして扮装をしている。
花魁姿が素敵でしたね。
http://mikifjwr.cocolog-nifty.com/jazz/2009/02/post-b593.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

元町寄り 和食の店 「ほめ かぱか」

三宮と元町の間Dscf1180
少々元町寄りですが、アーケードの下
ちょっと分かりにくいですが、BALの北側にある定食屋さんです。
細い階段を2階に上がります。
2つに分かれたカウンターをあわせて10席、
ご夫婦で切り盛りされているやさしい、ほっこりするお店です。Dscf1179
壁には演歌歌手やポップス系のポスターや写真が
「チキンガーリックステーキ」のサイン入りポスターもありました。
この日は少々急いでいたので、早くできるカレーを食べました。
ワンコイン(500円)です。
御贔屓のお客さんも来られていて、ビールなど飲まれていました。Dscf1178
夜は居酒屋ですね。おでんが美味しそうでした。
カレーも良く煮込まれていて、コクがあり
大きなお肉もちゃんと入っていました。
ゆっくり食べられなくて、ごめんなさいね。
今度はゆっくりお話をしながら、お酒でも・・・。Dscf1176

しかしこの日、すぐ近くのビルで火災があり
周りはたくさんの消防車と救急車がいました。
まだ放水の後が生々しく残っていました。
新聞にも掲載されていました。
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201302/0005710887.shtml
デジカメは持っていましたが、Dscf1175
撮る雰囲気ではなかったですね。

「ほめ かぱか」の情報
住所 兵庫県神戸市中央区三宮町3-8-3 大華ビル 2F
営業時間 11:30~23:00
定休日 日曜日
http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28000985/
http://gourmet.walkerplus.com/186461007332/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画「もうひとりのシェイクスピア」

昨年の暮れ12月22日から公開されているPoster
映画「もうひとりのシェイクスピア」を見てきました。
http://shakespeare-movie.com/
原題は「Anonymous」で2011年にアメリカで製作された。
上映時間は129分でした。
舞台での上映場面から物語が展開していく。
時代は16世紀末。エリザベス一世統治下のロンドン。Main_large
街では市民も貴族も芝居に熱狂していた。
ある日、オックスフォード伯エドワードが、
サウサンプトン伯に連れられて、芝居を見にやってくる。
エドワードはここで芝居の作者はベンを知る。
エリザベス一世の宰相、ウィリアム・セシル卿はSub1_large
演劇に圧力を加え、後継者問題でも他を排除しようとする。
さかのぼって16世紀半ば、
若きエリザベスは、エドワードを男性として愛するようになる。
セシルはエドワードを宮廷から追放し、自分の娘を嫁にさせる。
そのときエリザベスはエドワードの子を身ごもっていた。Sub3_large
場面は変わり、牢に捕われていた劇作家ベンを助けたエドワードは
自分が書いた戯曲をベンの名で上演して欲しいと伝える。
戯曲は「ヘンリー5世」は、半信半疑で上演するが好評となる。
しかし、役者ウィリアムが自身が作者であると名乗り出る……。
戯曲を書き続けるエドワードとベンとの関係Sub2_large
エリザベスとの関係、セシル親子との関係など複雑な人間関係が
絡まっているが面白い映画でした。
特にエリザベスとの子どもは誰か
そのほかにも、エリザベスの子が出てくる。
絡み合った人間関係が悲劇を招くことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »